スポンサーサイト

  • 2019.08.24 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    【PNL RECORDS】★ポール・ニルセン・ラブの4作品 一挙に発売。

    • 2019.02.26 Tuesday
    • 21:10

    ★ポール・ニルセン・ラブの4作品 一挙に発売。

    CD ARASHI / JIKAN


    坂田 明、Johan Berthling、Paal Nilssen-Loveの3人によるフリー・ジャズ・ユニット「ARASHI」。本作は2017年9月11日、ピット・インでのライブ録音。不屈の精神で繰り広げられる三者によるバトル。逞しく迷いない展開に、手に汗握るも、圧倒的存在感の音の塊に感動の"嵐"。

    1. Saitaro-bushi Arashi
    2. Jikan
    3. Yamanoue-no-Okura
    4. Tsuioku

    Akira Sakata (as,Bb clarinet and vocals)
    Johan Berthling (Double Bass)
    Paal Nilssen-Love (ds & percussion)

    Produced by Arashi

    Recorded Live in Concert at Pit Inn,TOKYO,JAPAN,SEPTEMBER 11TH 2017
    Recorded and Mixed Live by TAKAHIKO WATANABE
    MASTERED BY LASSE MARHAUG

    CD PAAL NILSSEN-LOVE , KEN VANDERMARK ポール・ニルセン・ラブ ケン・ヴァンダーマーク / SCREEN OFF


    ポール・ニルセン・ラブとケン・ヴァンダーマークの共演は2018年で10年を迎えます。その10年間に10作品を発表してきました。10年という節目の時期に過去を振り返り、残されたライブ・アーカイブを検証。本作は、その録音群を今までにない形でアーティスティックにコラージュ → クリップするという手法での作品です。流れの中で音が止まったり、予想外の展開も制作意図によりますし、演奏順序も録音順ではなく、整合性のある演奏で前後させ編集を行っています。結果として、聴き手を端末画面の「Screen Off」の様な、現代アートとして昇華された音の世界へ誘うことに成功したと確信しています。(メーカーインフォを和訳)

    1-21.Screen Off Parts 1 - 21 〔42:03〕

    Ken Vandermark (reeds)
    Paal Nilssen-Love (ds & per)

    Live Recordings from Various Youtube clips 2008-2018.
    Edited and Mastered by Lasse Marhaug

    CD Paal Nilssen Love ポール・ニルセン・ラブ / New Japanese Noise


    ポール・ニルセン・ラヴが 2018年にデンマークの Roskilde Festivalで演奏するために依頼された2つのプロジェクトのライヴ録音の「New Japanese Noise」編です。坂田明、Pain Jerk プロジェクトで知られる五味浩平、ソロ・プロジェクト、インキャパシタンツや非常階段で知られる美川俊治。日本人を中心としたプロジェクトにはフリー・ジャズとノイズの三人の巨人が結集。二つのプロジェクトの橋渡しのためにブラジルのギタリスト Kiko Dinucciを加えた演奏です。(新譜案内より)

    1. Stiff Upper Lip Jeeves 10:25
    2. Up the Line to Death 08:54
    3. Eats, Shites and Leaves 13:28
    4. The Bone People 10:17
    5. Birdsong 03:16

    Akira Sakata: alto saxophone, Bb clarinet, voice
    Kiko Dinucci:electric guitar
    Kohei Gomi: electronics
    Paal Nilssen-Love: drums
    Toshiji Mikawa: electronics

    CD Paal Nilssen Love ポール・ニルセン・ラブ / NEW BRAZILIAN FUNK



    ポール・ニルセン・ラヴが 2018年にデンマークの Roskilde Festivalで演奏するために依頼された2つのプロジェクトのライヴ録音の内、「New Brazilian Funk」編です。上記プロジェクトのもう一つはブラジル・ヴァージョン。長くブラジル音楽に影響を受けてきたニルセン・ラヴが、つながりを持つブラジル人ミュージシャン、そして長く演奏を続けるノルウェー人サックス奏者を加えた、新しい音楽を作るためのプロジェクト。このメンバーで新たなバンドとして始動。(新譜案内より)

    1.Biggles and the Gun-Runners 08:17
    2.Beating Back Pain 07:08
    3.Rural Rides 05:56
    4.Five Dollars and a Jug of Rum 05:14
    5.Restless 03:39
    6.Fruit of the Lemon 08:39
    7.Pick a Time 09:29

    Felipe Zenicola: electric bass
    Frode Gjerstad: alto saxophone
    Kiko Dinucci: electric guitar
    Paal Nilssen-Love: drums & percussion
    Paulinho Bicolor: cuica
     

    • 0
      • -
      • -
      • -

      スポンサーサイト

      • 2019.08.24 Saturday
      • 21:10
      • 0
        • -
        • -
        • -

        PR

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << October 2019 >>

        CATFISH RECORDS TWITTER

        ★THINK! 昭和JAZZシリーズ! 好評です!!

        好評の THINK! 昭和JAZZシリーズ! RAREな昭和の和ジャズディスクを復刻! 初CD化も有ります。お見逃しなく!!

        ★BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

        ↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

         

         

        ★下記プラットフォームに対応しております。
        Chrome Firefox Android iOS

        ※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。


        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM