【入荷しました】★米POSI TONE新譜 Josh Lawrence ジョシュ・ローレンス / Color Theory

  • 2017.02.20 Monday
  • 18:19

【入荷しました】★【米POSI TONE新譜】CD Josh Lawrence ジョシュ・ローレンス / Color Theory
 

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。

Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。

 

【米POSI TONE新譜】
CD Josh Lawrence ジョシュ・ローレンス / Color Theory



FRESH CUT ORCHESTRAのリーダーでもある新進気鋭のトランペッター、ジョシュ・ローレンス。POSITONEからのニューリリースはCaleb Curtis (alto saxophone & flute)との2管を中心に、ストレートでタフなアンサンブル及びソロが行き交うハード・ドライビングな演奏を収めている。オリン・エバンス(p)の参加も見逃せない。

1. Yellow 1:03
2. Presence 5:19
3. The Ripoff 5:33
4. RED! 5:18
5. The Conceptualizer 5:27
6. Green 5:19
7. Black 7:06
8. An Uptown Romance 4:31
9. Purple (4 Prince) 7:45
10. Blue 5:33
11. On The Yangtze 4:31

Josh Lawrence - trumpet & Flugelhorn
Caleb Curtis - alto saxophone & flute
Brent White trombone 11
Orrin Evans - piano 2, 4, 5, 7, & 9
Adam Faulk - Rhodes 1, 3, 6, 8, 9, 10, & 11
Madison Rast - bass
Anwar Marshall - drums

こちらで試聴できます。

 

【御予約承り中】★東欧スロヴァキア出身の名トランペッターの自主制作第2弾 CD Lukas Oravec Quartet feat Bob Mintzer / Ali

  • 2017.01.13 Friday
  • 18:41

【御予約承り中】★東欧スロヴァキア出身の名トランペッターの自主制作第2弾 CD Lukas Oravec Quartet feat Bob Mintzer / Ali
 

 

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。

Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。

 

★東欧スロヴァキア出身の名トランペッターの自主制作第2弾
CD Lukas Oravec Quartet feat Bob Mintzer / Ali


東欧スロヴァキア出身の名トランペッターの自主制作第2弾、
米のベテラン・サックス奏者Bob Mintzer を迎えた話題盤。第1作同様、バックにはKalman Olah Trio を配して聴かせるハードバピッシュな逸品! (新譜案内より)

1. Ali (Lukas Oravec)
2. Somewere Up There (Bob Mintzer)
3. Bunch of Gypsies (Tomas Baros)
4. Thadeus (Bob Mintzer)
5. Bebop Special (Bob Mintzer)
6. Always (Kalman Olah)

Bob Mintzer (USA) - saxophone
Lukas Oravec (SK) - trumpet, flugelhorn
Kalman Olah (HU) - piano
Tomas Baros (CZ) - doublebass
Marian Sevcik (SK) – drums

RECORDED AT STUDIO SVAROV BY LUKAS MARTINEK
ON OCTOBER 22ND 2015 (Czech Republic)

 

 

▼旧譜のご注文承ります▼

LUKAS ORAVEC QUARTET feat. Vincent Herring / Piotrology

ヴィンセント・ハリング参加の前作! ご注文承ります。


 

 

【入荷しました】★正統派ジャズの継承!! CD TERELL STAFFORD テレル・スタッフォード / FORGIVE AND FORGET

  • 2016.12.04 Sunday
  • 17:04

【入荷しました】★正統派ジャズの継承!! CD TERELL STAFFORD テレル・スタッフォード / FORGIVE AND FORGET
 

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。

Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。

 

マイナー・レーベルから正統派ジャズを継承するテレル・スタッフォード充実の作品!!
CD TERELL STAFFORD テレル・スタッフォード / FORGIVE AND FORGET


ウイントン・マルサリス以降、新世代期待のトランペッターの一人としてデビュー。リンカン・センター・オーケストラ、マッコイ・タイナー他、多くのミュージシャンと演奏、サポートされながら20年以上安定した演奏を続けている。内容は前作と同メンバーでモーダルな演奏を中心としたハード・バップだが、曲は全てレーベルのオーナーであるハーブ・ハリスによるものだ。80年代新伝承派と言われた時代の演奏にも似た雰囲気を感じる。 (新譜案内より)

1. No, No, No(That Ain't the Way It Go)
2. A Two-Per to Fill
3. Forgive and Forget
4. The Owl Express
5. The Tint Train
6. Please Rest My Soul
7. No, No, No(That Ain't the Way It Go) Take 2
8. The Owl Local( No Passengers!)
9. Some Many Second Chances

Terell Stafford(tp)
Tim Warfield(ts)
Kevin Hays(p)
Greg Williams(b)
Rodney Green(ds)
 

 

▼下記人気作品の御注文承ります▼

胸のすくような直球エンタテイメント志向の痛快!2管ハード・バップ!! 

CD TERELL STAFFORD テレル・スタッフォード / BROTHERLEE LOVE : CELEBRATING LEE MORGAN


 

ティム・ウォーフィールドやブルース・バースら馴染み連とのクインテットによる、リー・モーガンへのリスペクトが込められた一編。息の合ったタイトなアンサンブルがファンファーレの如く凛々しげに轟き渡り、これに続いて各人の、潔く腰の据わった真っ向勝負のソロ・プレイが、スリリング&エモーショナルに見せ場を競い合ってゆく、ひたすらスカッと昂揚できる実に爽やかな会心打内容。

 

【入荷しました】★ケニー・バロン、ラッセル・マローン参加 BILL MOBLEY / HITTIN' HOME

  • 2016.11.30 Wednesday
  • 22:42

【入荷しました】★ケニー・バロン、ラッセル・マローン参加 BILL MOBLEY / HITTIN' HOME
 

 

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。

Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。

 

ケニー・バロン、ラッセル・マローン参加
CD BILL MOBLEY / HITTIN' HOME



フランスSPACE TIME社は伝統を重んじながらも現代的な作風を取り入れ、良質ハードバップ演奏をパッケージ化し、リリースし続けています。過去にもこのレーベルからリリース作があるトランペッター、ビル・モブレー。今回は、重鎮、ケニー・バロンと安定した実力で定評のラッセル・マローンをフィーチャーし、水を得た魚の如く、落ち着きのある味わい深さと、クール、かつ勇壮なトランペット吹奏を思う存分、聴かせてくれます。

1. The Very Thought Of You
2. Walkin’
3. Hittin’ Home
4. My Romance
5. Jewel
6. Old Milestones
7. Lil’ Red
8. Apex
9. Peace
10. Scene On Seine
11. Waltzin’ Westward

Bill Mobley (tp/flh)
Kenny Barron (p #1,4)
Steve Nelson (vib #2,3,7,10,11)
Russell Malone (g #3,5,9)
Essiet Okon Essiet (b #2,3,5,7,9,10,11)
Phil Palombi(b #6,8)
Heather Bennett (p #7)
Clint Mobley (perc #10)
Kevin Norton (marimba #8)

■録音:
#1〜4: 2016年春ブルックリンにてスタジオ録音
#6,8: 2016年6月14日Phil Palombi 自宅スタジオにて録音
# その他: 2016年4月25日ニュー・ジャージーにてスタジオ録音

こちらで試聴できます。

 

【入荷しました】★High Noteで3年振りとなる最新作 CD Wallace Roney ウォレス・ルーニー / A Place in Time

  • 2016.11.30 Wednesday
  • 22:18

【入荷しました】★High Noteで3年振りとなる最新作 CD Wallace Roney ウォレス・ルーニー / A Place in Time
 

 

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。

Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。

 

High Noteで3年振りとなる最新作
ウォレス・ルーニーHigh Noteで3年振りとなる最新作
60年代マイルス・デイヴィスの黄金のクインテットによる
アコースティック・ジャズのスリルを継承
バラードの深みを増した注目作


CD Wallace Roney ウォレス・ルーニー / A Place in Time



★ 2013 年以来、High Note では3 年振りとなるウォレス・ルーニーの最新作品。

★最晩年のマイルス・デイヴィスのバンドでも演奏。“マイルスの再来”とも言われ、一世を風靡したことは、あまりにも有名な事実といえましょう。

★マイルスとウォレス・ルーニーの関係。それが意味するところは、賛否両論。若くして、マイルスの後を継ぐといわれるのは、やはり、あまりにも大きな負担だったといえます。しかし、55 歳になる今に至るまで、アコースティック一本で勝負してきたウォレス・ルーニーの音には、確かなスピリッツと、強さが確実にあります。

★メンバーは、若き日にはハンコック少女といわれ、クロス・オーバー/ ファンクの世界で絶大な人気を博す才女パトリース・ラッシェン、リズム・セクションには、60 年代70 年代のマイルス・デイヴィスを支えた、バスター・ウィリアムスとレニー・ホワイトと強力な布陣。パトリース・ラッシェンのペンによるナンバーは、60 年代の黄金のクインテットのハービー・ハンコックを彷彿とさせるラッシェンのピアノしかり、ドライヴするリズムの渦のなか、華麗なソロを繰り出すウォレス・ルーニーしかり、現代のアコースティック・ジャズ・シーンにおける頂点的な演奏といえるものがあります。

★しかし、同時に注目すべきは、バラードでの演奏。M7ではドビュッシーのナンバーをミュートで瑞々しく詩的に奏でるウォレス・ルーニーが・・。ラスト2 曲では、トランペットという楽器のロマンを十二分に感じさせてくれます。

★大先輩(15 歳年上)、やはりマイルス・デイヴィスのグループで活躍したゲイリー・バーツ、一方、Smalls 界隈で演奏する後輩ベン・ソロモンをゲストとして迎えているところも注目。55 歳を迎え、世代を繋ぐハブになりつつあるルーニーの姿も見えます。(新譜案内より)

1. Around and Through (P. Rushen) 6:47
2. Elegy (T. Williams) 7:46
3. Air Dancing (B. Williams) 6:24
4. Observance (W. Roney / B. Solomon) 4:13
5. Ardéche (B. Solomon) 7:28
6. L’s Bop (L. White) 6:26
7. Clair de lune (C. Debussy) 5:27
8. My Ship (K. Weill / I. Gershwin) 5:08

Wallace Roney (tp)
Patrice Rushen (p-except 4 & 8)
Gary Bartz (as-M3.5.6 & 7 only)
Ben Solomon (ts & ss except M8)
Buster Williams (b)
Lenny White(ds)

▼HIGHNOTEの御注文承ります▼

 

http://www.catfish-records.jp/product-group/35

【再入荷しました】人気盤★CD GIDON NUNES VAZ / TRIBUTE TO KD

  • 2016.11.27 Sunday
  • 23:55

【再入荷しました】人気盤★CD GIDON NUNES VAZ / TRIBUTE TO KD

 

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。

Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。

 

CD GIDON NUNES VAZ / TRIBUTE TO KD

 



★オランダのトランペッターGidon Nunes Vazのファースト・アルバム。アルトとの2管で。イキのいいハードバップを聴かせます、彼が敬愛するトランペッター、ケニー・ドーハムに捧げる力演。

1. Short Story 5:44
2. Escapade 6:16
3. My Ideal 4:42
4. Blues For KD 5:45
5. Lamesha 7:35
6. Windmill 6:30

GIDON NUNES VAZ (TRUMPET)
JESPER VAN DAMME (ALTO SAXOPHONE)
FLORIS KAPPEYJNE (PIANO)
TIJS KLAASSEN (BASS)
JEAN-CLAIR DE RUWE (DRUMS)

2015年6月8日 AMSTERDAM,NETHERLAND 録音

【御予約承り中】★ポーランドジャズ界の重鎮参加! CD Robert Majewski ロベルト・マイェフスキ / Tribute To Henryk Majewski

  • 2016.11.24 Thursday
  • 19:00

【御予約承り中】★ポーランドジャズ界の重鎮参加! CD Robert Majewski ロベルト・マイェフスキ / Tribute To Henryk Majewski
 

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。

Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。

 

ポーランドのトランペット奏者ロベルト・マイェフスキの新作
ポーランドジャズ界の重鎮参加!
CD Robert Majewski ロベルト・マイェフスキ / Tribute To Henryk Majewski


今回の新作は、80 歳になる自身の父ヘンリック・マイェフスキへのトリビュート作品。ヤン・プシタン・ウロブルスキ(ts)、ヘンルィク・ミシキェヴィチュ(as) 、アンジェイ・ヤゴジンスキ(p) 等ポーランドジャズ界の重鎮が参加したファン待望のハードバピッシュな逸品!豪華デジパック仕様でコレクション・アイテムとしても最適。(新譜案内より)

1. Poszukiwacze zaginionej frazy
2. U Michala
3. Kropelki
4. Alikot
5. Z poniedzialku na wtorek
6. Stompin' at the Savoy
7. Cheese Cake
8. Love song from Apache
9. I remember Clifford

Robert Majewski (tp,flh)
Jan “Ptaszyn” Wroblewski (ts)
Henryk Miskiewicz (as)
Andrzej Jagodzinski (p on #1-3)
Wojciech Majewski (p)
Czeslaw “Maly” Bartkowski (ds)
Adam Cegielski (b)


 

 

★ラテン・ジャズを題材に、持ち味の哀愁漂うビッグバンド DUSKO GOYKOVIC ダスコ・ゴイコヴィッチ ベオグラード・ビッグバンド / ”LATIN HAZE”

  • 2014.10.22 Wednesday
  • 15:32
★ラテン・ジャズを題材に、持ち味の哀愁漂うビッグバンド DUSKO GOYKOVIC ダスコ・ゴイコヴィッチ ベオグラード・ビッグバンド / ”LATIN HAZE”

2014年12月10日発売予定
DUSKO GOYKOVIC ダスコ・ゴイコヴィッチ ベオグラード・ビッグバンド / ”LATIN HAZE”


哀愁のトランぺッター、ダスコ・ゴイコヴィッチ最新作!ダスコの出身地、旧ユーゴスラヴィアのベオグラードで結成したダスコ・ゴイコヴィッチ・ベオグラード・ビッグバンドを率いた熱狂と興奮のビッグバンド作品!

これまでも何度かビッグバンド作品を発表してきた東欧の雄、ダスコ・ゴイコヴィッチ。最新作の本作ではダスコ初挑戦となるラテン・ジャズを題材に、持ち味の哀愁ぶりがラテン・ムードのビッグバンド・サウンドに乗り、よりブルーに響きわたる!伝播力が強く中毒性の高いラテン・サウンドを、派手で豪快なビッグバンドで奏でるダスコのアレンジもまた最高な2014年度最新作にして最重要作品!日本先行発売! (インフォより)

曲目等詳細は後程、更新致します。

★オルガンをバックにした現代的なハード・バップ JIM ROTONDI AND THE LOOP ジム・ロトンディ・アンド・ザ・ループ / HARD HITTIN' AT THE BIRD EYE

  • 2013.02.12 Tuesday
  • 17:39
★オルガンをバックにした現代的なハード・バップ JIM ROTONDI AND THE LOOP ジム・ロトンディ・アンド・ザ・ループ / HARD HITTIN' AT THE BIRD EYE

JIM ROTONDI AND THE LOOP / HARD HITTIN' AT THE BIRD EYE

エリック・アレキサンダーを迎えてジム・ロトンジが吹き込んだオルガン・ジャズ。2管フロントによるオルガン・カルテットとなれば思い出すのはラリー・ヤングがブルーノートで吹き込んだ『ユニティ』だろうか。この作品でもファンキーな響きは保ちつつ現代的なハード・バップが随所で味わえる。ロトンジのトランペットとフリューゲルホーンは小気味がいいほど張りと艶があり、それが音楽に深い奥行を与えていく。一方のアレキサンダーはリラックスしたときの醍醐味を存分に聴かせてくれる。【聴きどころ】(5)「Blue Moon」このバラードにロトンジの魅力が集約されている (jazzyellより)



▼ご注文承ります▼
JIM ROTONDI ジム・ロトンディ / THE PLEASURE DOME

どこまでもストレートアヘッドな正攻法のハード・バップ熱演!

JIM ROTONDI QUINTET ジム・ロトンディ / LIVE AT SMALLS

カラッとサバけた晴朗フレッシュな吟醸トランペット大活躍!

★究極のトリオ演奏 Avishai Cohen / Triveni

  • 2012.09.15 Saturday
  • 17:20
★究極のトリオ演奏 Avishai Cohen / Triveni

Avishai Cohen / Triveni


★一曲目から炸裂しまくり!鋭くも華麗で高らかなトランペットの音、三位一体となったインプロの絡み合い、例によって、自在にリズムや旋律を操りつつ、緩急も巧みに、バンドをグイグイに引っぱるオマーのベース、全てが出来過ぎなくらい、決まってます。この演奏、現代において、間違いなく、最高峰と言って間違いないでしょう。

★しかも、オリジナルに加えて、選ぶ曲も貫禄いっぱい。オーネットに、ドン・チェリー、ミンガス!いや、もちろん、選ぶだけなら誰でも出来ますが・・・、ハーモニーの規制から音楽を自由に解き放ち、ジャズ史の中でも、本質的に自在な演奏を描き上げた筆頭格の音楽家たちの曲を、現代において、肉迫して演奏できる人はなかなかいないもの。中には、ミュートを活かしてのしぶーいウイロー・ウィープ・フォー・ミーなんて曲も交え、ディジーのウッディン・ユーでビ・バップの粋も表現しつつ、正に、温故知新。伝統と現代性を兼ね備えた演奏、聴けば聴くほど唸らせられます。

★録音は2010年の12月“。Introducing Triveni”と同日録音にして、このクオリティ!もちろん出がらしなんてことがないのは言わずもがな。というか、これで本領発揮とも言えそう。纏まりがよいIntroducing・・に対して、こちらは、果敢なる挑戦が魅力! (新譜案内より)

1. Safety Land(Avishai Cohen)
2. B.R. Story(Avishai Cohen)
3. Nov. 30th(dedicated to my Mother)(Avishai Cohen)
4. Music News(Ornett Coleman)
5. Willow weep for me(Ann Ronell)
6. Woody’n You(Dizzy Gillespie)
7. Portrait(Charles Mingus)
8. Get Blue(Avishai Cohen)
9. Follow the Sound(Ornett Coleman)
10. Art Deco(Alternate take)(Don Cherry)

Avishai Cohen (tp)
Omer Avital (b)
Nasheet Waits (ds)

Avishai Cohen / Introducing Triveni





▼ANZIC レーベルのご注文承ります▼
http://www.catfish-records.jp/product-group/530

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

CATFISH RECORDS TWITTER

★THINK! 昭和JAZZシリーズ! 好評です!!

好評の THINK! 昭和JAZZシリーズ! RAREな昭和の和ジャズディスクを復刻! 初CD化も有ります。お見逃しなく!!

★BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。
Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。


selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM