★STUNT最新コンピCD付き特別仕様 完全数量限定CD! SCOTT HAMILTON スコット・ハミルトン / Swedish Ballads... & More

  • 2013.02.14 Thursday
  • 17:41
★STUNT最新コンピCD付き特別仕様 完全数量限定CD! SCOTT HAMILTON スコット・ハミルトン / Swedish Ballads... & More

SCOTT HAMILTON スコット・ハミルトン / Swedish Ballads... & More


◆アメリカの超重鎮、スコット・ハミルトンが再びStunt Recordsに登場! ハミルトンのスウェーデンに対する愛情と情熱は初訪問以来30年以上続いており、その間に多くの友人とファン、そしてスウェーデンの叙情を培っている。

◆豪華なリズム・セクションは、大ヒットとなったハミルトンのStunt1作目「ライヴ・アット・ネフェルティティ」に参加したヤン・ラングレン&クリスチャン・レス、2作目「スコット・ハミルトン・ミーツ・イェスパー・シロ」に参加したイェスパー・ルンゴーといった北欧の精鋭たち!

◆スタン・ゲッツによりジャズ・スタンダードとして世界に広まったスウェーデン民謡「ディア・オールド・ストックホルム」や、クインシー・ジョーンズ若き日の佳作「ストックホルム・スウィートニン」を始め、いずれも「スウェディッシュ・バラード」となる楽曲で構成。美しいメロディーと暖かな伴奏にスコット・ハミルトンの持ち味が増幅され、味わい深いバラードに、更なるコクが加わってゆく。(新譜案内より)

録音:2012年12月、STCスタジオ(コペンハーゲン)

▼ここに注目▼
◎スタントの魅力満載! 最新コンピレーション・アルバム付き限定盤!
◎コンピ盤は、全36P最新フルカラー・カタログ付き!

Dear Old Stockholm ディア・オールド・ストックホルム
Swing In F スウィング・イン・F
You Can't Be In Love With A Dreamユー・キャント・ビー・イン・ラヴ・ウィズ・ア・ドリーム
Trubbel トラブル
Stockholm Sweetnin' ストックホルム・スウィートニン
Min soldat マイ・ソルジャー
Blues ioktaver オクターヴ・ブルース

スコット・ハミルトン(ts)
ヤン・ラングレン(p)
イェスパー・ルンゴー(b)
クリスチャン・レス(ds)



▼ご注文承ります▼
SCOTT HAMILTON SCANDINAVIAN FIVE スコット・ハミルトン / LIVE AT NEFERTITI

明快気楽にしてチームワーク抜群の超充実リラックス・スウィンギン・セッション!!

SCOTT HAMILTON, JESPER THILO スコット・ハミルトン、イェスパー・シロ / SCOTT HAMILTON MEETS JESPER THILO

和気あいあいで旨味たっぷりな、歌いに歌う温厚人情派テナー・バトルの神髄


▼STUNTのご注文承ります▼
http://www.catfish-records.jp/product-group/37

★朗々とアツく豪快に歌いまくる超エキサイティングな直球ハード・バップ・セッション! HIROSHI MEETS RAYMOND / IT COULD HAPPEN TO YOU

  • 2013.01.16 Wednesday
  • 18:01
★朗々とアツく豪快に歌いまくる超エキサイティングな直球ハード・バップ・セッション! HIROSHI MEETS RAYMOND / IT COULD HAPPEN TO YOU

1月23日発売予定
HIROSHI MEETS RAYMOND / IT COULD HAPPEN TO YOU


ジョージ川口に師事し、菊地雅章、中牟礼貞則、高柳昌行、阿部薫らとのコラボ他、半世紀以上に渡り多方面で精力的に辣腕を揮ってきたベテラン・ドラマー:山崎比呂志(弘改め)(1940年東京生まれ)の、本盤は、NYから東京へやって来て(2005年)活躍中の、ジャッキー・マクリーンの弟子である黒人テナーサックス奏者:レイモンド・マクモーリン(1979年コネチカット州ノーウォーク生まれ)を迎えたカルテットによる、新宿ピットインでのライヴ編。意気ハツラツとシャープ&ソリッドに連続突き技を入れてくるようなドラムの闊達スウィンギン鳴動!、に頼もしく導かれ、煽られながら、キュッと引き締まった逞しげな旨口トーンで豪快に歌いまくるテナーサックスの朗々たる勇躍が、おいしさ満点の鮮烈な映え具合を見せてゆく、理屈はヌキのエキサイティングな豊穣内容。歌心とスイング感に潔くポイントを絞り込んだ、明快直球型のスカッとしたセッション的ハード・バップ大会!がノリノリで決め込まれ、山崎の、何げに小回りも細かく四方縦横からプッシュ〜パンチ・キックを仕掛けてくる多彩な大攻勢にビシビシ乗せられて、マクモーリンや竜野の超イキのいい前のめりのソロ活躍が、ゴキゲンな豊作を呈してゆく。マクモーリンの、アツい血肉が一杯に詰まったような中々人間臭い音色による、ハード・ドライヴ感全開で少々荒削りに力強くうねり泣き、吠える哀愁のダイナミック・アクション・ブロウや、一転、切々ときめ濃やかにメランコリーを歌い描くバラード小唄調など、その気さくげでイナセな温かい「男一匹タフガイ」!風の吹鳴のあり様、が何とも芳醇に、そしておおらかに、懐も広そうな極上のキメ絵を飾っており、一方、竜野の、「バップ+ファンキー」的な筆致でガッチリと強堅に、表情豊かに歩を進めてゆくブレのない中々の豪腕ぶり、もコク旨で説得力絶大だ。

1. It Could Happen To You
2. Straight No Chaser
3. My One And Only Love
4. The Night Has A Thousand Eyes
5. A Night In Tunisia
6. Epilogue

Raymond McMorrin レイモンド・マクモーリン(ts)
竜野 みち子(p)
永塚 博之(b)
山崎 比呂志(ds)

2012年3月12日 新宿ピットインでのライヴ録音

★腰を据えてゴリッと豪快に大きく歌う NEW YORK STANDARDS QUARTET / LIVE AT LIFETIME

  • 2013.01.06 Sunday
  • 16:03
★腰を据えてゴリッと豪快に大きく歌い、大きくスイングするスケール満点の雄渾ハード・バップ!! NEW YORK STANDARDS QUARTET / LIVE AT LIFETIME

2013年1月23日発売予定
NEW YORK STANDARDS QUARTET / LIVE AT LIFETIME


ティム・アーマコスト(ts)、デヴィッド・バークマン(p)、ジーン・ジャクソン(ds)、というNYの精鋭3人組が、世界各国を回って現地のベーシストをメンバーに加える、という形で演奏活動を続けてきたプロジェクト:New York Standards Quartetの、安ヵ川大樹が参加した体制によるライヴ編。重厚で極太くもまろやかに渦を巻くテナーサックスが朗々とダイナミック・ブルージーなメロディーを歌い、ゴキッと堅固に芯の据わったピアノが歯切れよくスクエアーな旨口フレーズを紡ぐ、ベース&ドラムのドッシリしたワイド・スケールな大基盤ぶりも頼もしい、何ともストロング・グルーヴィーな豊穣内容。潔く豪快泰然と構えた風な、正々堂々の直球的ハード・バップ大会がおおらかに、力強く決め込まれ、腰を据えて伸び伸びと全力を揮いきるアーマコストやバークマンの気合満点のソロ活躍が、実に清々しい、壮快芳醇なる大見せ場を濃密に形作って絶好調。アーマコストの、ゴリッと逞しげな隆々トーンで強壮に、ハード・ドライヴィングに吟醸ソウルを歌い上げて何とも嬉々溌剌そうな、パンチの利きまくった肉弾スクリュー・ブロウ!がコク味もこってりの実に頼もしい豊作ぶりを見せており、一方バークマンの、絶えず確固としたブレのないスタンスで明晰に、クリアーに太いシルエットを描いてゆくソウルフル&スピリチュアルな驀進節!、がサックスとは好対照に重みをもって畳みかけるような鋭い拮抗〜対抗馬ぶりを示して、これまたおいしさ抜群。

1. Sweet And Lovely
2. For Heaven's Sake
3. Giant Steps
4. Nefertiti
5. The Turnaround
6. Hidden Fondness

Tim Armacost(ts,ss)
David Berkman(p)
安ヵ川 大樹(b)
Gene Jackson(ds)

2012年6月11日 静岡LIFETIMEでのライヴ録音

▼D-musica(ダイキムジカ)のご注文承ります▼
http://www.catfish-records.jp/product-group/854

★IMOGENA 新譜2作品は正統派ハードバップ!

  • 2012.11.22 Thursday
  • 16:08
★IMOGENA 新譜2作品は正統派ハードバップ!

スウェーデンImogenaから正統派2作
50〜60 年代の空気を感じさせるハード・バップ作品!

Olof Skoog Kvartett / This I dig


お薦めワン・ホーン作品!50〜60 年代、往年のジャズの薫りを湛えた一作!ストックホルムに次ぐスウェーデン第二の都市イエーテボリを拠点とし、ボヒュースレン・ビッグバンドや、90 年代の半ばから活動し今年13 枚目のCD をリリースしたバンドSecond Line のメンバーとしても活躍するサックス奏者Olof Skoog のリーダー作!

スウェーデンは、スカンジナビアン3 国の中で最もジャズの歴史の長い国。歴史的なものを背景として、今なお、伝統的なジャズが息づき、そうしたバンドが活躍を続けていますが、本作もそんな環境が生んだ良質のジャズの薫りを湛えます。ワン・ホーン・ジャズの歴史的名盤ハンク・モブレイの『Soul Note』の楽曲をオープニングに持ってくる所もニクイ!こせこせしないモブレイのスピリッツを受け継ぐようなテナー独特のまろやかな音色と紳士的な風合いを感じさせる演奏は、往年のジャズ・ファンもニヤりとさせるものがあると思います。
Speaking of Dexter と題したオリジナル曲も50〜60年代の古き良きテナーの魅力が溢れる一曲。淀みなく繰り出されるサックス・フレーズ、それでいて、当時の良さがある作品は、今時ありそうでないもの!バックのピアノ・トリオもスウィンギーに好演!しています。ジャケもどことなくSomethin Else のようで微笑ましいですね。(新譜案内より)

1. This I dig of you(H. Mobley)
2. Springtime (O. Skoog)
3. Speaking of Dexter (O. Skoog)
4. Soul Eyes (M.F. Waldron)
5. Roller Coaster (O. Skoog)
6. Recado Bossa Nova (D. Ferreira/L. Antonio)
7. When it's sleepy time down south (C. Muse/L.T. Rene/O.J. Rene)
8. Tea for two ( V. Youmans)
9. Tango Principiantes (O. Skoog)

Olof Skoog(ts, cl=M9)
Matti Ollokainen(p),
Samuel Olsson(b),
Michael Edlund(ds)

Robert Nordmark / Standard Connection - Northland


Dragon, sittle, Prophone といったスウェーデンの名ジャズレーベルでリーダー作をリリースするピーター・アスルンド、当Imogena から2 枚のリーダー作をリリースするロバート・ノードマークの2管を中心にしたストレート・ハード・バップ。タイトルが示す通り、演奏する楽曲はスタンダード・ナンバーのオンパレード。奇をてらうことなく、往年のジャズの礼儀にならった演奏を聴かせます!2 曲で、カール・マーティン・アームクヴィストが参加。ラスト・ナンバーでは渋いコブシの廻った演奏を披露します。(新譜案内より)

1. Blues for Hartvig (Robert Nordmark)
2. You and the night and the music (Arthur Schwartz)
3. Caravan (Juan Tizol)
4. Soul Eyes (Mal Waldrow)
5. Giant Steps (John Coltrane)
6. Yesterdays (Jerome Kern)
7. On Green Dolphin Street ( Bronislau Kaper)
8. Milestones (Miles Davis)
9. I Mean You (Thelonious Monk)
10. Angel Eyes (Matt Dennis)

Peter Asplund - trumpet & flugelhorn
Robert Nordmark - tenor saxophone
Daniel Karlsson - piano
Martin Sjöstedt - double bass
Johan Löfcrantz Ramsey - drums
Karl-Martin Almqvist - straight alto saxophone、M6,10

▼IMOGENAのご注文承ります▼
http://www.catfish-records.jp/product-group/456

★ジャズの殿堂ジャズハウス・モンマルトルにおける記念ライブ! ALEX RIEL アレックス・リール / FULL HOUSE - LIVE AT JAZZHUS MONTMARTRE

  • 2012.09.19 Wednesday
  • 20:17
★ジャズの殿堂ジャズハウス・モンマルトルにおける記念ライブ! ALEX RIEL アレックス・リール / FULL HOUSE - LIVE AT JAZZHUS MONTMARTRE

ALEX RIEL アレックス・リール / FULL HOUSE - LIVE AT JAZZHUS MONTMARTRE

今年72歳を迎えるデンマークの巨匠、アレックス・リール。彼が23歳の時に初舞台を踏んでから、デクスター・ゴードンやジャッキー・マクリーン他幾多の大物ジャズメン達と長年セッションを繰り広げて来た、デンマークが世界に誇るジャズの殿堂、コペンハーゲンの老舗クラブ、ジャズハウス・モンマルトルにて2010 年9 月に行われた、70 歳のバースデー記念ライヴ!カフェ・モンマルトルはヨーロッパの一大ジャズクラブとしての歴史を創った一方、移転や経営者の変遷があり、1995 年に惜しくも閉鎖を余議なくされますが、2010 年5 月、約15 年ぶりに、しかも、<<59 年の創設時から76 年の間にクラブが存在していたオリジナルの歴史的な場所>> に復活を遂げます。本作はクラブ復活後の記念すべき録音物でもあり、リールとカフェ・モンマルトル。二つの歴史を語る作品でもあります。

★最高の演奏による名曲の数々!ジャズ通人の方々は勿論、ビギナーの方々にも自信をもってオススメできる現代ヨーロッパ最強の布陣によるジャズ本道をいくドリーム・クァルテット!これは聴くしかありません!(新譜案内より)

1.JUST FRIENDS (JOHN KLENNER) 10:23
2.BODY AND SOUL (JOHNNY GREEN) 8:43
3.IMPRESSIONS (JOHN COLTRANE) 12:24
4.CHIMING IN (ALEX RIEL) 2:16
5.LIKE SOMEONE IN LOVE (JIMMY VAN HEUSEN) 14:42
6.OLD FOLKS (WILLARD RONINSON) 10:51
7.SANDU (CLIFFORD BROWN) 10:55

Alex Riel (ds)
George Robert (as)
Dado Moroni (p)
Jesper Lundgaard (b)





★Joe Dinkelbach ワンホーン・カルテット作品とアルト、オルガン入りトリオ作品

  • 2012.06.17 Sunday
  • 06:01
★ワンホーン・カルテット Joe Dinkelbach & The Dutch Boppers / Live At Wilhelm13

Joe Dinkelbach & The Dutch Boppers / Live At Wilhelm13


Joe Dinkelbachが、Peter Beets Trioとして来日したこともある2人のリズム陣に加え、ムーディーなテナーマンとともにワンホーン・カルテットで今年の5月にライヴ録音したばかりの、ストレート・アヘッドな名演!Oscar Peterson TrioやGene Harris、Zoot Simsなど王道を行くジャズジャイアンツを彷彿とさせる白熱の演奏が繰り広げられています!(新譜案内より)

1. Big Smile 7:35
2. Juicy Lucy 9:08
3. 60 Years Late 8:14
4. The Shadow Of Your Smile 11:20
5. Just Friends 9:52

Joe Dinkelbach (p)
Sjoerd Dijkhuizen (ts)
Frans Van Geest (ds)
Gijs Dijkhuizen (ds)




★アルトサックスとドラムスとの共演、トリオ作品。
Joe Dinkelbach Trio / Hooked On Hammond


Joe DinkelbachがHammond Organに挑んだ、アルトサックスとドラムスというトリオによる、ファンキーでアグレッシブな演奏!(新譜案内より)

1. Last Minute
2. This Here
3. My Ideal
4. The Groove Merchant
5. 60 Years Late
6. Channel Surfing
7. Mr. Ross
8. The Old Country
9. So Much For That
10. Speak Low
11. Big Smile

Joe Dinkelbach (organ)
Raimund Moritz (as)
Ralf Jackowski (ds)

★バティスト・トロティニョン参加! Jacques Schwarz-Bart Quartet / The Art of Dreaming

  • 2012.04.05 Thursday
  • 01:10
★鮮烈、かつ、美しい現代最高級のカルテット・サウンド!Jacques Schwarz-Bart Quartet

Jacques Schwarz-Bart Quartet / The Art of Dreaming


★ジャック・シュワルツ・バルトはカリブ海のグアドループ出身のサックス奏者。あのロイ・ハーグローブのRHファクターにも参加、ディアンジェロの2001 年Voodoo ツアーでは、ロイ・ハーグローブを引き継ぎリード・ホーン・セクションとして活躍。ジャズとヒップ・ホップ、またグアドループのトラッド=グウォカの融合を試みるなど、ジャンルを越境して活躍してきたことで知られますが、今回は、ストレートなジャズを中心にした痛快!!な作品のリリースとなりました。

★バンドのメンバーは、ヨーロッパの先鋭ばかり。フランスの大人気ピアニスト、バティスト・トロティニョン、オランダ出身、ヨーロッパの数多くの演奏で活躍しトゥーツ・シールマンスのバックも務める(2010年来日)ドラマー、ハンス・オーストレハウト、ベースもこれまた、フランス若手ナンバー1のベーシスト、トマ・ブラメリ。

★強力カルテットによる演奏は、想像を裏切ることなき出来栄え。国を越えたバンドですが、ヨーロッパを中心にして、話題を巻き起こす予感も充分。実は、本年の音楽見本市Midem2012 のショーケースにも出演した彼らは、ベースこそ別のメンバーだったものの凄まじい演奏を見せてくれたものでもありました。

★ミステリアスさも湛えつつ、POP かつダイナミックな演奏が凄まじいオープニング、チャールス・ロイド辺りに通じるスピリチュアルなM-2, バティストの美しいピアノ・イントロに導かれるM-4, トマ・ブラメリーのセンス良いコンポジションM-5, スリリングで白熱の演奏が展開されるM-7, サックス〜ピアノDuo で息もぴったりな演奏を聴かせるM-8, 哀愁に満ちたラストまで、本作は、捨て曲なし!!楽曲の構成力もあり、作品としてのストーリーもある一作。

★ジャック・シュワルツバルトのストレートな演奏力と魅力を再確認すると共に、また参加メンバー各人の実力も思い知る一枚。一貫した美学をもったバティスト・トロティニョンのピアノも相変わらず素晴らしい!静に動に、しなやかな感性がさえまくった演奏で、本作は、バティストのピアノのファンにも、自信を持ってお薦めです!

↑新譜案内より

1. Blues Jonjon(Jacques Schwarz-Bart)
2. It’s Pain(Jacques Schwarz-Bart)
3. Peyotl(Baptiste Trotignon)
4. Moods(Baptiste Trotignon)
5. Now(Thomas Bramerie)
6. Lullaby from Atkantis(Jacques Schwarz-Bart)
7. Massassoit(Baptiste Trotignon)
8. Dlo Pann(Jacques Schwarz-Bart)
9. Emile(Thomas Bramerie)
10. Voir(Baptiste Trotignon)

メンバー:
Jacques Schwarz-Bart(ts),
Baptiste Trotignon(p),
Thomas Bramerie(b),
Hans Van Oostrehout(ds)

★北欧GAZELLのハートウォーミングなジャズ作品。

  • 2012.03.03 Saturday
  • 20:46
★北欧GAZELLのハートウォーミングなジャズ作品。

北欧GAZELLの以前LADY BIRDレーベルからリリースされていた作品も含め、北欧らしい夜想詩的洒脱なジャズ作品のご紹介です。

ARNE DOMNERUS QUARTET FEAT.JAN LUNDGREN / EASY GOING
ヤン・ラングレン参加!

ARNE DOMNERUS アルネ・ドムネラス / A LITTLE BOSSA NOVA
以前LADY BIRDで入荷した際にもとても好評でした。
試聴ボタン配しています!

PELLE TRAZAN JONASSON / COPENHAGEN CONNECTION
ヤン・ラングレンにイェスパー・ルンゴーも参加。豊潤なテナーサウンドが魅力。試聴をどうぞ。

LARS EKSTROM ラーシュ・エクストロム / FAIR WEATHER
ESBJORN SVENSSON参加。LARS EKSTROMのヴォーカルもいい感じ。



▼GAZELLの作品▼
http://www.catfish-records.jp/product-group/1653

★ロシア出身のハード・バップ・サックス奏者 CD DMITRY BAEVSKY ディミトリ・バエブスキ / THE COMPOSERS

  • 2012.02.02 Thursday
  • 21:37
★ロシア出身のハード・バップ・サックス奏者 CD DMITRY BAEVSKY ディミトリ・バエブスキ / THE COMPOSERS

DMITRY BAEVSKY ディミトリ・バエブスキ / THE COMPOSERS


現代ハード・バップの名門、シャープ・ナインから久々の便りが届きました。ロシア・サンクトペテルブルグ出身で現在はニューヨークを中心に活動するアルト・サックス奏者、ドミトーリ・バエブスキー(1976年生まれ)の新作です。今回は、ジャケットをご覧になればお分かりの通り、シダー・ウォルトン、デューク・ピアソン、ジジ・グライス、ホレス・シルバー、ハービー・ハンコック他の有名オリジナル・ナンバー集となっています。よく知られた曲を、美しい音色でプレイするドミトーリの演奏には一層の進境がうかがえ、逸材ピーター・バーンスタインを始めとするサイドメンも安定感のあるサポートを披露。すがすがしいまでの4ビート・ジャズを楽しむことができます。(jazzyellより)

1.Ojos De Rojo
2.Gaslight
3.Mister Chairman
4.To Whom It May Concern
5.Self Portrait(Of The Bean)
6.Swift As The Wind
7.Smoke Signal
8.Three Wishes
9.Tears Inside

Dmitry Baesvsky (as),
Peter Bernstein (g on 2,4,8),
David Hazeltine (p),
John Webber (b),
Jason Brown (ds)
Recorded on September 8,
2011 at Systems Two, Brooklyn, NY

▼ご注文承ります▼
DMITRY BAEVSKY ドミトリー・バエブスキー / DOWN WITH IT

豪快にして超絶的なテクニック!

DMITRY BAEVSKY ディミトリ・バエブスキ / Introducing Dmitry Baevsky

ロシア出身若きハードバップアルト奏者のフレッシュなデビュー盤!

▼DMITRY BAEVSKYのHP▼
 http://www.dmitrybaevsky.com/home.htm

★温かみのある音が全面に展開 CD TALK トーク feat.KARI SJOSTRAND(ts) / NALSOGA

  • 2012.01.19 Thursday
  • 21:12
★温かみのある音が全面に展開 CD TALK トーク feat.KARI SJOSTRAND(ts) / NALSOGA

スウェーデンで活躍する女性サックス奏者、KARI SJOSTRANDの初リーダー作。テナーサックスの持つ温かみのある音が全面に展開されているオリジナル、全11曲を集めた作品。

TALK トーク feat.KARI SJOSTRAND(ts) / NALSOGA


スウェーデンで活躍する女性サックス奏者の初リーダー作品。スウェーデン在住の森泰人さんの紹介で本人から送られてきた。音色が非常にイイね。なんというかテナーサックスの持つ温かみのある音が全面に展開されているというか。ぶあつい無骨なサウンドからは女性というのを感じさせない。雰囲気的には現代というより、60年代中期のジャズを聴いているような感じで居心地はいい。全曲オリジナル曲で、すんなりと入り込める曲ばかりだ。ノルウェーのボディル・ニスカと共に、スカンジナヴィアが誇るサックス奏者として鑑賞したい。メンバーは、よくは知らないが、ピアノはGUNNAR AKERHIELM。結構味があるソロが聴ける。ベースは、中堅キャリアのULF AKERHIELMでDRAGONなどに作品がある。ドラムのSEBASTIAN VOEGLERは、ヤン・ラングレンのグループでも知られる。(新譜案内より)

1. Eko 8:41
2. Bortvalsen 7:22
3. Nålsöga 5:39
4. Polska Från Djupaviken 7:14
5. You Can Make It 4:24
6. Jag Vet 9:31
7. The Weather On Gliese 581c 5:09
8. Interlude Talk. 1:32
9. Dagsmeja 5:57
10. How Deep Is The Snow 7:27
11. Revolutionären 4:20

KARI SJOSTRAND(ts)
GUNNAR AKERHIELM(p)
ULF AKERHIELM(b)
SEBASTIAN VOEGLER(ds)

▼スウェーデンの女性サックス奏者のオススメ作品▼
BODIL NISKA ボディル・ニスカ / FIRST SONG


CHRISTINA VON BULOW & FREDRIK LUNDIN / SILHOUETTE


PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

CATFISH RECORDS TWITTER

★THINK! 昭和JAZZシリーズ! 好評です!!

好評の THINK! 昭和JAZZシリーズ! RAREな昭和の和ジャズディスクを復刻! 初CD化も有ります。お見逃しなく!!

★BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。
Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。


selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM