スポンサーサイト

  • 2018.07.17 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    【御予約承り中】【MACK AVENUE】クリスチャン・マクブライドのレギュラー・バンドで活躍する 若きピアニスト Christian Sands クリスチャン・サンズ / Reach

    • 2017.03.30 Thursday
    • 12:58

    【御予約承り中】【MACK AVENUE】クリスチャン・マクブライドのレギュラー・バンドで活躍する 若きピアニスト Christian Sands クリスチャン・サンズ / Reach

    Christian Sands クリスチャン・サンズ / Reach


    ★コネチカット州ニューヘヴンに生まれ、幼い頃から音楽に親しんだサンズは、5 歳で曲を書き始め、10 歳でプロになるという早熟ぶり。その後13, 4 歳ときにレジェンド/ ビリー・テイラーに出会ったことも大きなポイント。きっかけは、7 月に行われたサマー・スクールに参加したことながら、最初の一週間で、テイラーに才能を見いだされ、直々のプライベート・レッスンを受けることになったのだそう。それ以来、テイラーが音楽的な師匠になったのはいうまでもありません。サンズ曰く、テイラーは“Music Grandfather”。テイラーがヒーローとして仰いだというアート・テイラーのことを話せば、サンズは“The Roots”“A Tribe Called Quest”“John Legend”といったアーティストのことを話し、ヒップ・ホップやR&B の影響も語ったとのこと。この辺り、世代を越え、ジャンルを越えた音楽への愛を感じさせるエピソードといえます。

    ★そんなサンズが、クリスチャン・マクブライドと出会ったのは必然かもしれません。レイ・ブラウンの再来と言われ、ジャズの王道のフィールドでデビューし、かつジェイムス・ブラウンを心から愛し、ソウルやR&Bといったブラック・ミュージックのグルーヴを融合させるマクブライドは、正に、サンズのお手本ともいうアーティスト。サンズ曰く“クリスチャン・マクブライドとは、最初に会った時からクールなコネクションを感じていたし、音楽において、同じ道を見ていると感じた”とのこと。しかし、出会うべくして出会い、かつ、<<チャンスをモノに出来る>>かは別の次元の話。そこをガッチリつかめるのがこの若きアーティストの才能の証といえます。

    ★本作は、そんなサンズが、世界に投げかける第一弾!気合も充分なら、音楽も様々なものが織り込まれました。☆オープニングは、チック・コリアにインスパイアされたというナンバーですが、ドライヴ感あふれるリズムに、キャッチーなメロディが、ジャズのフィーリングを失うことなくスタイリッシュに決まるソロは正に本格派。超絶の技巧は、華麗なトリルを聴けば、充分過ぎるというものです。10 曲中8 曲のオリジナルの中には、バド・パウエル、またハービー・ニコルスへのオマージュとしたナンバーもあり、その曲の名前は、文字通り“Bud's Tune”。ソロには、王道の4 ビートのスウィング感が根付きます。

    ☆一方、現代的なアプローチも多数。ハドソン川沿いのウェスト・サイド・ハイウェイが見えるマンハッタン・スクール・オブ・ミュージックの練習室で作曲したというM3 はマーカス・ストリックランドをフィーチュア。スピード感と重量感があるNYのヴァイブレーションを感じるナンバー。ベン・ウィリアムスのバンドでよく共演したといったギラッド・ヘクセルマンをフィーチュアしたM7 は、スペイシーなギターの音色とコンテンポラリーな色彩感がさわやかな演奏を聴かせてくれます。また、ビル・ウィザースのナンバーM8 では、エッジのきいたヒップなグルーヴも。一方、地元にいた時は、ラテンのグループでもよく演奏したというサンズ。M5 はアフロ・キューバンなナンバーで情熱的なソロを飛ばします。

    ★小説の世界では「処女作にその作家のすべてが詰まっている」とよく言われますが、音楽の世界もしかり。ワールドワイドに向けては実質デビューともいえるリーダー作には、サンズの思いがいっぱい。子供の頃に見たというアニメ映画のナンバーで、リンダ・ロンシュタットが歌いグラミー賞を受賞したという最後のバラード・ナンバーまで、多彩な魅力が満載。

    ★プロデュースは、クリスチャン・マクブライドと共に、MackAvenue のおなじみ、Al Pryor, 日本が誇る現代のファーストコール・ベーシスト、中村恭司と、マーカス・ベイラーを核にした作品。本年は渡辺貞夫のバンド・メンバーにも抜擢されたサンズ。今後が楽しみです。(新譜案内より)

    1. Armando's Song (5:11)
    2. Song of the Rainbow People (6:20)
    3. Pointing West (6:07)
    4. Freefall (6:51)
    5. ¡Óyeme! (6:33)
    7. Reaching for the Sun (7:10)
    8. Use Me (7:27)
    9. Gangstalude (6:01)
    10. Somewhere Out There (6:46)

    Christian Sands (p),
    Marcus Baylor (ds),
    Gilad Hekselman (g 7,8,9),
    Christian McBride (arco upright bass solo 8),
    Yasushi Nakamura (upright bass), Cristian Rivera(perc 5),
    Marcus Strickland (ts 3,4, b-cl 4)

    こちらで試聴できます。

    • 0
      • -
      • -
      • -

      スポンサーサイト

      • 2018.07.17 Tuesday
      • 12:58
      • 0
        • -
        • -
        • -

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>

        CATFISH RECORDS TWITTER

        ★THINK! 昭和JAZZシリーズ! 好評です!!

        好評の THINK! 昭和JAZZシリーズ! RAREな昭和の和ジャズディスクを復刻! 初CD化も有ります。お見逃しなく!!

        ★BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

        ↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

         

         

        ★下記プラットフォームに対応しております。
        Chrome Firefox Android iOS

        ※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。


        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM