スポンサーサイト

  • 2019.08.24 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    【入荷しました】★ホィーラー&ジョン・テイラー追悼作品LP化! 180g重量盤LP Kenny Wheeler - John Taylor ケニー・ホイーラー、ジョン・テイラー / On the Way to Two

    • 2016.12.16 Friday
    • 18:46

    【入荷しました】★ホィーラー&ジョン・テイラー追悼作品LP化! 180g重量盤LP Kenny Wheeler - John Taylor ケニー・ホイーラー、ジョン・テイラー / On the Way to Two
     

    ↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

     

     

    ★下記プラットフォームに対応しております。

    Chrome Firefox Android iOS

    ※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。

     

    ◎ホィーラー&ジョン・テイラー追悼作品LP化!
    180g重量盤LP Kenny Wheeler - John Taylor ケニー・ホイーラー、ジョン・テイラー / On the Way to Two


    ★1960 年代終わりから70 年辺りより、美しくもプログレッシヴな演奏をクリエイトし続けた、2人の偉大なるジャズ・プレイヤーを追悼する形でリリースされた『On the Way to Two』がアナログ盤になって登場します。

    ★ 2 人は、最晩年、当CAM JAZZ に良作を多く残し、本演奏は、2005 年のもの。本来は、昨年2014 年84 歳の生涯を閉じたホィーラーの追悼として企画された模様ですが、相方をつとめるジョン・テイラーは、この作品のためにライナー・ノーツの言葉まで書きながら、今年2015 年に突然亡くなり、結果として、二人の功績をしのぶリリースとなりました。

    ★録音からすでに10年。しかし10年経っても二人の音楽が色あせるわけは全くなく、作品冒頭を飾る音から世界観をたたえたものになっています。ある時は柔らかく、ある時は、刃のような鋭さをもつ、テイラーのピアノ。フリューゲル、トランペットを使い分け、詩的な演奏を見せるホィーラー。こうした、純粋な音楽の結晶は、おそらく、この先も色あせることなく響き続けることでしょう。

    ★二人の音楽美学をアナログで、堪能出来ます。(新譜案内より)

     



    ↓CD入荷時の当店キャプション。
    ともに最近亡くなった、長年の盟友コンビ、=ケニー・ウィーラー(1930年カナダのトロント生まれ、2014年英国のロンドンで死去)とジョン・テイラー(1942年英国のマンチェスター生まれ、2015年フランスのアンジェで死去)の、本盤は、2005年に録られていたデュオ演集。端正で硬質感あるタッチのピアノが、折り目正しく中々優雅に詩情を映し、陰影深くもキレ味シャープな響きを呈するトランペットorフリューゲルが、時としてはワイルドな豪胆さをも湛えつつ伸び伸びと哀愁を歌い上げた、コンビネーションも抜群の奥行き豊かな濃密内容である。バラードにテンポをつけてアクション化した、ような感じの、息もピッタリのスインギーな耽美的・抒情的行き方が続き、メロディアスではあるが一定の厳しい面持ちをも堅持した、結構ダークでビタースウィートな文脈展開〜世界観がほぼ一貫する中で、両雄の、自由滑脱でいて鮮やかにエッセンスの凝縮されたアドリブ活躍が、さすが円熟の冴えを、好調ぶりを見せる。ウィーラーの、独特の思索瞑想性も仄めかしながらの、張りと勢いあるノワール&メランコリックな憂い節が、ハードボイルドに、雄渾げに力強い華を成しており、一方テイラーの、エレガントでロマンティックそれでいてカッチリとスクエアーにバップ・グルーヴ感を表すところもある、その緩急巧みな劇的ストーリーテリングも、バツグンに研ぎ澄まされた余情溢れる魅力を揮っている。ウィーラーが深々とした優しさを示す寛ぎスロー・バラード調や、インタールード的に挿入される迫真の即興インタープレイ・トラック、といった転回にも瑞々しい妙味あり。

    SIDE A
    1.Canter #2 (K. Wheeler) (4:05)
    2.Fedora (K. Wheeler) ( 5:50)
    3.Sketch No. 1 (K. Wheeler - J. Taylor) (1:40)
    4.Quiso (K. Wheeler) (5:42)
    5.Who Knows? (K. Wheeler) (4:28)

    Side B
    1.Sketch No. 2 (K. Wheeler - J. Taylor) (2:53)
    2.Close To Mars (J. Taylor) (5:00)
    3.Fortune’s Child (K. Wheeler) (3:18)
    4.Sketch No. 3 (K. Wheeler - J. Taylor) (2:41)
    5. A Flower Is A Lovesome Thing (B. Strayhorn) (8:21)

    All music composed by Kenny Wheeler except tracks #3, 6, 9 K. Wheeler - J. Taylor; #7 John Taylor; #10 Billy Strayhorn

    Kenny Wheeler (tp, flh)
    John Taylor(p)

    こちらで試聴できます。

    スポンサーサイト

    • 2019.08.24 Saturday
    • 18:46
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>

      CATFISH RECORDS TWITTER

      ★THINK! 昭和JAZZシリーズ! 好評です!!

      好評の THINK! 昭和JAZZシリーズ! RAREな昭和の和ジャズディスクを復刻! 初CD化も有ります。お見逃しなく!!

      ★BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

      ↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

       

       

      ★下記プラットフォームに対応しております。
      Chrome Firefox Android iOS

      ※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。


      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM