★御予約承り中 RESONANCEから未発表強力作品 〔BILL EVANS,SONNY ROLLINS,MONTY ALEXANDER〕

  • 2020.10.09 Friday
  • 21:01

★御予約承り中 RESONANCEから未発表強力作品 〔BILL EVANS,SONNY ROLLINS,MONTY ALEXANDER〕

2枚組CD Bill Evans ビル・エバンス / Live At Ronnie Scott's



★エディ・ゴメス、ジャック・ディジョネットが最高の日々だった!と再三語ったライヴ
6ヶ月という短い期間で高みに上ったトリオの日々が今明るみになる!
★ジャケットはデヴィッド・ストーン・マーチン!!

★遂に登場!ビル・エヴァンス・トリオ1968@ロニー・スコッツ。エディ・ゴメス、ジャック・ディジョネットが最高の演奏だったと語って来たライヴ音源を発掘、作品化!音源は、ディジョネットのアーカイヴから!

★ジャズ史における屈指のドラマ!!1968 年、ビル・エヴァンス、エディ・ゴメス、ジャック・ディジョネットによるトリオによるロンドンの名クラブ“ロニー・スコッツ”での演奏が、遂に!作品化、登場となります。

★演奏された曲目は、モントルーでの演奏でもあまりに印象的だった“いつか王子様が”を含め、『Some Other Time』『Another Time』で演奏された楽曲を 11 曲。一方、9 曲は、このトリオで、ここでしか聴けないもの。超有名曲“ワルツ・フォー・デビー”をはじめ、“ラウンドミッドナイト”“枯葉”といったナンバーを、おなじみのイントロやアレンジで聴くことができることも大きな魅力です。しかし、なにより、全編にわたって“これぞエヴァンス!!”というリリシズムとフレージング、そして << このグループでしか成しえなかったインプロヴィゼーションの極みを見せるテンション高い演奏 >> が聴く人の心をとらえてやみません。

★その演奏の発表に相応しく、パッケージも豪華!ジャケットは、数々のジャズ・アルバムを描いたデヴィッド・ストーン・マーチン。しかし、ストーン・マーチンがエヴァンスを描いたのは、これが唯一のもので大変貴重!Resonance ならではのこだわりが詰まっています。(メーカーインフォ)



2枚組CD SONNY ROLLINS ソニー・ロリンズ / Rollins In Holland: The 1967 Studio & Live Recordings



★今年90 歳となった巨星ソニー・ロリンズ、1967年オランダでの凄まじいパフォーマンス
ドルフィーの『ラスト・デイト』で名を知らしめたハン・ベニンクを迎えたピアノレス・トリオ
数々の歌物テーマも織り込みながら淀みなくダイナミックに繰り出す演奏は圧巻!!
もちろん完全未発表、初作品化!!

巨星ソニー・ロリンズ、非正規盤でも録音がリリースされたことのない1967年。好調の極みをとらえた完全未発表音源!!

★ハン・ベニンクは1964年にエリック・ドルフィー『ラスト・デイト』への参加によって世界にその名を知られるようになり、その後はミシャ・メンゲルベルクやウィレム・ブロイカーなどとインスタント・コンポーザーズ・プール(ICP)で活躍するなどヨーロッパ全体のニュージャズ・シーンの中核を成したアーティスト。そんな彼が、ここでは、名ピアニスト、ピム・ヤコブスの弟ルードと共にロリンズのバックをつとめているのです。

★ここでのロリンズは、1966年11月グラーツでのジミー・メリット、マックス・ローチとのトリオ、1968年9月コペンハーゲンでのケニー・ドリュー・トリオとの共演といった、この前後に行われたヨーロッパでの演奏と比べても圧倒的にテンションが高く絶好調!
★長い演奏でも、“セント・トーマス”や”アルフィー”などのフレーズをはじめとして数々の歌物テーマの引用なども織り交ぜながら、豊かなアイデアは尽きることなく、フレーズがあふれ出ています。(メーカーインフォ)

 


2枚組CD Monty Alexander モンティ・アレキサンダー / Live At Bubba’s ライヴ・アット・ババズ



★今なお精力的な活動を続けるピアニストのモンティ・アレキサンダーだが、とりわけ1980年代初頭の勢いは並外れていた。元オスカー・ピーターソン・トリオのハーブ・エリス+レイ・ブラウンとの“トリプル・トリート”ではスタンダード・ナンバーを中心にスウィングにつぐスウィングで魅了し、いっぽうオセロ・モリノーのスティール・パンを加えた“アイヴォリー&スティール”ではポップでファンキーなカリブ風味のジャズを存分に展開。そして81年に収録された当アルバムは、“第3 のユニット”というべき顔ぶれによる、スウィングありカリビアンありカクテル・ラウンジ風バラードありの音の万華鏡だ。

★メンバーがまた、充実。ベースのポール・バーナーはレッド・ロドニー(チャーリー・パーカーと共演したトランペット奏者で、少年時代のクリス・ポッターも育成)のバンドで名をあげた逸材。81 年という、アンプ付きウッド・ベースがベタベタ、ブヨブヨとはびこっていた時期に、木の質感たっぷりのサウンドで迫るのだから嬉しくなる。ドラムスのダフィー・ジャクソンは、40年代ウディ・ハーマン・オーケストラのベーシスト兼新人発掘係であったチャビー・ジャクソンの息子。カウント・ベイシーやライオネル・ハンプトンのオーケストラに参加経験のあるダイナミックな演奏家で、ここでもたたみかけるようなプレイでモンティを鼓舞する。ハンド・ドラムスのボビー・トーマスは無論、ジャコ・パストリアスやピーター・アースキンと共に最盛期のウェザー・リポートのリズム・セクションを担った名手だ。

★この4 人が気候の温暖でカリブ海にも近いフロリダ州に集まり、心底ジャズを愛する観客の前で思う存分プレイしたのがこの2枚組である。「オルフェのサンバ」「モンテビデオ」「レゲエ・レイター」など曲名を挙げていくだけでも、ステージの楽しさは十二分に伝わるはず。クリストファー・クロスの大ヒット曲「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」の洒脱にしてダンサブルなジャズ・ヴァージョンにも、聴いていて笑顔が止まらない。(メーカーインフォ)
 

  • 0
    • -
    • -
    • -

    スポンサーサイト

    • 2020.10.27 Tuesday
    • 21:01
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      CATFISH RECORDS TWITTER

      ★BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

      ★下記プラットフォームに対応しております。
      Chrome Firefox Android iOS

      ※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。


      ★SOLID 完全限定復刻シリーズ (ナイス・プライスCD)

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM