★レイジー・スモーキーに渋く翳ったビタースウィート風味の吟醸トロンボーン♪ RYAN KEBERLE + CATHARSIS / MUSIC IS EMOTION

  • 2013.03.20 Wednesday
  • 18:37
★レイジー・スモーキーに渋く翳ったビタースウィート風味の吟醸トロンボーン♪ RYAN KEBERLE + CATHARSIS / MUSIC IS EMOTION

RYAN KEBERLE + CATHARSIS / MUSIC IS EMOTION


10数年来NYシーンで活動し、マリア・シュナイダー・オーケストラやウィントン・マルサリスのグループなど、数々の一流バンドで腕を揮ってきたトロンボーンの逸材:Ryan Keberle(ワシントン州Spokane生まれ)の、第3作=レギュラーで率いているトランペット入りのピアノレス・カルテット:Catharsisによる一編。2曲にサックスが客演。ソフトな温もり感とシャープなキレが渾然一体化した2ブラス・アンサンブルもおいしく際立ちながら、ウォーム&スモーキーな風合いを呈したトロンボーンの、渋〜い陰影味と旨口のファンキー・ソウルを絶妙に融け合わせた、おぼろに唸り鳴くようなビタースウィートなメロディック・プレイが、スッキリとサバけた、それでいて含蓄深い魅力を軽やかに放った好投内容。硬派で凛々しくも歌心溢れる、全き正攻法の現代ハード・バップ快演が落ち着いた調子で小気味よく紡がれてゆき、2管のアンサンブル・ワークには多種多様な趣向が凝らされて中々カラフル&フレッシュに楽しませてくれつつ、ソロ・パートではちょっとけだるくシブい、くすんだようなレイジー・グルーヴィーな燻し銀的盛り上がりをじっくり満喫させてくれる。Keberleの、力は八分目で一音一音を端正に吹き鳴らしながら、流麗滑脱な吟醸的フレーズをスラスラと軽妙に綴り上げて見せるその、柔和で温か、かつ、デカダンに曇り翳った独特のダーク・ソウルフルな語り口が、サビの利いた小粋で何とも味わい深い魅力をどこかしら飄々と湛えており、一方ロドリゲス(tp)の、抑制を利かせつつ背筋はピンと伸びたストレートアヘッドなハード・バッパーぶりも、好対照に凛然げな個性を浮かび上がらせてナイス。

1. Big Kick Blues
2.
Need Some Time
3. Carbon Neutral
4. Nowhere To Go, Nothing To See
5. Julia
6.
Blues In Orbit
7. Key Adjustment
8. The Show Must Go On
9. Djohariah
10. Blueport

Ryan Keberle(tb)
Mike Rodriguez(tp)
Jorge Roeder(b)
Eric Doob(ds)
Scott Robinson(sax on 6,10)

2012年7月NYブルックリンのSystems Two Recording Studio録音

レーベル:Alternate Side

Ryan Kerberleのサイト内の試聴ページへ

▼御注文承り中▼
RYAN KEBERLE / RYAN KEBERLE DOUBLE QUARTET



★オススメ トロンボーン 3作品

  • 2013.02.23 Saturday
  • 05:55
★オススメ トロンボーン 3作品

マリア・ナイダー・オーケストラのメンバーでもあるマーシャル・ギルケス。
そして、最近、注目を浴びているRyan Keberle。
NYジャズ・トロンボーン界で人気の2者による作品のご紹介です。

人気NYジャズ・トロンボニスト CD MARSHALL GILKES マーシャル・ギルケス / SOUND STORIES


マリア・シュナイダー・オーケストラのメンバーでもある、マーシャル・ギルケス。ダニー・マッキャスリンとの2管フロントで美しいアレンジと熱情的演奏を披露。オーケストラで磨かれた音楽センスを遺憾なく発揮したコンボでの2012年録音盤です。洗練されたトロンボーン演奏と卓越したアンサンブルワークにご注目下さい。




MARSHALL GILKES マーシャル・ギルケス / Edenderry


マリア・シュナイダー・オーケストラのメンバーでもある、マーシャル・ギルケス。こちらはソロをふんだんに盛り込んだ2004年カルテット作品。マット・クロージー、ジョナサン・ブレイクのリズム隊の良きサポートを得、上質なトロンボーン演奏がさえ渡ります。美しい音色でスロウから早いパッセージまで、豊かな発想のコンポジションをブロウするギルケスの清々しい初期作品です。




RYAN KEBERLE / RYAN KEBERLE DOUBLE QUARTET


米国のジャズ各誌から絶賛、高評価を得た2007年作品。RYAN KEBERLEのみならず、NYのもう一人の人気ジャズトロンボニストMarshall Gilkesもフィーチャー。腕達者達による、ソロ、アンサンブルの数々にすっかり酔わされてしまう作品です。トロンボーン独特の温かみのあるサウンドを十分生かしながら構築されるアレンジの妙、美しいアンサンブル、メロディを生かした抒情的演奏が作品を通して伝わってきます。ここで聴く、力強さも秘めたRYAN KEBERLEのトロンボーン・サウンドは本当に魅力的です。

こちらで試聴出来ます

★寺島靖国氏選曲 トロンボーン・コンピレーション遂に登場。

  • 2012.06.04 Monday
  • 04:40
★寺島靖国氏選曲 トロンボーン・コンピレーション遂に登場。

いい曲を探す旅はまだまだ続く!世界でも稀に見る企画、トロンボーン・コンピレーション遂に登場。

※ジャケット写真は変更となる場合がございます。

2012年07月25日発売予定
V.A.(寺島靖国) / FOR TROMBONE FANS ONLY フォア・トロンボーン・ファンズ・オンリー

昨年めでたく11年連続リリースを達成した"キング・オブ・ジャズ・コンピレーション" JAZZ BARシリーズ、そして5年目に突入した"音の良いCD"を集めたFOR JAZZ AUDIO FANS ONLYシリーズと寺島氏の勢いは止まることを知りませんが、新しいことへのチャレンジも忘れません。次なるテーマは、愛する楽器トロンボーン!!比較的新しい音源を集めた前述2作に比べ、1950年代の音源から最新のものまで幅広く選曲。寺島レコードより復刻リリースしたJ.P. Torres"Pepper Trombone"より究極の哀愁ラテン"Rumba Del Caion"をはじめ、寺島氏のコンピレーションでは珍しく(?)パーカッションとの掛け合いが気持ち良いVincent Nilsson"Get On Board Little Children"など、バラエティに富んだ一枚。(メーカーインフォより)

■収録曲(曲順未定 )
・Blues in 3/4 - BJORN SAMUELSSON
・PERSSON ALLY - ULF JOHANSSON WERRE
・JUST A CLOSER WALK WITH THEE - GUNHILD CARLING
・CRY ME A RIVER - RATH PACK
・GET ON BOARD, LITTLE CHILDREN - VINCENT NILSSON
・BESAME MUCHO - AKE PERSON
・ST. LOUIS BLUES - 池田雅明(寺島レコード未発表音源)
・Tres Parablas - 松尾明トリオ feat. 西田幹
・RUMBA DEL CAION - J.P. TORRES
・Sentimental Journey - NILS LANDGREN
・Alone Together - 佐藤春樹HORN'S SLIDER

■解説:寺島靖国
■セミダブル紙ジャケット(コーティング仕様)

▼寺島レコードのご注文承ります▼
http://www.catfish-records.jp/product-group/476

★寺島靖国氏も絶賛。 300枚限定再発!CD CRAZY ENERGY JAZZ QUARTET / CRAZY ENERGY JAZZ QUARTET

  • 2011.09.03 Saturday
  • 05:22

★寺島靖国氏も絶賛。 300枚限定再発!CD CRAZY ENERGY JAZZ QUARTET / CRAZY ENERGY JAZZ QUARTET

トロンボーン・ジャズへ人一倍愛情を注ぐ寺島靖国氏が、発売当時絶賛した決定盤の復刻!
今や完全な廃盤状態となってしまった名盤の限定復刻です!

CRAZY ENERGY JAZZ QUARTET / CRAZY ENERGY JAZZ QUARTET



2003年発売当時、寺島靖国氏が絶賛、アルバム収録曲である「La Zorra」が『Jazz Bar 2003』(DIW)のオープニングを飾り、さらなる話題を呼んだものでした。8年の歳月を経て、300枚限定の復刻です。ノルウェーの実力派ドラマーErik Smithの見事なドラミングに支えられたメリハリのあるピアノ・トリオ演奏に乗っかって、味のあるトロンボーンが歌う、トロンボーン・カルテットの傑作!いくら時代が過ぎても内容の濃い演奏の方は色褪せることはありません。(新譜案内より)

1. I Love You (Porter)
2. All The Things You Are (Kern)
3. Billie's Bounce (Parker)
4. My Foolish Heart (Young)
5. Bluesette (Thielemans)
6. La Zorra (Watrous)
7. There Is No Greater Love (Jones)
8. In A Sentimental Mood (Ellington)
9. Yardbird Suite (Parker)
10. Confirmation (Parker)
11. Oleo (Rollins)

Erik Smith (ds)
Torge Railo (p)
Frode Berg (ds)
Jens Wendelboe (tb)

▼話題のトロンボーン作品▼
志賀 聡美 / MY WAY MY CONCEPTION
JAY ASHBY, STEVE DAVIS ジェイ・アシュビー、 スティーヴ・デイヴィス / MISTAKEN IDENTITY
MICHAEL DEASE / GRACE
STEVE DAVIS / ELOQUENCE


★数少ない女流プロトロンボーンプレイヤー! CD 志賀聡美 しがさとみ / My way My conception

  • 2011.06.23 Thursday
  • 18:50
★数少ない女流プロトロンボーンプレイヤー! 志賀聡美の作品!

志賀聡美 しがさとみ / My way My conception

01. My Conception / Sonny Clark
02. Indiana〜Donna Lee / James F. Hanley〜Charlie Parker
03. Sunflower / Henry Mancini
04. Favela / C Jobim
05. Early Autumn / Ralph Burns
06. Speak Low / Kurt Weil
07. Skating in Central Park / John Lewis
08. Lullaby of Takeda / Traditional
09. Tanka Tanka / Unknown
10. 夜草曲〜nocturne / Satomi Shiga

All Songs Arranged by Satomi Shiga




東京都生まれで東京都立藝術高等学校音楽科を卒業、東京芸大のトロンボーン科を卒業している。卒業後、フリー・トロンボーンプレイヤーとして活動してきた。
話題になった『100人のトロンボーン・コンサート』に数少ない女流プロトロンボーンプレイヤーとして選ばれ、ロイド・エリオット、ジョージ・ロバーツと共演し4年後、同じホールで第2回の同プログラムにも出演している。そして出演者代表のひとりとしてソロ演奏も行った。その間、多くのトッププレイヤーと共演してきた。
ビッグバンドにも参加してプレイしてきたほか多数のステージ、録音に参加してきた。また、自己のグループでは独自のサウンドを追求し、ヨーロッパの民謡、ジプシー的なカラーなどをジャズにとりいれたNew Age的なサウンドを生かすべく独自の個性的な作曲や編曲を用い、さまざまな編成や形態のユニットで、トロンボーンやジャズの可能性を模索している。 (岩波洋三 / ライナーノーツより)

志賀聡美 - Trombone 
田中さとこ - Piano&Pianica
箭島 裕治 - E- Bass
国場 幸孝 - Drums



PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

CATFISH RECORDS TWITTER

★THINK! 昭和JAZZシリーズ! 好評です!!

好評の THINK! 昭和JAZZシリーズ! RAREな昭和の和ジャズディスクを復刻! 初CD化も有ります。お見逃しなく!!

★BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。
Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。


selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM