【御予約承り中】★99年録音作品に未発表テイクをプラスして再リリース CD Lee Konitz - Kenny Wheeler Quartet / Olden Times

  • 2016.11.05 Saturday
  • 19:28

【御予約承り中】★99年録音作品に未発表テイクをプラスして再リリース CD Lee Konitz - Kenny Wheeler Quartet / Olden Times
 

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。

Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。

 

名作『Angel Song』のコンビ/コニッツ&ホィーラー、99年録音作品が未発表テイクをプラスしてリイッシュー
CD Lee Konitz - Kenny Wheeler Quartet / Olden Times


★ ECMの諸作品の中でも名作として記憶される『Angel Song』を彷彿とさせるリー・コニッツ&ケニー・ホィーラーがコンビを組んだ1999 年のライヴ音源が未発表音源を1曲プラスしてリイッシュー。

★リー・コニッツ、ケニー・ホィーラーは、共に名実ともの大巨匠。トリスターノ一派のアーティストとして長いキャリアを築いてきたコニッツ、一方、プログレッシヴなフィールドでも道を切り拓いてきたホィーラー。その二人の個性が際立つのはもちろんですが、本演奏のキー・ワードは、ドラムレスのカルテット編成といえましょう。バックの楽器は、ギターが、ピアノになっていますが、明確にビートを刻む楽器をのぞき、ベースがタイム・キープする音像には緩やかなタイム感覚と、スペイシーな感覚があり、4人の音の重なりの妙を堪能出来ます。

★それぞれ個性をもった奏者たちが、それぞれのカラー、また濃淡をもって描く重層的な音の世界。尊敬するレニー・トリスターノに捧げたM1, またスタンダード曲 のコード進行を下敷きにして描いたコニッツのおなじみ曲M4、またのちにジョン・テイラーとの双頭アルバムのタイトル曲にもなるM2など名曲が揃った構成も魅力。

★静謐な空間にあって思慮深く、熱いパッションも込めた音の世界。

★現在88 歳のリー・コニッツ。そのコニッツが近年になって「『Angel Song』は、何千と参加したアルバムがある中でも、自分の生涯最高のもの」とも語っているとのこと。ホィーラーは2014 年、惜しくも84 歳の生涯を閉じましたが、この録音を聴くと、このコンビがどれだけ特別であったかも浮かび上がります。今だからこそ再び注目したい復刻作品です。(新譜案内より)

1. Lennie´s (Konitz) (08:14)
2. Where Do We Go From Here(Wheeler) (07:34)
3. Kind Folk (Wheeler) (08:32)
4. Thingin´(Konitz) (14:34)
5. On Mo (Wheeler) (09:32)
6. Olden Times (Wheeler) (04:21)
7. Aldebaran(Plumer) - Play Fiddle Play(Lawrence / Atman / Deutsch) (03:59)
8. Kary´s Trance(Konitz) (08:55)
9. Bo So(Wunsch) (06:18)

Extra Track - Previously unreleased);
10. No Me(Wunsch) (06:29)

Lee Konitz (as),
Kenny Wheeler (tp, flh),
Frank Wunsch (p),
Gunnar Plümer (b)
 

 

★ひたすらエネルギッシュに突撃驀進する、活劇調の痛快大熱演ライヴ!!! CD STEVE WILSON & WILSONIAN'S GRAIN スティーヴ・ウィルソン / LIVE IN NEW YORK : THE VANGUARD SESSIONS

  • 2015.09.27 Sunday
  • 16:15
店頭試聴で好評!! オススメです! ひたすらエネルギッシュに突撃驀進する、活劇調の痛快大熱演ライヴ!!! CD STEVE WILSON & WILSONIAN'S GRAIN スティーヴ・ウィルソン / LIVE IN NEW YORK : THE VANGUARD SESSIONS

CD STEVE WILSON & WILSONIAN'S GRAIN スティーヴ・ウィルソン / LIVE IN NEW YORK : THE VANGUARD SESSIONS



自己コンボの他、チック・コリア&Originや、クリスチャン・マクブライドのグループ、マリア・シュナイダー・オーケストラ、等々でも辣腕を揮うなど、NYシーン第一線で八面六臂の超多忙な活躍を続け、四半世紀来、Criss CrossやStretch、MaxJazz、We Always Swing, Inc、MCG JAZZ他から優れた作品群を発表してきたアルトサックスの逸材:スティーヴ・ウィルソン(1961年ヴァージニア州ハンプトン生まれ)の、今作は、オリン・エヴァンス参加のカルテットによるNYヴィレッジ・ヴァンガードでのライヴ編。キュキュッと絞り切るように引き締まった、それでいて弾性もある、筋肉質でしなやかなアルト・トーン、または、より細くも強堅に尖ったソリッドなソプラノ・トーン、による、ソウルフルかつアグレッシヴな、威勢のよさ抜群の熱情的プレイが、スカッと壮快に、雄渾げに華を成し、ハードボイルドでいて結構アーシーなピアノや、猛烈にスイングしまくるワイルドなドラム&ベース、らの奮戦も、旨味とグルーヴ(とスリル)をひたすらストロングに底上げしきった、誠にエキサイティングで濃い口な敢闘内容。現代ハード・バップのオーソドキシーに則った、緩急もキッチリつけられる、活劇エンタテイメント路線、タイプの極めてストレートアヘッドな硬派熱演!!が連続し、ウィルソンやエヴァンスの、腰を据えて正々堂々と完全燃焼するソロ活躍〜リレー合戦が、突き抜けるように清々しく晴朗な、出色の盛り上がりを呈してゆく。ウィルソンの、激烈自在な大立ち回りの中に、ファンク・フレイバーっぽいブルース色も濃厚に投影して見せる、その、ただならぬ迫真力に貫かれたエネルギッシュ至極の疾駆ぶり・突撃ぶりが、終始圧倒的な軒昂さをもって際立っており、一方エヴァンスの、ある時はモーダル・ダイナミックに硬質なアクション技を決め、ある時はファンキー・テイスティーに渋い吟醸節を歌う、という、力学的ハードネスとイナセな旨口さが中々ドラマティックに交差するストーリーテラー風の語り口、にも妙味深いものがある。スチュワートの豪快で荒々しい激走や、オケグォのコク味こってりのウネり技、も要所要所にバッチリ参戦してくるその道程は、メリハリやコントラストもバツグンに利いた、何げに高密度な仕上がりだ。これは実に鮮やか!!!

1. Well You Needn't
2. Spot It You Got It
3. Chrysalis
4. Perry Street
5. Spheresophically
6. If I Were A Wind Of Spring
7. Patterns

Steve Wilson(alto saxophone on 1,4,5,7)(soprano saxophone on 2,3,6)
Orrin Evans(piano)
Ugonna Okegwo(bass)
Bill Stewart(drums)

2014年5月24&25日ニューヨークのヴィレッジ・ヴァンガードでのライヴ録音

レーベル:Random Act

こちらで試聴できます。
 

★オリジナルデザイン・紙ジャケ仕様で再リリース (但し、盤はアーティスト直輸入) CD DYLAN CRAMER ディラン・クレイマー / First One

  • 2014.04.04 Friday
  • 10:48
★オリジナルデザイン・紙ジャケ仕様で再リリース (但し、盤はアーティスト直輸入) CD DYLAN CRAMER ディラン・クレイマー / First One

オリジナルデザインのジャケットであらたによみがえるディラン・クレイマーの人気盤!
豊潤で甘美なアルトプレイが心ゆくまで楽しめる好盤です。


DYLAN CRAMER ディラン・クレイマー / First One


オリジナルデザイン・紙ジャケ仕様で再リリース!!
(但し、盤はアーティスト直輸入の Nagel Hayer 盤を使用)

名手ソニー・クリスに師事したアルト奏者 Dylan Cramer のデビューアルバムがオリジナルデザイン/紙ジャケ仕様で再リリースです!!
クリスを彷彿させる渾身のプレイでクリスが好んで演奏したゆかりの楽曲を奏で、またクリスとの共演で知られる Leroy Vinnegar(b) 最晩年のプレイが聴けるという人気盤。(新譜案内より)

1. Saturday Morning
2. I Thought About You
3. The Dreamer
4. The Isle Of Celia
5. Ham's Blues
6. Brother Can You Spare A Dime
7. Tin Tin Deo
8. My Ideal
9. Jeannie's Knees
10. The First One

Dylan Cramer(as)
Ron Johnston(p)
Leroy Vinnegar(b)
John Nolan(ds)

Recorded on April 7 and 8, 1977 at Blue Wave Studio, Vancouver

★アンドレ・チェカレリ(ds),ピエール・ド・ベスマン(p)参加 鮮烈 & フレッシュ CD Baptiste Herbin バティステ・エルバン / Brother Stoon

  • 2013.11.17 Sunday
  • 06:04
★アンドレ・チェカレリ(ds),ピエール・ド・ベスマン(p)参加 鮮烈 & フレッシュ CD Baptiste Herbin バティステ・エルバン / Brother Stoon

Baptiste Herbin バティステ・エルバン / Brother Stoon


●25歳、フランスの若き、アルト・サキソフォニスト、Baptiste Herbinのデビュー作。ドラムには、アンドレ・チェカレリ、ピアノにはピエール・ド・ベスマン。安定感も抜群、スタイリッシュなピアノ・トリオをバックに本格的な演奏を聴かせます。デビュー当時のステファノ・ディ・バティスタ辺りを彷彿とさせるオープニングなど鮮烈。曲は、ジャック・ブレルによる8 曲目を除いてすべてオリジナルですが、ジャズの伝統に乗ったワン・ホーン作品です。(新譜案内より)

1 Entomology
2 Kitana Ko
3 Pasiphaé
4 Faits d'Hiver
5 Chute Libre
6 Comme Une Ombre
7 Blues For Jean
8 Une Ile
9 Cochise
10 Brother Stoon
11 We Remember Rakotozafy

Baptiste Herbin (as, valiha)
Pierre de Bethmann (p), Fender Rhodes (voice)
Sylvain Romano (b)
André Ceccarelli (ds, percussions)
Guests :
Jean Toussaint (ts)
Dimitri Dourantonis (g)


Entomology from Baptiste Herbin on Myspace.

★フィル・ウッズの愛弟子、若手アルト奏者が遂にデビュー CD GILAD EDELMAN ギラッド・エデルマン / MY GROOVE, YOUR MOVE

  • 2013.06.29 Saturday
  • 20:33
★フィル・ウッズの愛弟子、若手アルト奏者が遂にデビュー

フィル・ウッズの愛弟子、若手アルト奏者が遂にデビュー
GILAD EDELMAN ギラッド・エデルマン / MY GROOVE, YOUR MOVE

現代に息づくハード・バップを届けるシャープ・ナインから、新しい才能が登場しました。オーナーのマーク・エデルマンの息子、アルト・サックス奏者のギラッド・エデルマンです。父親の影響で幼い頃からジャズに親しみ、11歳からアルト・サックス演奏を開始。フィル・ウッズなど、錚々たるミュージシャンから奏法を学び、ハード・バップ一筋に研鑽を重ねてきました。まるで50年代のレコードから飛び出してきたような勢いのあるフレーズは、多くのリスナーをとりこにすることでしょう。デューク・ピアソン等、渋目のミュージシャンが書いた楽曲が揃っているのも大きな魅力。伸びやかなアルト・サックスの音色、歌心に貫かれたプレイは、ギラッドの明るい未来を予感させてくれます。 (jazzyellより)

1.I Love You(Verse)
2.On The Street Where You Live
3.Foi A Saudade
4.Eye Of Irene
5.Sweet Honey Bee
6.For All We Know / We Kiss In A Shadow
7.My Groove, Your Move
8.The Way You Look Tonight
9.The Lineup

Gilad Edelman(as),
Joe Magnarelli(tp,flh),
David Hazeltine(p),
John Webber(b),
Jason Brown(ds)
Recorded on September 9, 2011 at Systems Two, Brooklyn, NY.

▼SHARP NINE 近作人気盤▼
JIM ROTONDI / HARD HITTIN' AT THE BIRD EYE


CHAMPIAN FULTON / SINGS AND SWINGS


DAVID HAZELTINE / THE NEW CLASSIC TRIO


★ヒンヤリ涼しくふんわり柔らかな現代クール派アルトの超メロディック快演♪ ANGELA DAVIS アンジェラ・デイヴィス / THE ART OF THE MELODY

  • 2013.06.06 Thursday
  • 16:27
★ヒンヤリ涼しくふんわり柔らかな現代クール派アルトの超メロディック快演♪ ANGELA DAVIS アンジェラ・デイヴィス / THE ART OF THE MELODY

ANGELA DAVIS アンジェラ・デイヴィス / THE ART OF THE MELODY


 NYシーンで活躍しているオーストラリア出身の若手女性アルトサックス奏者:アンジェラ・デイヴィス(1985年オーストラリア-クイーンズランド州Toowoomba生まれ)の、カルテットによる初アルバム。
 軽みと涼気に富んだ柔らかで滑らかな、それでいて自然と締まりも利いた美味しいアルト・トーンによる、コニッツに似た超流麗で半幾何学的なクール派型の立ち回り技であったり、デスモンドに底通する甘美で優しいロマンティック指向のメロディアス節であったりの、伝統にしっかりと根を下ろしたセンスのいい丹念なプレイが、余情も深く爽やかに絵を飾った好投内容。
 歌心を大切にした緩急ある正攻法な現代ハード・バピッシュ奏演が滑脱に紡がれてゆき、デイヴィスの、「抒情指向のクール派」的なスタンスを基本とした遊泳感溢れるソフト・スムースな吹奏展開、が奏効して、音空間にはヒンヤリ涼やかな澄みきった空気感や微ファンタジックなロマンの香りが絶えず、ひたすら快適にゆったりスイスイと聴き進ませてくれる。
 ふんわりと宙に浮かんでたおやかにウェイヴを描き続けてゆくような、脱力していながら中々精緻にコントロールされたその流線的フレージングは味わい絶品で、親しみやすい柔和でスウィートな歌いっぷりと、ちょっと不思議でアンニュイorメカニカルな節回し、を自在に織り混ぜつつ、一貫して軽やかに歩を進めてゆく、どこか飄々とした風流な鳴音のたたずまいが何とも素敵だ。
 ストレートアヘッドな硬質プレイで好対照を成すZiemba(p)の助演もGOOD。

1.
41 St Nick
2.
We're All Alone
3. Annie Laurie
4. The Road To Montgomery
5. Conscientia
6.
Crazy She Calls Me
7. Joana's Waltz
8. Martha
9. Smile

Angela Davis (as)
Chris Ziemba (p)
Linda Oh (b)
Rajiv Jayaweera (ds)

2013年作品

★ステットとハキムの初共演録音 CD SONNY STITT ソニー・ステット / SONNY STITT MEETS SADIK HAKIM

  • 2013.06.04 Tuesday
  • 23:35
★ステットとハキムの初共演録音 CD SONNY STITT ソニー・ステット / SONNY STITT MEETS SADIK HAKIM

SONNY STITT ソニー・ステット / SONNY STITT MEETS SADIK HAKIM


チャーリー・パーカーとの共演歴のある、サディク・ハキム、一方、パーカーのフォロワーとして名高いソニー・ステット、共に、1940年代バップ期全盛の頃にめきめきと頭角を現した2人ですが、この1978年のセッションまで共演の録音歴はありませんでした。ここでは、Buster Williams(b)とJ.R. Mitchell (ds)のリズムと共にカルテットで、スタンダードと、この頃のヒット曲(「You Are The Sunshine Of My Life」)をとり上げ演奏しています。1978年の録音ですからバップの隆盛期はとっくに過ぎているものの、溢れ出るステット節は健在で、ここではアルトとテナーの両方を良いバランスで演奏しています。Progressiveというマイナーなレーベルながらデビッド・ストーン・マーティンによるイラストをジャケット・デザインに使うなど、遅咲きのバップ名セッションの記録をかつての名レーベルの様に演出したプロデューサー、Gus Startirasの心意気も憎い作品。長らく入手困難でしたが、このたび、やっと再発が決定。この機会に是非。

CHRISTOPHER STREET JUMP
LITTLE GIRL BLUE
EASY TO LOE
YOU ARE THE SUNSHINE OF MY LIFE
SOUTH GEORGIE BLUES
ALL GOD'S CHILDREN GOT RHYTHM
ROUND MIDNIGHT
FINE AND DANDY

BONUS TRACKS:
EASY TO LOVE (別テイク)
YOU ARE THE SUNSIHINE OF MY LIFE (別テイク)
ROUND MIDNIGHT (別テイク)
FINE AND DANDY (別テイク)

Sonny Stitt (as,ts)
Sadik Hakim (p)
Buster Williams (b)
J.R.Mitchell (ds)
1978年

★変幻自在、奔放苛烈にしてストレートアヘッドなジャズ魂みなぎる渾身の芳醇ブローイング大会! FREDRIK NORDSTROM / STRING

  • 2012.10.26 Friday
  • 13:09
★変幻自在、奔放苛烈にしてストレートアヘッドなジャズ魂みなぎる渾身の芳醇ブローイング大会! FREDRIK NORDSTROM / STRING

一部で非常に評価の高いレーベル、スウェーデンMoserobieからの新譜。
ハードなブロウィングとアンサンブルが独特の音空間をつくり出しています。ちょっと牧歌的&エレガントな部分もあり、それを絶妙にフリーセッション風に昇華していくという、まさに北欧的逸品です。

FREDRIK NORDSTROM / STRING


Dragon、Caprice、MMP、Clean Feed、Found Youよりの諸作品で確かな支持を集めてきたスウェーデンの個性派テナーサックス奏者:Fredrik Nordstrom(1974〜)の、今回は、自身はアルトサックスに専念しストリング・セクション入りのセクステットを率いた意欲作。メロウ&エレガント或いはトリッキー&アブストラクトなストリング陣の滑脱鳴動が、半サロン風に音空間カラーを暫定しつつ、締まり&バネの利いた精悍なアルトサックスの、ハードボイルドかつソウルフルに情感を映し出す縦横無尽の闊達インプロヴィゼーションが、迫真スリルも満点に中々テイスティー・グルーヴィーな絵を鋭く飾りきった、リアル・サスペンスフルにして密度の高い敢闘内容。コンテンポラリーなチェンバー路線風や、M-BASE物をシンプル化したようなファンク調、ストレート・スウィンギンなハード・バップ型のwithストリングス様式、など、スタイルは適宜多様に変化しつつ、テーマ部他のアンサンブル面には極めて綿密(で多角的)な設計〜造形デザイン意匠がキッチリ揮われる反面、道程の大半を占めるソロ・パート・コーナーは「フリー即興セッション」風のひたすら伸びやかで生々しい、豪放なまでの手に汗握る昂揚具合を呈する、という、何げに振り幅大きくも腰の据わった歩の進め様で味わい濃厚に楽しませてくれる。Nordstromの、ヒンヤリ涼やかで暗影濃い、キュッとタイトな絞り感も適宜自然によぎらせる表情豊かな音色による、結構クール・スマートに折り目正しく悲哀を描写するバラード調だったり、半フリーキーに吹音をヒズませつつのハード・ドライヴィングなアグレッシヴ・アクション咆哮だったりと、刻々オールラウンドに筆致・息遣いを転じてゆくも、一貫してその根底にはブルージーな旨口ソウルやバップ魂がしっかり堅持された、ブレのないストレートアヘッドな「ジャズ」を感じさせる勇躍の様、が何とも清々しいカタルシスを齎して最高。

1. What Now?
2. Birki
3. Toy Music
4. Gunter's
5. Doghouse
6. Enekullen
7. String Is Here
8. Stinko
9. Hetvagg
10. Sorti

Fredrik Nordstrom(as)
Caroline Waldemarsson(vln)
Jonna Inge(vla)
Emma Beskow(cello)
Torbjorn Zetterberg(b)
Christopher Cantillo(ds)

2012年スウェーデン作品


★NY の豪華メンバーと共演 Bart Wirtz / iDreamer

  • 2012.07.17 Tuesday
  • 19:33
★NY の豪華メンバーと共演 Bart Wirtz / iDreamer

オランダの新進のアルト・サックス奏者Bart Wirtz がNY の豪華メンバーと共演した注目の作品。

Bart Wirtz / iDreamer


オランダ生まれ、ロッテルダムのコンサヴァトリーで学び、NY に半年滞在後、現在は再びオランダ、アムステルダムに戻って活動中。しかし、今回のこのメンバーとの共演は、ニコラス・ペイトンがキー・パーソンのよう。というのも、作品の企画は、Challenge が大元というものの、ペイトンが、このWirtz のバンド、MonsieurDuboisのファンでもあり、作品制作に賛同したのだとか!そんなこともあってか、ベティ・カーターの元でセンスを磨き、90 年代からトム・ハレルを始め数々のバンドに起用されるザヴィア・デイビス、また今や、ハービー・ハンコックのバンドのドラムも務めるケンドリック・スコットも集合!最高にいいメンバーも続々集まったというものです。
音は、ハード・バップを核にしつつ、スピリチュアルな演奏あり、ファンクな要素もミックスした演奏あり、ちょっとアブストラクトな演奏あり。Wirtz にとっては胸をかりるような夢のメンバーとの共演かと見え、チャレンジングな所も見えます。しかし、オープニングから、アルトながらに、ケンドリック・スコットの超パワフルなドラミングにも押されて、ダイナミックに、そして、スピリチュアルな演奏も聴かせる所は見事。また唯一ギターを入れてのファンク的な演奏M-7 はペイトンのトランペットをフィーチャー。またどことなくオーネット〜ドン・チェリーの演奏による“Lonely Woman”を彷彿とさせるM-9 などもユニークです。このセッションで、今後、このアルト奏者がどう発展していくかも楽しみな感じです!(新譜案内より)

1. Trianon (7:36)
2. Dunya Dance (5:40)
3. Camels (6:14)
4. Growth Part I (5:02)
5. iDreamer (6:58)
6. Growth Part II (4:53)
7. Democrator (6:35)
8. Evolution Of The Innocent (6:32)
9. Growth Part III (3:52)
10. Snoozin

Bart Wirtz(as)
Nicholas Payton(tp)
Xavier Davis(p)
Richie Goods(b)
Kendrick Scott(ds)
Tim Eijmaal(g-M7)
Bart Wirtz : Hammond B3 (on #3 and #5), Flutes (on #5) Piano (on #3)

★クリス・ポッターもゲスト参加! MATTEO SABATTINI MSNYQ マッテオ・サバティーニ MSNYQ / METAMORPHO

  • 2012.06.29 Friday
  • 05:36
★クリス・ポッターもゲスト参加! MATTEO SABATTINI MSNYQ マッテオ・サバティーニ MSNYQ / METAMORPHO

クリス・ポッターもゲスト参加。現代ジャズの傑作
MATTEO SABATTINI MSNYQ マッテオ・サバティーニ MSNYQ / METAMORPHO

マイク・モレノ、ラージュ・ルンド等を迎えたアルバム「Dawning」(FSNT380)の好評も記憶に新しいマッテオ・サバティーニの新作です。今回もモレノのほか、アーロン・パークス、マット・クローシー、オベド・カルベアといったニューヨーク一線級のミュージシャンが参加。マッテオのプレイにもさらに磨きがかかっています。彼はイタリア出身で音楽院でサックスを専攻、2002年にニューヨークへやってきました。それ以来、伸びやかな音色、さまざまなジャンルからの影響を感じさせる作曲は、常に注目を集め続けています。更にこのアルバムでは、スペシャル・ゲストとしてクリス・ポッターが(4)に参加。作品の魅力をさらに高めています。 (jazzyellより)

1.Like A Butterfly
2.Tears Inside
3.Invisible Shield
4.Metamorpho
5.Painted Hills
6.Body & Soul
7.Yuna
8.Fooling The Mirror
9.Dreaming Loud
10.Qq

Matteo Sabattini(as,arr),
Mike Moreno(g,ag),
Aaron Parks(p),
Matt Clohesy(b),
Obed Calvaire(ds),
Chris Potter(ts on 4)

▼旧譜の御注文、承ります▼
MATTEO SABATTINI MSNYQ マッテオ・サバッティーニ / DAWNING


熱いソウルとレイジーな憂いが交錯する現代王道アルトの快演!

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

CATFISH RECORDS TWITTER

★THINK! 昭和JAZZシリーズ! 好評です!!

好評の THINK! 昭和JAZZシリーズ! RAREな昭和の和ジャズディスクを復刻! 初CD化も有ります。お見逃しなく!!

★BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。
Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。


selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM