スポンサーサイト

  • 2018.07.17 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ★ファンキー・オルガン・ジャズサウンド JARED GOLD ジャレド・ゴールド / Intuition

    • 2013.03.09 Saturday
    • 16:18
    ★ファンキー・オルガン・ジャズサウンド JARED GOLD ジャレド・ゴールド / Intuition

    JARED GOLD ジャレド・ゴールド / Intuition


    Posi-Toneレーベルでもお馴染みになったオルガニストによる第6作目。ギターとドラムとのトリオによるコラボレーションにより、昔ながらのファンキー・オルガン・ジャズサウンドが楽しめる1枚。オリジナル曲とソウルフルなカバー曲を交えて構成された選曲。想像力と興味が掻き立てられるように、力強く燃え上がる白熱した展開が魅力です。(新譜案内より)

    1. Will You Love Me Tomorrow?(Goffin/King)4:43
    2. The Crusher(Gold)5:03
    3. Pro Zeca(Brasil)5:27
    4. Hoopin' On Sundays(Gold)5:24
    5. You've Got A Friend(King)5:20
    6. Shadowboxing(Stryker)5:05
    7. Right Nowish(Gold)4:30
    8. As It Were(Gold)5:41
    9. Bedo's Blues(Stryker)6:29

    Jared Gold (org)
    Dave Stryker (g)
    McClenty Hunter(ds)

    ▼POSITONEの御注文承ります▼
    http://www.catfish-records.jp/product-group/740

    ★トランペット・プレイも1曲披露 JOEY DEFRANCESCO / WONDERFUL! WONDERFUL!

    • 2012.07.14 Saturday
    • 00:41
    ★トランペット・プレイも1曲披露 JOEY DEFRANCESCO / WONDERFUL! WONDERFUL!

    JOEY DEFRANCESCO ジョーイ・デフランシスコ / WONDERFUL! WONDERFUL!


    ラリー・コリエルにジミー・コブというベテランを得てジョーイ・デフランセスコが吹き込んだオルガン・ジャズの快作。ソウルフルな部分もあるが、それ以上にスインギーなパフォーマンスに脱帽させられる。ジョーイのオルガン・ジャズはひたすら軽快だ。ノリのよさに加えて巨体から繰り出されるグルーブ感。手先の器用さだけでなく、体全体で披露してみせる演奏に迫力が感じられる。そして(7)ではマイルス譲りのトランペット・プレイも味わえる。
    【聴きどころ】track(7)「Old Folks」もともとトランペットで注目を集めた彼の実力が堪能できる(jazzyellより)

    1.Wonderful! Wonderful!
    2.Five Spot After Dark
    3.Wagon Wheels
    4.Solitude
    5.Joey D
    6.Love Letters
    7.Old Folks
    8.JLJ Blues

    Joey Defrancesco(org,tp),
    Larry Coryell(g),
    Jimmy Cobb(ds)
    Recorded by Rudy Van Gelder at Van Gelder Recording Studio, Englewood Cliffs, NJ On March 22, 2012

    ▼HIGH NOTEの御注文承ります▼
    http://www.catfish-records.jp/product-group/35

    ★ノルウェイの若手オルガントリオとシーマス・ブレイクとの共演! CD SOLID & SEAMUS BLAKE / VISITOR

    • 2011.10.17 Monday
    • 06:48
    ★ノルウェイの若手オルガントリオとシーマス・ブレイクとの共演! CD SOLID & SEAMUS BLAKE / VISITOR

    SOLID & SEAMUS BLAKE / VISITOR



    Solid!はギター、オルガン、ドラムというトラディショナルなスタイルに富みながら、インタープレイ、即興、自作曲により新しい領域へ踏み込む、3人の若手ミュージシャンからなるノルウェイ屈指のオルガントリオであり、Jazz Forum と Norwegian Concert Instituteによる2002年度の「Young Jazzmusicians of the year」やスペインのGetxo International Jazz Contest での受賞歴も持つ、実力派。60年代のアメリカのジャズに根ざしながらも、ルーツであるヨーロッパのフレイバーも併せ持ち、結果、ハードスイングジャズから開放的、かつ繊細なニュアンスをもつ音楽まで演奏する幅の広さを持ち合わせるという、現代のオルガントリオならではの個性を感じさせてくれます。
    そのSolid!と今や注目度満点の脂ののったts奏者シーマス・ブレイクの共演盤が登場というのですから、ますます注目度アップの作品といえるでしょう。

    1. INSERT WITTY TITLE
    2. MOVING ON
    3. WEEKS ON END
    4. WRITER'S BLOCK
    5. RULES OF ETIQUETTE
    6. CHASING FANSHAWE
    7. FRESH FRUIT
    8. HERE WE GO
    SOLID!:
    Bjorn Solli (guitar),
    Håkon Mjåset Johansen (drums)
    Daniel Formo (organ)

    feat.Seamus Blake (ts)

    All compositions by Bjorn Vidar Solli except #2 by Lyder S.Janoy,#3 by Daniel Formo and #8 by Jon Brion
    Recorded by Jan Erik Kongshaug and Peer Espen Ursfjord at Rainbow Studio,Oso,on th 14th of march 2010
    Mixed by Daniel Formo and bjorn Vidar Solli at Tyholt and mastered by Morten Stendahl at Redroom Studios,Trondheim.

    ★ヴァン・ゲルダー録音 CD ROB MOSTERT Organ Trio / Englewood Cliffs Sessions

    • 2011.09.14 Wednesday
    • 04:41

    ★ヴァン・ゲルダー録音 CD ROB MOSTERT Organ Trio / Englewood Cliffs Sessions

    ROB MOSTERT Organ Trio / Englewood Cliffs Sessions



    オランダの実力派ハモンド・プレイヤーとして第一線で活躍中のROB MOSTERTのニュー・ジャージー、ヴァン・ゲルダースタジオで吹き込まれたBNフレーバー漂う作品。

    「このセッションはただならぬものだよ。なぜって。演奏者はオランダからやってきたんだけれど、彼らの音楽はブルーノートの伝統を守るアメリカ、ニュージャージーのこのスタジオから私の手により、放たれるんだ。Rob Mostertはその録音の中に自らの個性を封じ込め、結果、新鮮でとてもエクサイティングなアルバムに仕上がった。」Rudy Van Gelder -Englewood Cliffs, NJ.

    1 THE D.O.G. (DUTCH ORGAN GOSPEL)
    2 KILLER BEE
    3 ORGANIC MOVES
    4 ALL I NEED
    5 HEY JOP
    6 SONG FOR MY DADDY
    7 SALES CALL
    8 GROOVE CONTROL
    9 YOU SEXY THANG
    10 SUMMERTIME
    11 BLACK COFFEE
    12 J’S BLUES (SONG FOR JULIAN)
    13 BONUS TRACK: BACK AT THE CHICKEN SHACK

    Rob Mostert - Hammond C3
    Tom Klein - Guitar
    Chris Strik - Drums
    Recorded By Rudy Van Gelder at New Jersey


    ★巨体が繰り出す豪快なオルガン・プレイ JOEY DEFRANCESCO ジョーイ・デフランシスコ / 40

    • 2011.09.14 Wednesday
    • 02:48
    ★巨体が繰り出す豪快なオルガン・プレイ JOEY DEFRANCESCO ジョーイ・デフランシスコ / 40

    JOEY DEFRANCESCO ジョーイ・デフランシスコ / 40



    オルガン・プレイに専念するにつれ、体格の重量度も増し、いまやヘヴィー級オルガニストになったジョーイ・デフランシスコ。たくましい体躯から繰り出されるソウルフルで密度の濃いパフォーマンスは力強く爽快です。

    1.Donny's Tune
    2.Ashley Blue
    3.Gloria
    4.100 Ways
    5.I Got A Woman
    6.V & G
    7.Life Is Good
    8.Bluz 'N' 3
    9.Caruso

    Joey DeFrancesco (hammond org,numa org),
    Ramon Banda (ds,per),
    Rick Zunigar (g)
    Recorded at Hunnicutt Recording Studio in Phoenix, AZ on June 1&2, 2011

    ▼HIGHNOTEの作品▼ 御注文承ります
    http://www.catfish-records.jp/product-group/35

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    CATFISH RECORDS TWITTER

    ★THINK! 昭和JAZZシリーズ! 好評です!!

    好評の THINK! 昭和JAZZシリーズ! RAREな昭和の和ジャズディスクを復刻! 初CD化も有ります。お見逃しなく!!

    ★BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

    ↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

     

     

    ★下記プラットフォームに対応しております。
    Chrome Firefox Android iOS

    ※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。


    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM