【御予約承り中】★JAZZ雑誌 JAZZ PERSPECTIVE VOL.16

  • 2018.04.07 Saturday
  • 15:16

【御予約承り中】★JAZZ雑誌 JAZZ PERSPECTIVE VOL.16

JAZZ PERSPECTIVE VOL.16
特集:ノルウェージャズ,フィンランドジャズ,エストニアジャズ


JAZZ雑誌 JAZZ PERSPECTIVE VOL.16



特集1:ノルウェージャズ
○カーリン・クローグとノルウェーのヴォーカル考
○ノルウェーのジャズ・フェスティヴァル
○ノルウェーを知る40枚のレコードとCD
○ノルウェーのレーベル紹介

特集2:フィンランドジャズ
○フィンランドのジャズレーベル紹介

特集3:エストニアジャズ
○川崎燎氏インタヴュー
○エストニアジャズ略史 feat. メロディヤ盤時代

●ジャズレコードコレクター訪問
ブルーノート、プレスティツジ、ECM、エマーシー、ベツレヘムなどコンプリートコレクションを誇る堀口信行氏登場
●ジャズ喫茶極道烈伝
ラグタイム(千歳烏山)天川純子氏
山中千尋のファーストジャズ喫茶登場
●ジャズ喫茶マッチ考7 シュートアロー
『昭和・東京・ジャズ喫茶 昭和JAZZ文化考現学』の著者、シュートアロー氏が所有するマッチコレクションの誌上展
●廃盤座談会
今回は最近怪しい動きを見せるブルーノート盤について

【連載コラム】
ジャズとワインのおいしい関係 ティム・ダン/Rufus Records
錆びない映画 津下佳子
JPEP フィレンツエの大コレクター、マルコ・パッチのコレクションからレア盤誌上展
ジャズのある風景 山中千尋
モノラル者がゆく 大塚康之
ブルーノートなモノ、ヒト、コト 行方均
Jazz放言主義 寺島靖国
昔のスウィング・ジャーナルの読者のページを読んでみた 山本隆
A Day in The Audio Life 田中伊佐資
カスピ海のほとりにきらめいている独特のジャズ・ピアノ feat. アゼルバイジャンのムガム・ジャズ 岡島豊樹
ポーランド最強コンテンツに流れるジャズ・スピリット オラシオ
メガネ事件簿 渡辺康蔵

【JP的 Disc Review】
杉田宏樹 河内周二 神尾孝弥 広瀬毅 早川公規 深堀清次 大塚広子 島田奈央子 柳楽光隆 原雅明 中村智昭
山本勇樹 松林弘樹 山本隆

B5 / 160ページ予定 / 並製
2018年5月発売予定

  • 0
    • -
    • -
    • -

    【御予約承り中】【仏ベテラン・ジャズメン3 人が挑むMichael Brecker & Don Grolnick 作品集】CD Charlier - Sourisse - Winsberg / Tales from Michael

    • 2018.04.07 Saturday
    • 15:12

    【御予約承り中】【仏ベテラン・ジャズメン3 人が挑むMichael Brecker & Don Grolnick 作品集】CD Charlier - Sourisse - Winsberg / Tales from Michael

    CD Charlier - Sourisse - Winsberg / Tales from Michael


    パリ・シーンで活躍し、80年代より録音を残す他、精鋭楽団:パリ・ジャズ・ビッグ・バンドの一員としても腕を揮っているギタリスト、ルイス・ワインスバーグ。ディディエ・ロックウッドのグループでの同僚であり、双頭コンボを組んでDreyfusやO+Musicに録音を残すベノア・ソウリス(organ/rhodes)とアンドレ・シャルリエ(ds/perc)。この仏ベテラン・ジャズメン3人が挑むMichael Brecker & Don Grolnick 作品集。
     



    ギター、オルガン&フェンダーローズ、ドラムが緻密に絡みながら、軽快に描き上げたMichael Brecker & Don Grolnick の世界。次から次に畳み掛けるようにサウンドを展開させ、手に汗握る演奏を繰り広げる推薦盤!(新譜案内より)

    1. Talking To Myself
    2. Oops
    3. Peep
    4. Never Alone
    5. Straphangin’
    6. Safari
    7. The Cost Of Living
    8. Madame Toulouse
    9. Minsk
    10. The Four Sleepers

    Louis Winsberg (g)
    Benoit Sourisse (organ/rhodes)
    Andre Charlier(ds/perc)

    • 0
      • -
      • -
      • -

      【入荷しました】★2枚組CD GILDAS SCOUARNEC / QUINTET LIVE AT RADIO FRANCE

      • 2018.04.07 Saturday
      • 14:58

      【入荷しました】★2枚組CD GILDAS SCOUARNEC / QUINTET LIVE AT RADIO FRANCE

      硬派勇猛で旨味たっぷりな2サックス・クインテットの王道モーダル・バップ大豊作!
      2枚組CD GILDAS SCOUARNEC / QUINTET LIVE AT RADIO FRANCE


      フランスの敏腕ベーシストの、P・キング(as)、J・トゥーサン(ts)、A・ジャン=マリー(p)らとの5tetによる1994年&96年パリでの未発表ライヴ編=2枚組。中々壮烈にバネとウネりを利かせて力強く躍動するベースや、圧倒的パワーと敏捷性をもって縦横無尽にゲリラ攻勢を仕掛けまくるドラム、らに突き上げられるように煽られながら、ピリッと苦味走ったハードボイルドな立ち回りを貫きつつファンキーな旨味もバッチリ立ち昇らせるアルトや、剛健武骨な太く逞しいアクション咆哮を不屈げに轟かせ続けるテナー、引き締まった厳しい表情で熱っぽくも硬質なダイナミック技をキレ味シャープに繰り出すピアノ、らが伸びやかかつ高密度に見せ場を繋いでゆく、極めて濃い味の敢闘内容。硬派で雄々しくタフネスみなぎった、ブレなく迷いなき真っ向勝負のモーダル・バップ熱演!、が毅然と展開。

      CD1:
      1. Mr. Silver
      2. Modjo
      3. Minor Mood
      4. U.Turn

      CD2:
      1. Shorter
      2. First Kick
      3. 93-94
      4. Valse Pour Margot
      5. Blues For Sylvain

      Peter King (alto saxophone)
      Jean Toussaint (tenor saxophone)
      Sylvain Beuf (tenor saxophone on CD1-1,4)
      Alain Jean Marie (piano)
      Gildas Scouarnec (bass)
      Tony Rabeson (drums)
      Georges Brown(drums on CD1-1,4)

      1996年6月11日、1994年2月11日フランス-パリのLa Maison de Radio Franceでのライヴ録音

      • 0
        • -
        • -
        • -

        ★【御予約承り中】【初期の幻のピアノトリオ盤、限定復刻】CD Peter Beets Trio ピーター・ビーツ・トリオ / All Or Nothing At All

        • 2018.04.06 Friday
        • 16:00

        ★【御予約承り中】【初期の幻のピアノトリオ盤、限定復刻】CD Peter Beets Trio ピーター・ビーツ・トリオ / All Or Nothing At All

        ★初期の幻のピアノトリオ盤、限定復刻!!
        CD Peter Beets Trio ピーター・ビーツ・トリオ / All Or Nothing At All


        ★ピーター・ビーツ・トリオの幻のアルバムの限定復刻。いつものように歯切れのいいスインギーな演奏が楽しめる秀作です。ゲストで、トロンボーン、ヴァイオリン、女性ヴォーカルも1曲ずつ参加していますが、こちらも味のある演奏でアルバムに華を添えています。(新譜案内より)

        1. Good Beginnings
        2. Peter's Song
        3. All Or Nothing At All
        4. I Didn't Know What Time It Was
        5. Little Old Lady
        6. My Foolish Heart
        7. Cake Walk
        8. At The Ball Musette
        9. It Ain't Necessairily So
        10. Blues For The Princes
        11. Rhythm In Waves
        12. Like Someone In Love
        13. So In Love
        14. How My Heart Sings
        15. Jimmy

        Peter Beets(p)
        Frans Van Geest(b)
        Haans Dekker(ds #1-5,7,8,10-15)
        Hans Brabar(ds #6,9)
        Dominique Capello(tb #6)
        Lisa Jacobs(violin #9)
        Bertine Verbeek(voc #13)

         

         

        • 0
          • -
          • -
          • -

          【御予約承り中】【幻のデビュー盤、限定復刻】CD Sasha Dobson サーシャ・ドブソン / Introducing Sasha Dob

          • 2018.04.06 Friday
          • 15:38

          【御予約承り中】【幻のデビュー盤、限定復刻】CD Sasha Dobson サーシャ・ドブソン / Introducing Sasha Dob

          ★幻のデビュー盤、限定復刻!!
          CD Sasha Dobson サーシャ・ドブソン / Introducing Sasha Dob


          ★2004年にリリースされたデビュー・アルバムがこちら。10数年の時を経た今に聴いてみても一切色褪せない、好印象の女性ヴォーカル盤。ギターの伴奏が心地よく、卒のない歌唱でリラックスした空間を演出する、ヴォーカル・ファンには避けて通れない1枚です。(新譜案内より)

          1. Shuffle Montgomery(Herbie Nichols)
          2. Don't You Know I Care(Duke Ellington / Mack David)
          3. Will It Go Round In Circles?(Billy Preston)
          4. Love Walked In(George Gershwin / Ira Gershwin)
          5. Straight Ahead(Kenny Dorham)
          6. I Understand(Mabel Wayne / Kim Gannon)
          7. You Took Advantage Of Me(Richard Rodgers / Lorenz Hart)
          8. Autumn Leaves'(Joseph Kosma / Jacques Prevert / Johnny Mercer)
          9. You're Nearer(Richard Rodgers / Lorenz Hart)
          10. Close your Eyes(Bernece Petkere)
          11. Thee Blue Waltz(Doug White)

          Sasha Dobson (vocal)
          John Merrill (guitar)
          Kenji Rabson (bass)
          Doug White (tenor saxophone,clarinet)

          • 0
            • -
            • -
            • -

            【御予約承り中】★CD EDUARDO BLANCO / CHILDHOOD MEMORIES

            • 2018.04.05 Thursday
            • 11:17

            【御予約承り中】★CD EDUARDO BLANCO / CHILDHOOD MEMORIES

            これはチェット・ベイカーの再来か!! アルゼンチン出身で現在はオランダで活動するトランペッターの初リーダー作。
            CD EDUARDO BLANCO / CHILDHOOD MEMORIES



            これはチェット・ベイカーの再来か!! アルゼンチン出身で現在はオランダで活動するトランペッター、エドゥアルド・ブランコの初リーダー作品!!ゆったりとメランコリックな雰囲気や50年代のハード・バップ、ストレートな演奏を意識したスタイルは我々にも馴染みやすく愛聴盤になること間違いなし。(新譜案内より)

            1. Larambebere's Message
            2. The Lamp Is Low
            3. Antigua
            4. For Eternity
            5. Childhood Memories
            6. Blues For You
            7. King Solomon & Princess Isabella

            Eduardo Blanco(tp)
            Dirk Balthaus(p)
            Jean – Louis Rassinfosse(b)
            Rene De Hilster(ds)

            • 0
              • -
              • -
              • -

              【御予約承り中】【SONORAMA】CD,LP両フォマットでリリース予定 JAZZ ROCK EXPERIENCE / Let Yourself Go

              • 2018.04.04 Wednesday
              • 20:50

              ★【御予約承り中】【SONORAMA】CD,LP両フォマットでリリース予定 JAZZ ROCK EXPERIENCE / Let Yourself Go

              スイスのジャズ・シーンで異才を放った電化ジャズ・ファンク/ジャズ・ロック・グループ、ジャズ・ロック・エクスペリエンス、1969/70年録音未発表ライヴ&スタジオ音源が世界初音盤化!  

              (LP)
              JAZZ ROCK EXPERIENCE / Let Yourself Go
              (CD)
              JAZZ ROCK EXPERIENCE / Let Yourself Go



              ■The Remo Rau Quintetで活動を共にしてしていたブルーノ・スポエッリ(ts/ss)とハンズ・ケネル(tp)が中心となり1969年頃にチューリッヒで結成されたジャズ・ロック・エクスペリエンス。それまでのハード・バップ〜フリー・ジャズ・スタイルから脱し、東ヨーロッパの民族音楽やアメリカのブルース、ジャズ・ロックの要素を取り入れながら新たな音楽性を目指したグループで、スイスでいち早く電化サックスを導入したパイオニアだった。メンバーはスペッリ、ケネル、デイヴ・リー(el-p/clavinet/vibes)、ラファエル・ウェーバー(g)、ハンズ・フォレッティ(b)、ケニー・シュミット(dr)の6人編成、さらにジョナス・へフェリー(fl/perc)とフレディ・マイアー(ts)を加えた8人編成という布陣。

              ■本盤は1969〜70年に残されていた未発表ライヴ音源/スタジオ・セッション音源を10曲(LPは7曲)収録。The Ramo Rau Quintet時代の作品「The Starter」から、ハンズ・ケネルのぺんによる「Blues No Blues」、スポエッリが映画のサントラ用に書いた「Get Out Of Here」、東ヨーロッパの民謡「Krivo Sadovsko Choro」、米国霊歌「Sometimes I Feel Like A Motherless Child」、レッドベリーのブルース「If It Wasn’t For Dicky」、そしてジェイムズ・ブラウン「Let Yourself Go」までヴァラエティに富んだ選曲で、彼ら特有の電化ジャズ・ファンク/ジャズ・ロック・サルンドがたっぷり楽しめます!

              ■ブルーノ・スポエッリが新たに書き下ろしたライナーノーツや未公開写真をジャケに掲載。CDは6pデジパック仕様。(新譜案内より)

               

              • 0
                • -
                • -
                • -

                【御予約承り中】【SONORAMA】LP MANFRED BURZLAFF / Berlin Jazz Soundtracks

                • 2018.04.04 Wednesday
                • 20:43

                【御予約承り中】【SONORAMA】LP MANFRED BURZLAFF / Berlin Jazz Soundtracks

                LP MANFRED BURZLAFF / Berlin Jazz Soundtracks



                知られざる1960年代ドイツ産ハードバップ〜クール・ジャズ音源が世界初ディスク化!!作曲家、ピアニスト、そしてドイツにおけるジャズ・ヴィブラフォンの先駆者マンフリート・ブルツラフが西ベルリンの広報映像のサウンドトラックとして録り下ろしていた楽曲の数々をSONORAMAが発掘! これはユーロ・ジャズ・ファン必聴です!

                ■カル・ジェイダー「Crow’s Nest」、トラディショナル「Im Märzen der Bauer」、ハンク・モブレー「Infra-Rae」以外、すべてマンフリート・ブルツラフが作曲で、全曲のアレンジ、プロデュースも彼によるもの。卓越したハーモニーに加え、独創的なインプロヴィゼーションや実験的な要素も盛り込まれた良曲揃いで、これらが当時音盤化されていたら今ごろユーロ・ジャズの傑作盤のひとつになっていたはず。

                ■参加ミュージシャンは不明ですが、ほとんどが60年代初期にAudio Tonstudio/Ostpreussendammなどベルリンのスタジオで録音されていたもので、ブルツラフが個人的に所蔵していたマスターテープをSONORAMAが丁寧にリストアし今回のリリースが実現しました。音質も良好、アナログ盤のみのリリースにもSONORAMAのこだわりを感じます!(新譜案内より)

                [Tracklisting]
                Side A:
                1) Bahnhof Zoo
                2) Jazz Walzer
                3) Crow`s Nest
                4) Tränenpalast
                5) Europa-Center 1
                6) Kaleidoskop in F
                7) Tobby`s Blues
                8) Mulligan

                Side B:
                1) Rendezvous am Funkturm
                2) Helmstedt
                3) Im Märzen der Bauer
                4) Infra-Rae
                5) Maler einer Stadt
                6) Europa-Center 2
                7) Kaleidoskop in S
                8) Smog

                • 0
                  • -
                  • -
                  • -

                  【御予約承り中】【待望の復刻】 CD GEORGE ROBERT & KENNY BARRON ジョルジュ・ロベール & ケニー・バロン / PEACE ピース

                  • 2018.04.04 Wednesday
                  • 20:36

                  ★【御予約承り中】【待望の復刻】 CD GEORGE ROBERT & KENNY BARRON ジョルジュ・ロベール & ケニー・バロン / PEACE ピース

                  ジャズ史にその名を刻んだ名盤が今再び蘇る。スイング・ジャーナル・ゴールド・ディスク受賞作品。待望の復刻!!

                  CD GEORGE ROBERT & KENNY BARRON ジョルジュ・ロベール & ケニー・バロン / PEACE ピース



                  ★一昨年惜しくも急逝してしまった最高峰の正統派アルトサックス奏者のひとりスイスのジョルジュ・ロベールと、今や押しも押されぬ世界的巨匠ピアニストとなったアメリカン渋筋ピアノの重鎮ケニー・バロンによる珠玉、至福のデュオ。サックスとピアノ、DUOという最小単位のインタープレイの現代におけるひとつの極致。解説は、ジョルジュ・ロベール&ケニー・バロンの盟友でもある4度のグラミー賞に輝くジャズ界の至宝、フィル・ウッズ。

                  *中古市場でもレア・アイテムとなった2003年リリースの本作品。多くのお客様の声にお応えし、デジパックからプラケースに仕様を変更、価格を見直し出し直し致します!

                  ↑新譜案内より

                  ■収録曲
                  1. PEACE
                  2. I DIDN’T KNOW WHAT TIME IT WAS
                  3. SOFTLY AS IN A MORNING SUNRISE
                  4. SOUL EYES
                  5. TRISTEZA
                  6. BLUE MONK
                  7. ROUND MIDNIGHT
                  8. A DAY IN PARIS
                  9. SONG FOR ABDULLAH

                  GEORGE ROBERT (Alto & Soprano Sax,Produce)
                  KENNY BARRON (Piano)

                  2014年5月19日-20日 スイスのThe Ernest Ansermet Studio録音
                  Recorded,Mixed & Mastered By Peter Pfister

                  解説:PHIL WOODS フィル・ウッズ

                  • 0
                    • -
                    • -
                    • -

                    【御予約承り中】★完全限定プレスLP 大野雄二 Yuji Ohno & Lupintic Six / RED ROSES FOR THE KILLER

                    • 2018.04.04 Wednesday
                    • 20:26

                    【御予約承り中】★完全限定プレスLP 大野雄二 Yuji Ohno & Lupintic Six / RED ROSES FOR THE KILLER

                    完全限定プレスLP 大野雄二 Yuji Ohno & Lupintic Six / RED ROSES FOR THE KILLER



                    ルパン音楽の生みの親・大野雄二率いる
                    Yuji Ohno & Lupintic Six待望のLP化!

                    ■収録曲 
                    Side-A
                    1. TORNADO 2017
                    2. RED ROSES FOR THE KILLER 2017
                    3. CRAZY IN LOVE feat.詩織
                    4. MIDNIGHT WHOOPIE
                    5. GOLDEN TIME feat.TIGER

                    Side-B
                    1. BLUES FOR RED
                    2. BUONO!! BUONO!!(BUONISSIMO)
                    3. SUPER HERO〜peace ver. feat.TIGER
                    4. 愛のテーマ 2017
                    5. ルパン三世のテーマ〜peace ver. feat.詩織

                    ■演奏:
                    大野雄二 (pf)
                    市原康 (dr)
                    ミッチー長岡 (eb)
                    松島啓之 (tp)
                    鈴木央紹 (sax)
                    和泉聡志 (gt)
                    宮川純 (h.org)

                    ■アナログ盤企画/監修:塙耕記
                    ■マスター盤プレッシング

                    ▼マスター盤プレッシングとは・・・(メーカーインフォ)
                    通常はカッティングされたラッカー盤(凹)から、マスター盤(凸)→マザー盤(凹)→スタンパー盤(凸)という工程でアナログ盤をプレスしますが、「マスター盤プレッシング」ではマザー盤・スタンパー盤を製作せずに、マスター盤から直接プレスします。2度のコピーを省くため、カッティング時に近い溝が形成され、よりダイレクトでリアルな音の再生を実現いたしました。

                    • 0
                      • -
                      • -
                      • -

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      CATFISH RECORDS TWITTER

                      ★THINK! 昭和JAZZシリーズ! 好評です!!

                      好評の THINK! 昭和JAZZシリーズ! RAREな昭和の和ジャズディスクを復刻! 初CD化も有ります。お見逃しなく!!

                      ★BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

                      ↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

                       

                       

                      ★下記プラットフォームに対応しております。
                      Chrome Firefox Android iOS

                      ※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。


                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM