★CRISS CROSS 新作 リリース予定 3作品!

  • 2013.09.12 Thursday
  • 18:55
★CRISS CROSS 新作 リリース予定 3作品!

実力派のダイナが存分に真価を発揮したクインテット作品
DAYNA STEPHENS ダイナ・ステフェンズ / I'LL TAKE MY CHANCES

テナー・サックス奏者のデイナ・ステフェンズがクリスクロスから発表する2枚目のリーダー作。フリー・ジャズや新主流派の音楽性を含む彼のプレイとオリジナルの楽曲(今回は半分の5曲が自作)を聴くと、現代モダン・ジャズの典型が見えてくる。ストレートアヘッドなジャズでありながらかなり多くの枝葉を含んでいるところがこのプレイヤーの魅力だ。いまをときめくジェラルド・クレイトンのピアノ・プレイも鮮烈だし、新人ギタリストのチャールス・アルトゥーラのアプローチも斬新だ。【聴きどころ】Track(2)「JFK International」現代的なジャズのスタイルが網羅された1曲 (jazzyellより)

こちらで試聴出来ます。

エリック・アレキサンダー参加
DEE DANIELS ディー・ダニエルス / STATE OF THE ART


クリスクロスから出るヴォーカル作品は極めて珍しい。それだけこのシンガーには期待しているのだろう。1曲目からご機嫌なスキャットを繰り出すディー・ダニエルズは、その期待に応え見事なジャズ・ヴォーカルを披露する。女性にしては太い声質も大きな魅力だ。どっしりと落ち着いた歌唱は本格派の風格を感じさせる。共演者のエリック・アレキサンダーやサイラス・チェスナッツのプレイもファンにとって十分に満足がいくもの。実力派シンガーの今後に期待が寄せられるご機嫌な1枚。【聴きどころ】Track(6)「Night And Day」お馴染みの歌をじっくりと歌いこんでいく (jazzyellより)

こちらで試聴出来ます。

新鋭トランペッターが満を持して発表した意欲作
PHILIP DIZACK フィリップ・ディザック / SINGLE SOUL


常に優れた若手を紹介してくれるクリスクリスが今回も素晴らしいトランペッターにリーダー・レコーディングのチャンスを与えた。フィリップ・ディザックは28歳の精鋭。テナー・サックスのベン・ウェンデルと組んでのクインテットが演奏するのは7曲のオリジナルを含む全11曲。叙情味に溢れたプレイとグループのサウンドが特長だ。穏やかな響きの中で印象的なフレーズが紡がれていく。ラストのエリントン・チューンでは珍しいことにトランペット単独によるソロ・パフォーマンスが堪能できる。【聴きどころ】Track(2)「Jacob And The Angel」持ち味のリリカルな響きが印象的 (jazzyellより)

こちらで試聴出来ます。

▼CRISS CROSSの御注文承ります▼
http://www.catfish-records.jp/product-group/59

★【Live at Smalls シリーズ!】NY最前線ジャズ! 直輸入盤帯ライナー付国内仕様CD 6月26日発売予定 4作品!

  • 2013.06.05 Wednesday
  • 04:18
★【Live at Smalls シリーズ!】NY最前線ジャズ! 直輸入盤帯ライナー付国内仕様CD 6月26日発売予定 4作品!

Smallsで行われる本格派USAジャズ! Smallsのライブ録音の質の高さは当店の辛口ジャズファンもうならせるほど。今回も注目作が続々登場です。お見逃しなき様。 こちらで試聴出来ます。

Harold Mabern ハロルド・メイバーン / Live at Smalls ライブ・アット・スモールズ


●近年はどこのレーベルから何が出たのかわかりにくくなってしまうほど活発なアルバム・リリースを続けているメイバーンだが、これは初めてのスモールズ・ライヴ盤。僕の知る限り彼のリーダー作が実況で記録されたのは85年リリースのサックヴィル盤『ジョイ・スプリング』以来ではないかと思う。共演者のジョン・ウェバー(ベース)、ジョー・ファーンズワース(ドラムス)はメイバーンの愛弟子的存在で、ここにエリックを加えればそのままエリック・アレキサンダー・カルテットになる。かつてのボス、ウェス・モンゴメリーが書いた「ロード・ソング」、ニューオリンズR&Bの巨匠ファッツ・ドミノの曲を軽妙に料理した「アイム・ウォーキン」、ブギ・ウギの腕前を披露する「ブギ・フォー・アル・マクシャン」、人気子供番組の曲をごきげんにスイングさせた「セサミ・ストリート」等、乗りに乗るメイバーンのフルコースをご賞味あれ!(ライナーノーツより抜粋)

01.Alone Together (Arthur Schwartz)
02.I’m Walking (Fats Domino)
03.Dreaming (Errol Garner)
04.Road Song (Wes Montgomery)
05.Boogie For Al McShann (Harold Mabern)
06.Sesame Street (Joe Raposo)
07.Afro Blue (Mongo Santamaria)

Harold Mabern - Piano
Gerald Canon - Bass
Joe Farnsworth - drums

追悼 マルグリュー・ミラー
Joe Magnarelli ジョー・マグナレリ / Live at Smalls ライブ・アット・スモールズ


●すっかり大ベテランの風格を感じさせるようになったマルグリュー・ミラー(ピアノ)、ポスト・クリスチャン・マクブライドというべき存在から大御所の域へと近づいたドウェイン・バーノ(ベース)、パット・マルティーノからも高く評価されているジェイソン・ブラウン(ドラムス)を従えながら、マグナレリは種も仕掛けもない4ビート・ジャズで聴く者をスカッとさせる。“最小限のマイクでレコーディング”、“過剰なミキシングはしない”、“演奏に編集を加えない”という『ライヴ・アット・スモールズ』シリーズの姿勢はここでも貫かれており、まさしく現代ハード・バップのメッカ、「スモールズ」店内の空気も込みでパッケージされたかのような音空間に浸ることができるのが嬉しい。僕はとくに「サード・セット」における4者一体の盛り上がり、フレディ・ハバード「ハブ・トーンズ」のメロディがアドリブ中に飛び出す「スキー」の疾走感に惹かれたが、当アルバムを聴いたリスナー各人が多分それぞれのフェイヴァリットを持つに違いない。そのくらいバランスのとれたライヴ・アルバムである。(ライナーノーツより抜粋)

1. My Ideal (11:29) (Robin, Chase, Whiting)
2. Ruby My Dear (11:14) (Monk)
3. Invitation (13:16) (Kaper, Webster)
4. Third Set (11:38) (Magnarelli)
5. Skee (11:25) (Magnrelli)
6. I'll Find You (8:55) (Whitaker)

Joe Magnarelli - Trumpet
Mulgrew Miller - Piano
Dwayne Burno - Bass
Jason Brown - drums

ALEX SIPIAGIN アレックス・シピアジン / Live at Smalls ライブ・アット・スモールズ

●彼のホームグラウンドのひとつであるグリニッチ・ヴィレッジのジャズ・クラブ「スモールズ」で収録された。共演者についての説明は不要だろう。音楽的友情で結びついた5人のプレイに死角はない。「かつて吹き込んだことのある曲が中心だけど、まったく新しいものに作り直したよ。オール・ニュー・ミュージックだ」。旧作に収められている初演を聴いたことがあるファンは新アレンジに印象を新たにすることだろうし、このアルバムで初めてアレックスを知るファンは、彼の“内に秘めた情熱”に深く心を打たれるはずだ。(ライナーノーツより抜粋)

01.Live Score (Sipiagin) 13:58
02.Videlles (Sipiagin) 15:06
03.Calming (Sipiagin) 10:54
04.Pass (Sipiagin) 19:40
05.Returning (Sipiagin) 13:55

ALEX SIPIAGIN - TRUMPET
SEAMUS BLAKE - TENOR SAXOPHONE
LAGE LUND - GUITAR
DAVE KIKOSKI - PIANO
BORIS KOZLOV - BASS
NATE SMITH - DRUMS

Will Vinson ウィル・ヴィンソン / Live at Smalls ライブ・アット・スモールズ


●ウィル・ヴィンソン名義としては初のスモールズ・ライヴ盤であり、共演者もラーゲ・ルンド(ギター)、アーロン・パークス(ピアノ)、マット・ブルーワ(ベース)、マーカス・ギルモア(ドラムス)と、“よくこれほどの面子が一箇所に集まった”と驚くしかないほど豪華。この5人が揃うことはめったにない、という気持ちも奏功したのか、異様に気合いと鋭さの感じられるパフォーマンスがこれでもかと続く。クリス・クロス盤にも入っていた「スクイーズ」の再演、デューク・エリントンが1940年にレックス・スチュアートをフィーチャーするために書いた(といわれる)「モーニング・グローリー」等、レパートリー選択の渋さにも唸らされる。母国にいた頃は「英国のグレッグ・オズビー」と形容されたともきくが、今や彼はワン&オンリーのウィル・ヴィンソンそのものだ。(ライナーノーツより抜粋)

01.The Clock Killer (Vinson)
02.Star of Greece (Vinson)
03.Swagger (Lage Lund)
04.Stablemates (Benny Golson)
05.Squeeze (Vinson)
06.Morning Glory (Duke Ellington)
07.Albemarle (Vinson)

Will Vinson - Alto
Lage Lund - Guitar
Aaron Parks - Piano
Matt Brewer - Bass
Marcus Gilmore - drums

▼SMALLS LIVEの御注文承ります
http://www.catfish-records.jp/product/16274

★CRISS CROSS 新譜 4作品

  • 2013.02.25 Monday
  • 23:25
★CRISS CROSS 新譜 4作品

ニューヨーク派オールスターズによる力作
TIM WARFIELD ティム・ワーフィールド / EYE OF THE BEHOLDER


クリスクロスからのリーダー作がこれで7作目となるサックス奏者のティム・ワーフィールドもいまやすっかり貫禄十分のプレイをするようになった。今回はオールスターズと呼ぶに相応しいメンバーを集めての2管クインテットで堂々たるブローを聴かせてくれる。アップテンポの演奏も魅力的だが、ワーフィールドの場合は(1)のようにミディアム・テンポでテナー・サックスを吹いたときに個性が発揮される。動じないというか、落ち着き払ったプレイがなんとも心地のよい響きを醸し出すからだ。【聴き所】Track(2)「The Undaunted」激しいプレイの中で個性が輝きを放つ魅力的なパフォーマンス (jazzyellより)

▼こちらで試聴出来ます▼
http://www.crisscrossjazz.com/album/1355.html


現代性豊かな色彩感に溢れた快演が連続する
ALEX SIPIAGIN アレックス・シピアジン / OVERLOOKING MOMENTS

クリスクロスではすっかりお馴染みになったトランペット/フリューゲルホーン奏者のアレックス・シピアジンによる最新作。独特の思索的なプレイがピアノレスの2管カルテットによって繰り広げられる。彼とフロントを組むのが目下パット・メセニーのユニティ・バンドで活躍しているクリス・ポッターとくれば、創造的な内容になるのは必至。それにしてもこのふたり、息がぴったりな上に、繰り出されるモーダルなラインまで似ていて、まさに一卵性双生児のような印象を覚える。【聴き所】Track(8)「Savoir」複雑なフレーズを中心に緩急自在かつ静と動の入り混じったプレイが最後まで途切れない (jazzyellより)

▼こちらで試聴出来ます▼
http://www.crisscrossjazz.com/album/1354.html


トロンボーンの実力派によるエリントン・ソングブック
WYCLIFFE GORDON ワイクリフ・ゴードン / THE INTIMATE ELLINGTON: BALLADS AND BLUES


トロンボーン奏者のワイクリフ・ゴードンがウイントン・マルサリスのグループに抜擢されて注目を集めたのがいまから20年以上前のこと。あれから着実に実力を伸ばし、いまや押しも押されもしないこの楽器の第一人者になった。そのゴードンによる最新作ではデューク・エリントンとビリー・ストレイホンの曲に的が絞られている。ふくよかな音色が力強い低音をいっそう魅力的な響きにした。その彼と共演するザック・ブロックのバイオリンもいい味で聴かせてくれる。【聴き所】Track(9)「Sophisticated Lady」ゴードンはバラードの名手としても知られている。その実力がこのトラックで遺憾なく発揮される (jazzyellより)

▼こちらで試聴出来ます▼
http://www.crisscrossjazz.com/album/1353.html
注目のトランペッターによるクリスクロスからの1作目
MICHAEL RODRIGUEZ マイケル・ロドリゲス / REVERENCE


トランペッター/フリューゲルホーン奏者のマイケル・ロドリゲスは今年33歳になる逸材。すでにシーンで注目を集めている彼だけに、クリスクロスから出るこの1作目は大きな評判を呼ぶに違いない。テナー・サックス奏者のクリス・チークと組んだ2管フロントが醸し出す響きとメロディ・ラインは現代的なハード・バップの要素が強い。加えてバックのリズム・セクションがこれまた強力無類。目下絶好調のジェラルド・クレイトンの溌剌としたタッチも現代モダン・ジャズの魅力を伝えている。【聴き所】Track(2)「Enchantment」バラード・プレイヤーとしても魅力的な存在であることを伝える1曲 (jazzyellより)

▼こちらで試聴出来ます▼
http://www.crisscrossjazz.com/album/1356.html


★CRISS CROSS 新作 3作品

  • 2012.09.10 Monday
  • 06:41

★CRISS CROSS 新作 3作品

CLARENCE PENN クラレンス・ペン / Dali In Cobble Hill


1966年のPenn's Landing (Criss 1134), 2001年のPlay-Penn (Criss 1201)に続くCRISS CROSS3作目。
今回はシュールリアリストの代表的画家、ダリの印象を追想、それをテーマにブルックリンの盟友達と作り上げた作品。 8曲のオリジナルと2曲のスタンダードを選曲。多くの作品にサイドで参加したペンならではの柔軟な表現がそれぞれの曲で生かされている。クリス・ポッター、アダム・ロジャーズ、ベン・ストリートと同世代の熟練者達をサイドに迎え、揺るぎのない、現代アメリカ・メインストリート・ジャズが展開される快投編だ。

1.The B 61 (Clarence Penn)
2.Cobble Hill (Clarence Penn)
3.A Walk On The B-H-P (Clarence Penn)
4.Dali (Clarence Penn)
5.I Hear Music (Burton Lane / Frank Loesser)
6.Mr. C (Clarence Penn)
7.Persistence Of Memory (Clarence Penn)
8.My Romance (Richard Rodgers / Lorenz Hart)
9.Solato's Morning Blues (Clarence Penn)
10.Zoom Zoom (Clarence Penn)

Clarence Penn (D / Perc)
Chris Potter (Ts / Ss / BCl)
Adam Rogers (G)
Ben Street (B)

Total Time: 66:07
Recorded February 2, 2012 in Brooklyn, NY, USA by Michael Marciano

Opus 5 オパス・ファイブ / Pentasonic


2011年にデビューした「OPUS 5」、今回も同メンバーで、息の合った快演を見せてくれる。メンバーが持ち寄ったオリジナル曲を中心にしていますが、あまり取り上げられる事のない、チャーリー・パーカー「Charlie's Wig」での個性溢れるアレンジや、フレディ・ハバードで良く知られる「Red Clay」でのユニークなアプローチは、すべてのメンバーの音楽性が反映されているといっても良いでしょう。2管編成での新主流派ジャズを現代に体現したチームワークの良い演奏です。

1.The Saboteur (Donald Edwards)
2.Videlles Dreams (Alex Sipiagin)
3.Sign Of Life (Seamus Blake)
4.Ducktones (Donald Edwards)
5.Little Dancer (Alex Sipiagin)
6.Three Days Of Maybe (Boris Kozlov)
7.Danny (Seamus Blake)
8.Red Clay (Freddie Hubbard)
9.Charlie's Wig (Charlie Parker)
Total Time: 55:34

Seamus Blake (Ts / Ss)
Alex Sipiagin (Tp / Flh)
David Kikoski (P / Fender Rhodes)
Boris Kozlov (B)
Donald Edwards (Ds)

Recorded April 4, 2012 in Brooklyn, NY, USA by Michael Marciano

Conrad Herwig コンラッド・ハーウィグ / A Voice Through The Door


1992年以来15年に渡り、8作品の録音をCRISS CROSSにを残してきたコンラッド・ハーウィグ。
今回はテナーサックス奏者、ラルフ・ボウエンを迎え、2管編成で臨んでいます。既に共演歴のあるオリン・エバンス(p)、ドナルド・エドワーズ(ds)とは気心の知れたコンビネーションを見せていますし、新生ブルーノートに作品を残す`Out of the Blue`で活躍したラルフ・ボウエン(ts)とケニー・デイビス(b)との新しい出会いはそれに新鮮な味わいを与えています。精緻なJJの影を感じさせながら、多彩な表情を見せるハーウィグのトロンボーンと実力のある共演陣の演奏に手ごたえを感じる1枚です。

1.A Voice Through The Door (Conrad Herwig)
2.Traceless Moon (Conrad Herwig)
3.The Sun Within (Conrad Herwig)
4.Morning Shade (Conrad Herwig)
5.Water Rising Into Mist (Conrad Herwig)
6.All Or Nothing At All (Jack Lawrence / Arthur Altman)
7.Thorn Witness (Conrad Herwig)
8.Free Action Reaction (Conrad Herwig)
Total Time: 61:14

Conrad Herwig (Tb)
Ralph Bowen (Ts)
Orrin Evans (P)
Kenny Davis (B)
Donald Edwards (D)

Recorded January 27, 2012 in Brooklyn, NY, USA by Michael Marciano

▼CRISS CROSSの作品ご注文承ります▼
http://www.catfish-records.jp/product-group/59

★ストレート・アヘッドな良質作のリリースで定評! スモールズ・ライヴから注目の4タイトルがリリース!

  • 2012.05.08 Tuesday
  • 20:00
★ストレート・アヘッドな良質作のリリースで定評! スモールズ・ライヴから注目の4タイトルがリリース! 

RICK GERMANSON リック・ジャーマンソン・カルテット / ライブ・アット・スモールズ

NYの名トランペッター、ブライアン・リンチのピアニストとして頭角を現してきたピアニスト、リック・ジャーマンソン率いるカルテット・ライブ。フレッシュ・サウンド・ニュータレントから名門OWLで吹き込みと着実にステップ・アップしているNYの実力派ピアニスト。フロントにエディ・ヘンダーソンのトランペットを配し、ベースには秋吉敏子のツアーメンバーとしても活躍するポール・ギル、ドラムにはルイス・ナッシュというメンバー。オープニングの「SO TIRED」でがっちりハートを掴みます。テンションの高いストレート・アヘッドなナンバーがずらり、さすがのスモールズ・クオリティです。

RICK GERMANSON / リック・ジャーマンソン - PIANO
EDDIE HENDERSON / エディー・ヘンダーソン - TRUMPET
PAUL GILL / ポール・ギル- BASS
LEWIS NASH / ルイス・ナッシュ - DRUMS

LAGE LUND ラーゲ・ルンド / ライブ・アット・スモールズ


目前に迫った5/10〜21のジャパン・ツアー、2005年のモンクコンペティションで優勝した実力派にして今最も注目を集めるギタリストの一人、ノルウェイ出身のラーゲ・ルンドが率いる「LAGE LUND FOUR」のライブ音源です。ベン・ストリート-マーカス・ギルモア、ピート・リンドというメンバーを揃えた白熱のライヴ。全曲ラーゲ・ルンドのオリジナルですが、これがいちいちカッコいい。スタイルもクラシックからコンテンポラリー、流行も古典も見事に取り込み多様ながらも統一感のある稀有なプレイヤー。必聴ですよ。(新譜案内より)

LAGE LUND / ラーゲ・ルンド - GUITAR
PETE RENDE / ピート・レンデ - PIANO
MARCUS GILMORE / マーカス・ギルモア - DRUMS
BEN STREET / ベン・ストリート - BASS

JESSE DAVIS ジェシ・デイヴィス / ライブ・アット・スモールズ


ブルージーなフィーリング、色気のある独特のブロウが堪らないアルト奏者ジェシ・デイヴィスのスモールズ・ライヴ。「I'll Close My Eyes」、「Piece Of The Apple」オープニングから並ぶまるで60年代のようなオールド・スタイル、これが実にいい。全編スイングしまくりの一枚。ライアン・カイザー、スパイク・ウィルナー、ピーター・ワシントン、ビリー・ドラモンドのクインテット・ライヴ!(新譜案内より)

JESSE DAVIS / ジェシ・デイヴィス - ALTO SAXOPHONE
RYAN KISOR / ライアン・カイザー - TRUMPET
SPIKE WILNER / スパイク・ウィルナー - PIANO
PETER WASHINGTON / ピーター・ワシントン - BASS
BILLY DRUMMOND / ビリー・ドラモンド- DRUMS

RALPH LALAMA ラルフ・ララマ / ライブ・アット・スモールズ


クリスクロスの諸作でもお馴染みのテナー奏者ラルフ・ララマのサックス・トリオです。ベースはジョエル・フォーブス、ベテランの域に達してきた感のあるハリー・アレンのレギュラー・ベーシスト。ドラムにはチャールズ・トリヴァーのレギュラーメンバーとして活躍していたクリフォード・バーバロといういぶし銀サックス・トリオ。オリジナリティを確立したララマのブロウを存分に堪能出来る快作です。(新譜案内より)

RALPH LALAMA / ラルフ・ララマ- TENOR SAXOPHONE
JOEL FORBES / ジョエル・フォーブス - BASS
CLIFFORD BARBARO / クリフォード・バーバロ - DRUMS

▼旧譜のご注文承ります▼
http://www.catfish-records.jp/product-group/1080

★CRISS CROSS 新譜 4作品

  • 2012.03.03 Saturday
  • 21:07
★CRISS CROSS 新譜 4作品

DAYNA STEPHENS QUARTET ディナ・ステフェンズ / TODAY IS TOMORROW
男性的なトーンが魅力のテナー・サックス奏者による2作目

JOE SANDERS ジョー・サンダース / INTRODUCING JOE SANDERS
実力派ベーシストが満を持して発表したデビュー作

YOSVANY TERRY ヨスヴァニー・テリー / TODAY'S OPINION
ニューヨーク・ラテン・ジャズ・シーンで注目されるサックス奏者による意欲作

ULYSSES OWENS JR. / UNANIMOUS
話題沸騰の若手ドラマーによる入魂のポスト・ハード・バップ作品




▼CRISS CROSSの人気近作▼
JOE COHN ジョー・コーン / FUEGO
オーソドックスなプレイでギター・ファンを楽しませてくれる
MIKE MORENO マイク・モレノ / FIRST IN MIND
繊細でビタースウィートな、翳りと潤いある現代抒情派ギター
DAVID BINNEY デヴィッド・ビンニー / BAREFOOTED TOWN
クール・ダークなコンポジションと精悍エネルギッシュなソロ合戦の融合
REEDS AND DEEDS リーズ・アンド・ディーズ / TENOR TIME
互いを良く知り得たもの同士ならではの機知に富んだ演奏

★ユニークでエネルギッシュな現代ジャズ CD Le Boeuf Brothers / In Praise Of Shadows

  • 2012.01.22 Sunday
  • 05:44
★ユニークでエネルギッシュな現代ジャズ CD Le Boeuf Brothers / In Praise Of Shadows

Boeuf Brothers / In Praise Of Shadows



最近のニューヨーク・ジャズ・シーンで注目を集める双子のジャズミュージシャンが主体となった、創造性溢れたエネルギッシュな1枚。アンビエント的な音処理を加えながらも、展開されるのはダウンタウンの息吹をそのまま詰め込んだようなパンチの効いた、正に現代ジャズ!伝統的なジャズのイディオムを主体に据えながらも、インディー・ロックからの影響もふんだんに盛り込み、Radiohead、Kurt Rosenwinkel、Herbie Hancockらの要素も取り入れた新機軸。ユニークでカッコいいジャズに魅了される約50分。推薦盤!(新譜案内より)

1. Fire Dancing Dreams
2. Everything You Love
3. Two Worlds
4. D2D *
5. Calgary Clouds
6. Circles
7. We Thought They Were Planets... **
8. Red Velvet
9. The Last TIme You Were Happy
10. For Every Kiss
11.In Praise Of Shadows *

Remy Le Boeuf(as/b-cl/ts)
Pascal Le Boeuf(p/leyb)
Mike Ruby(ts)
Linda Oh(b)
Henry Cole(ds)
Nir Felder(g *)
Adria Le Boeuf(Ambient Vocal**)



▼NINETEEN-EIGHT (19/8)のオススメ盤▼
Tim Collins Quartet ティム・コリンズ / Castles and Hipptops
WILL VINSON ウィル・ヴィンソン / THE WORLD (THROUGH MY SHOES)
ORLANDO LE FLEMING / FROM BROOKLYN WITH LOVE
KERMIT DRISCOLL カーミット・ドリスコール / Reveille


PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

CATFISH RECORDS TWITTER

★THINK! 昭和JAZZシリーズ! 好評です!!

好評の THINK! 昭和JAZZシリーズ! RAREな昭和の和ジャズディスクを復刻! 初CD化も有ります。お見逃しなく!!

★BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。
Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。


selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM