★新装再発! MARIA SCHNEIDER マリア・シュナイダー / Concert In The Garden

  • 2012.05.11 Friday
  • 15:10
★新装再発! MARIA SCHNEIDER マリア・シュナイダー / Concert In The Garden

MARIA SCHNEIDER マリア・シュナイダー / Concert In The Garden



マリア・シュナイダーのライヴ盤がジャケットの装いも新たに新装再発! 豪華メンバーを多数迎えたオーケストラによる2001年、2003年、2004年のライヴ音源全5曲。ヨーロッパ音楽や南米音楽を思わせる美旋律とセンチメンタルな要素が、ジャズのリズムやハーモニーとクロスオーバー、マリア・シュナイダーらしい女性的な雰囲気も素敵、楽曲、演奏への細かい配慮も行き届いた、何とも美しいコンテンポラリー・ミュージック。(新譜案内より)

1. Concert in the Garden (11:57)
2. Three Romances Part 1: Choro Dancado (9:46)
3. Part 2: Pas De Deux (9:02)
4. Part 3: Danca Ilusoria (9:06)
5. Buleria, Solea, y Rumba (18:24)

Maria Schneider(conductor)
Tim Reis(as/ss/cl/fl)
Charles Pillow(as/ss/cl/fl/oboe/English horn)
Rich Perry(ts/fl)
Donny McCaslin(ts/ss/cl/fl)
Scott Robinson(bs/fl/cl/b-cl)
Tony Kadleck(tp/flh)
Greg Gisbert(tp/flh)
Laurie Frink(tp/flh)
Ingrid Jensen(tp/flh)
Keith O’Quinn(tb)
Rock Ciaccarone(tb)
Larry Farrell(tb)
George Flynn(b-tb)
Ben Monder(g)
Frank Kimbrough(p)
Jay Anderson(b)
Clarence Penn(ds)
Jeff Ballard(cajon / quinto cajon on “Buleria, Soleo, y Rumba” (right channel))
Gonzalo Grau(cajon on “Buleria, Soleo, y Rumba” (left channel))
Gary Versace(accordion on “Concert in the Garden”)
Luciana Souza(voc on “Concert in the Garden” and “Buleria, Soleo, y Rumba” / voc and pandeiro on “Choro Dancado”)
Pete McGuinness(tb on “Pas de Deux” and “Danca Ilusoria”)
Andy Middleton(ts on “Pas de Deux” and “Danca Ilusoria”)


▼以前のジャケットデザインです▼





★2枚組CD Crombie Murdoch/JAZZ CONCERT-Auckland Town Hall 1950

  • 2012.04.03 Tuesday
  • 15:02

★2枚組CD Crombie Murdoch/JAZZ CONCERT-Auckland Town Hall 1950

ODE RECORDS ★NEW ZEALAND HERITAGE SERIES 第1弾
Crombie Murdoch/JAZZ CONCERT-Auckland Town Hall 1950


ニュージーランドの人気ピアニストクロンビー・マードック率いるビッグバンドの1950年、AUCKLAND TOWN HALLでのコンサートの模様を2枚組CDに収めた作品の登場! ジャズの馴染みの人気曲群を時代の雰囲気を持って、よりリアルに響かせています。 NEW ZEALAND JAZZ HERITAGE SERIESの第一弾としての登場ですので、これを皮切りにニュージーランドのジャズ・アーカイブが次々とベールを脱いでいく予感が、、。

※音源は2012年にSteve McGough氏によりデジタルリマスター化されています。

◎DISC 1
1. Baby You Can Count On Me
2. Don't Blame Me
3. September Song
4. I Can't Get Started
5. How High The Moon
6. Sweet Sue
7. Oh, Lady Be Good
8. Swingin' The Blues
9. Lover
10. Somebody Loves Me
11. (You Came Along From ) Out Of Nowhere

◎DISC 2
1. Messin' Around
2. Perdido
3. Dedicated To You
4. Boogie Blues
5. Caravan
6. One, Two, Button Your Shoe
7. Sweet Georgia Brown
8. The World Is Waiting For The Sunrise
9. I Know That You Know
10. I Got Rhythm

■メンバー:
Crombie Murdoch - Piano
George Cambell - Bass
Denny O’Brien - Drums
Dick Hobday - Rhythm Guitar
Mark Kahi - Solo Guitar
Julian Lee - Alto Sax
Colin Martin - Tenor Sax
Dale Alderton - Trombone
Murray Tanner - Trumpet
Hughie Gordon - Tin Whistle
Thompson Yandall - Guitar (with Tin Whistle)
Marvis Rivers - Vocals

■録音:
1st AUCKLAND JAZZ CONCERT-7th AUGUST 1950
8pm Concert Chamber - Auckland Town Hall
Recorded by a landline feed to Noel Peach’s Astor
Recording Studio in Shortland Street
※Digital remastered by Steve McGough in April 2012

★明快な旨口ソロと大パノラマ音響設計で魅せる劇的コール・ポーター集 BOHUSLAN BIG BAND ボーヒュースレン・ビッグ・バンド / DON'T FENCE ME IN

  • 2011.09.26 Monday
  • 20:23
★明快な旨口ソロと大パノラマ音響設計で魅せる劇的コール・ポーター集 BOHUSLAN BIG BAND ボーヒュースレン・ビッグ・バンド / DON'T FENCE ME IN

北欧を代表するビッグバンドの
壮快旨口演奏

BOHUSLAN BIG BAND ボーヒュースレン・ビッグ・バンド / DON'T FENCE ME IN

コンポーザー型のインストゥルメンタリストや歌手、グループらとのコラボレーションによる独創的なコンポジション演奏に真価を発揮して、国際的にも高い評価を得てきた、ウデバラ市に本拠を置くスウェーデンの最有力ジャズ楽団の一つ:ボーヒュースレン・ビッグ・バンドの、今回は、Mask Orchestraで鳴らした英国の才人:コリン・タウンズをアレンジャー&ディレクターに、個性派オールラウンダーのニルス・ラングレンをスペシャル・ソロイストに招聘しての、コール・ポーター名曲集。色彩鮮烈で立体的・重層的なスケール感満点のアンサンブル鳴動、その、各楽器セクションが縦横にクロスし合うような、大編成ならではの構造を活かしきった広がり〜奥行き深遠なトータル音響絵図の描き込み具合、も得難い魅力を成しながら、大方は、ラングレンのトロンボーン&ヴォーカルを花形主役とした結構ストレート・エンターテイニングな活劇風の明朗熱演!、でスッキリと楽しませる壮快旨口内容。細部に至るグループ・サウンドの造形デザインには、周到で多彩な新味ある意匠の数々がキッチリ凝らされて、カラフルな意表的スリルが演出され続けつつ、大枠はごくストレートアヘッドなコンテンポラリー・ハード・バップの正統スタイルで、名曲群をメロディック・スインギーに活奏しきる、という、現代抒情派の王道然としたハートフル&グルーヴィーな娯楽世界が力強く打ち樹てられており、大いに沸かせる。ラングレンの、おぼろで温かなスモーキー感を宿した、そして、まろやかスムースさと微妙な小突起が交錯する風な、何とも味わい深いファンキー・トロンボーン吹奏、並びに、ナイーヴでどこか飄々とした気さくっぽいキャラの優しげヴォーカル、がゴキゲンに映え渡る他、ホンカー・ライクな勇み肌アルトや、ただならぬ気迫の熱血アグレッシヴ・テナーなど、楽団メンバーの気合爆発!な豪快燃焼ぶりも超濃厚に奮っている。

1. From This Moment On
2. Too Darn Hot
3. What Is This Thing Called Love
4. I Love Paris
5. Begin The Beguine
6. Love For Sale
7. Prelude To Miss Otis Regrets
8. Miss Otis Regrets
9. Don't Fence Me In
10. I've Got You Under My Skin
11. I Get A Kick Out Of You
12. Every Time We Say Goodbye

Colin Towns(arr,dir)
Nils Landgren(tb,vo)

Bohuslan Big Band:
Lennart Grahn(tp,flh)
Samuel Olsson(tp,flh)
Staffan Svensson(tp,flh)
Jan Eliasson(tp,flh)
Magnus Svedberg(tb)
Christer Olofsson(tb)
Karin Hammar(tb)
Niclas Rydh(btb)
Johan Borgstrom(as,ss,fl)
Joakim Rolandson(as,ss,bcl,fl)
Ove Ingemarsson(ts,cl)
Mikael Karlsson(ts,fl,afl)
Alberto Pinton(bs,bcl,cl,fl)
Tommy Kotter(p)
Yasuhito Mori(b)
Goran Kroon(ds)
Ebba Westerberg(per)
2010年5月26-28日スウェーデン-イェテボリのNilento Studio録音

▼旧譜もオススメ▼
JAQEE & BOHUSLAN BIG BAND / LETTER TO BILLIE

ヴォーカルとビッグ・バンドのさりげなく高密度な軽快コラボ!! 今作は、黒人女性歌手:Jaqee(ウガンダ出身)をフィーチュアしての、ビリー・ホリデイ愛唱曲集。ちょっとレトロで黒っぽい吟醸風情も適宜強調された、ムードたっぷりのダイナミックなアンサンブル轟鳴に乗って、Jaqeeの、スッキリ清澄な風合い=クリーンさの中に鋭い渋味をまぶし込んだ感のある、トーン高めのしなやかな美声での、滑りよくも何げに抑揚豊かな、輪郭にブレのない洒落た旨口歌唱が、一本芯の通った堂々たる映えを見せた充実内容。

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

CATFISH RECORDS TWITTER

★THINK! 昭和JAZZシリーズ! 好評です!!

好評の THINK! 昭和JAZZシリーズ! RAREな昭和の和ジャズディスクを復刻! 初CD化も有ります。お見逃しなく!!

★BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。
Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。


selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM