スポンサーサイト

  • 2018.07.17 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    【御予約承り中】★ ビーバップ時代を代表する名手達がSAVOYに残した貴重な録音 10CD BOX セット VA / Classic Savoy Be-Bop Sessions 1945-49

    • 2016.11.07 Monday
    • 21:45

    【御予約承り中】ビーバップ時代を代表する名手達がSAVOYに残した貴重な録音★10CD BOX セット VA / Classic Savoy Be-Bop Sessions 1945-49
     

    ↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

     

     

    ★下記プラットフォームに対応しております。

    Chrome Firefox Android iOS

    ※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。

     

    ビーバップ時代を代表する名手達がSAVOYに残した貴重な録音
    10CD BOX セット VA / Classic Savoy Be-Bop Sessions 1945-49


    DIALのBOX SETでその技術が実証済のマスタリング技師、Steve Marlowe and Jonathan Horwichが今回の「Classic Savoy Be-Bop Sessions 1945-49」でも快挙をなし遂げました。音の深さとバランスを追求し、1940年代の音源をリアリティ溢れる明晰な音に甦らせています。

    ジャズファンには、説明するまでもなく、ここに収録されているアーティストたちはビーバップ時代を代表する名手達です。
    ※但し、今回のBOXセットには、チャーリー・パーカーの録音は含まれていません。チャーリー・パーカーのSAVOY録音に関しては、既に何度も復刻されています為、今回は、今までリリースされることの少なかったビーバップ時代の他のアーティスト達にフォーカスし、リリースされます。

    歴史的録音の記録で高い評価のSAVOYレーベルに1945年から1949年の間に残された名アーティストの初期録音を今回、10枚組のBOXセットに収録。MOSAICならではのリマスター技術で甦らせた貴重な録音群であり、ビバップ期の写真ではありませんが、フランシス・ウルフによる未公開の写真も多数収載予定。この機会をお見逃しなく。

    (収録アーティスト)
    Dexter Gordon,
    Kai Winding,
    Allen Eager,
    J.J. Johnson (including sideman Cecil Payne's first recordings ever),
    Stan Getz,
    Sonny Stitt
    Kenny Dorham,
    Ray Brown,
    Fats Navarro,
    Serge Chaloff,
    Kenny Hagood,
    Leo Parker,
    Brew Moore.
    Tadd Dameron (both under his name and on another session led by Navarro),
    Howard McGhee,
    Kenny Clarke,
    Milt Jackson,

    収録内容はこちらでご確認いただけます。
     

     

    ▼こちらの人気作品もご注文承ります▼

    Count Basie & Lester Young カウント・ベイシー & レスター・ヤング / Classic 1936-1947 Count Basie & Lester Young Studio Sessions


     

     

    ★5枚組CD BOX ROSEMARY CLOONEY ローズマリー・クルーニー / The Rosemary Clooney CBS Radio Recordings 1955-61

    • 2014.07.24 Thursday
    • 19:14
    ★5枚組CD BOX ROSEMARY CLOONEY ローズマリー・クルーニー / The Rosemary Clooney CBS Radio Recordings 1955-61

    ROSEMARY CLOONEY ローズマリー・クルーニー / The Rosemary Clooney CBS Radio Recordings 1955-61


    CBSに数々の録音を残すローズマリー・クルーニー。アルバム制作に置いては、プロデューサーの意向が強く反映されたものでした。一方、ラジオ番組に置いては、自由で気さく、インティメイトな表情が生き生きと映し出されています。その彼女の飾らない魅力を捉えた1955年から1961年のラジオ放送音源が今回、MOSAIC社よりリリースされます。

    今回収録曲のほとんどは、CBS時代の1955年から1961年の放送録音アーカイブで、放送録音音源として体系的にパッケージ化されるのは初めてと思われます。

    CORALから発表された "Swing Around Rosie"の12曲と2曲のボーナストラック(日本では既発)も併録。しかし何といっても、この他の90曲に及ぶ今まで日の目を見なかった放送録音が圧巻のBOX SETといえるでしょう。

    オリジナル・アナログ・テープから起した音源を用い、MOSAICの基準での音質を常に確認しながら制作、又、James Gavin氏によるエッセイとMOSAICならではのレアな写真収載のブックレットも付属しています。(MOSAIC社の商品案内)

    収録内容は
    こちらでご確認いただけます。
     

    ★MOSAIC RECORDS 新譜です。180g重量盤LP 4枚組BOX セット ROLAND KIRK ローランド・カーク / The Limelight / Verve Albums

    • 2014.02.13 Thursday
    • 17:05
    ★MOSAIC RECORDS 新譜です。180g重量盤LP 4枚組BOX セット ROLAND KIRK ローランド・カーク / The Limelight / Verve Albums

    180g重量盤LP 4枚組BOX セット ROLAND KIRK ローランド・カーク / The Limelight  /  Verve Albums


    ローランド・カークのLIMELIGHT と VERVEの作品から4枚をピックアップ。Quality Record Pressings のプレスにより、現時点での最高の音質を追究し、復刻する重量盤レコード。MOSAIC社が自信を持ってお届けするLP BOXセットの最新タイトルです。(MOSAIC社のHPより)

    ▼収録内容▼
    “Slightly Latin” (LIMELIGHT LS 86033)
    1965年 11月16,17日録音

    “Now Please Don’t Cry, Beautiful Edith” (VERVE V6 8709)
    1967年 4月 5月2日録音

    “I Talk with The Spirits” (LIMELIGHT LS 86008 )
    1964年 9月16、17日録音

    “Rip, Rig And Panic” (LIMELIGHT LS 86027)
    1965年 1月13日録音


    ▼MOSAIC RECORDSの御注文承ります▼
    http://www.catfish-records.jp/product-group/177

     

    ★【Mosaic Records 限定BOX セット】 6CD BOXセット CLIFFORD JORDAN / THE COMPLETE CLLIFFORD JORDAN STRATA-EAST SESSIONS

    • 2013.11.19 Tuesday
    • 07:27
    ★【Mosaic Records 限定BOX セット】 6CD BOXセット CLIFFORD JORDAN / THE COMPLETE CLLIFFORD JORDAN STRATA-EAST SESSIONS

    6CD BOXセット CLIFFORD JORDAN / THE COMPLETE CLLIFFORD JORDAN STRATA-EAST SESSIONS



    ★The Clifford Jordan "Dolphy" Sessions For Strata - Eastの全容がついに明らかなる。
    ●Mosaic Recordsの今回のアーカイブは、クリフォード・ジョーダンがSTRATA-EASTレーベルに残した(演奏及びプロデュースした)全作品を集大成したコレクターズ・アイテム。オリジナル・アルバム3枚(「 IN THE WORLD」、「ZODIAC THE MUSIC OF CECIL PAYNE」、「GLASS BEAD GAMES」)とプロデュースした(一部演奏も)作品3枚を収録しています。
    ●DISC.3後半に収められたED.BRACKWELLは完全未発表。DISC.5のWILBUR WAREもやっと最近、発掘されたといえ入手困難なもの。なんと言ってもオリジナルの名盤がまとめて聞けるのは嬉しいです。
    ★盟友E.DOLPHYに捧げられたこのシリーズは必聴です。

    <収録作品>
    ●Clifford Jordan - "In The World" 1972 Strata-East Records
    ●Pharoah Sanders - "Izipho Zam" 1973 Strata-East Records
    ●Charles Brackeen - "Rhythm X" 1973 Strata-East Records
    ●Clifford Jordan - "Glass Bead Games" 1974 Strata-East Records
    ●Cecil Payne - "Zodiac" 1976 Strata-East Records
    ●Wilbur Ware – “Super Bass” (p) 2012 Wilbur Ware Institute Inc.
    ★Ed Blackwell- 1968 Strata-East SES 1974-14 (never issued)

    *詳しい収録内容は
    こちらでご確認頂けます。
     
    ▼MOSAIC RECORDSの御注文承ります▼
    http://www.catfish-records.jp/product-group/177

    ★【Mosaic Records 限定BOX セット】 7CD BOXセット Woody Shaw ウディ・ショウ / The Complete Muse Sessions

    • 2013.06.06 Thursday
    • 05:56
    【Mosaic Records 限定BOX セット】 7CD BOXセット Woody Shaw ウディ・ショウ / The Complete Muse Sessions

    Woody Shaw ウディ・ショウ / The Complete Muse Sessions


    「ウディ・ショウは今世紀の最も過少な評価を受けた偉大な才能の持ち主」(レスター・ボウイ)

    Mosaicでのウディ・ショウの音源リリースは今回が2度目。以前にColumbia時代のスタジオ録音コンプリート盤を編纂しました。(こちらは既に廃盤)

    今回は、ウディ・ショウが音楽的アイデンティティを確立し、刺激的で影響力のあるミュージシャンとしてブレークスルーした1970年代半ば頃のコレクションにスポットを当てながら、さらに、1983年から1987年頃、Museに返り咲いたウディ・ショウの成熟した姿も捉えています。1965年、20歳のウディ・ショウの初期の録音も今回、編纂の枠に入れました。本来はBlue Noteに録音されていたものですが、Blue Noteレーベルの売却時にアルフレッド・ライオンよりウディ・ショウの元にその録音が返されたという経緯があり、後にMuseから発表された為、今回の「コンプリート・Muse・コレクション」の枠の中に収めたのです。

    Muse時代、当時、フュージョンの全盛だったこともあり、その確かな音楽の才能は遂に評価を受けることはありませんでした。
    不幸な地下鉄の事故後、腎不全により1989年に終えた彼の人生は、その才能を世に知らしめるに、余りにも短かったといえるでしょう。

    Muse時代の9作品を7枚組CDで完全収録。この時代のレアな写真及び、共同制作者、ウディ・ショウ・III氏によるエッセイ、曲紹介も盛り込んでいます。もちろん、ほかのMosaicのリリース同様、正式にマスターをライセンスし制作していますが、期間限定のマスター使用であり、これを逃すとこの完全版というフォームで二度と手に入れることは出来ません。このリリースを機に、是非、このジェントル・ジャイアンツの音楽的重要性を見直してほしいと願っています。それもこのセットが市場から無くなる前に。 (Mosaic社のリリース案内を和訳)

    収録内容は
    こちらでご確認頂けます。


    ★7枚組CD Charles Mingus チャールス・ミンガス / The Jazz Workshop Concerts 1964 - 65

    • 2012.10.24 Wednesday
    • 14:59
    ★7枚組CD Charles Mingus チャールス・ミンガス / The Jazz Workshop Concerts 1964 - 65

    いつもの事ながらMOSAICの完璧な作品プロデュースには脱帽です。
    今回はミンガスのワークショップの全レコーディングに未発表を収録した7枚組CD。再発されていない録音も含め、ミンガスの64年から65年のライブ録音を俯瞰出来るアーカイブ集です。

    7枚組CD Charles Mingus チャールス・ミンガス / The Jazz Workshop Concerts 1964 - 65


    MOSAIC社の制作ポリシーには次に3ステージが含まれます。歴史的に稀に見る貴重なもの、画期的かつ賞賛に値するもの、紛れもなく歴史的価値ある集大成であるということ。そして、ジャズ史における偉大な傑作の集大成の編纂を今回新たに手がけました。

    それは、チャールズ・ミンガスのジャズ・ワークショップ・コンサート 1964-65 (Town Hall, Amsterdam, Monterey '64, Monterey '65 & Minneapolis)で、今回、長時間をかけ発表出来たことを嬉しく思います。モダン・ミュージックの天才といわれるミンガスのライブパフォーマンスを集大成的に記録することにより、ミンガスの代表的な仕事であるコンポジションの深遠さ、複雑性を明確に知ることが出来るでしょう。

    初期作品における、ジャキ・バイヤード、ダニー・リッチモンド、ジョニー・コールズ、クリフォード・ジョーダンと共にブリリアントな演奏を見せるエリック・ドルフィーという最強の音楽集団の演奏が含まれています。そして、当時、全世界で繰り広げられたコンサートステージを作品としてリリースするというミンガス自身の意向のもと、録音された音楽は、それまでのジャズの概念を覆すほどのインパクトを与えたのです。

    今回リリースの7枚のCDの内、1枚のみ公式に再発されています。7枚の内、2枚は現在まで、まだ、CD化されておりません。そして更に、新たに発見された録音を含む2時間を超える収録曲がMOSAICにより、今回、初めて登場することになります。

    ↑MOSAIC社の商品紹介を翻訳

    こちらで収録曲、レコーディング・データがご覧いただけます。

    ▼MOSAIC RECORDSのご注文承ります▼
    http://www.catfish-records.jp/product-group/177

    ★MOSAIC 8枚組CD BOXセット COLEMAN HAWKINS コールマン・ホーキンス / Classic Coleman Hawkins Sessions 1922-1947

    • 2011.11.10 Thursday
    • 07:47
    ★MOSAIC 8枚組CD BOXセット COLEMAN HAWKINS コールマン・ホーキンス / Classic Coleman Hawkins Sessions 1922-1947

    COLEMAN HAWKINS コールマン・ホーキンス / Classic Coleman Hawkins Sessions 1922-1947


    1930年代においてのコールマン・ホーキンスの成長ぶりはめざましいものでした。特にバラード演奏においての急成長ぶりには目を見張るものがありました。甘美なまでの暖かさと心地よさ、誰もが分かるツボを得た音で明快なコードを繰り出して見せてくれる演奏ぶりはこの人をおいてはいないと思わせる程でした。特に1939年の「BODY AND SOUL」でのソロについては特筆すべきではないでしょうか? この演奏こそ、テナーサックスが吹奏され、この楽器の存在が重要になり始めた音楽の時代において、その味わい深く、しかも知性に充たされた無限の可能性を証明してくれた感動的奏演といえるでしょう。

    今回の8枚組CDではコールマン・ホーキンスの初期の頃の録音から190曲(その内の12曲は完全未発表)を収録しました。彼の時代の様々なバンド、たとえば、Mamie Smith and her Jazz Houndsやフレッチャー・ヘンダーソンと共に参加した様々な変名のバンド、また、その分派にあたる共有のバンドでの演奏、The Mound City Blue Blowers, Benny Goodman's orchestra, Lionel Hampton, Benny Carter, Count Basie、あるいは、Henry Red Allen, Cozy Cole等との双頭バンド、Metronome, Leonard Feather, and Esquire等のオールスター・バンドでの演奏もこの時代のホーキンスのリーダー作と同様、アーカイブしています。

    いつもの様に今回も、プロジェクトをコンプリートにするために、可能な限りの最良の音源の発掘に努めました。オリジナルのメタル・マスター、テスト・プレッシング、78回転盤、その中には商用CDにはなり得ないいくつかの音源も含みます。ローレン・ショーエンバーグによるライナーノート(ウディ・ハーマンのセットにおける彼のライナーでの貢献を記憶されている方も多いでしょう)、更にホーキンスの活動を描写する多数の写真もセットに含まれています。

    ↑MOSAICの新譜案内を和訳しました。

    収録データはこちらでご覧頂けます。

    ▼MOSAICの作品、御注文承ります▼
    http://www.catfish-records.jp/product-group/177

    ★MOSAIC 7枚組CDセットはジミー・ランスフォード。MOSAIC SELECTもリリース予定です。

    • 2011.06.23 Thursday
    • 18:21
    ★MOSAIC 7枚組CDセットはジミー・ランスフォード。MOSAIC SELECTもリリース予定です。

    MOSAICならではの歴史的復刻作品。今回はジミー・ランスフォードのDECCA期のコンプリート録音を7枚組CDで!

    JIMMIE LUNCEFORD ジミー・ランスフォード / THE COMPLETE JIMIE LUNCEFORD DECCA SESSIONS



    今回、MOSAIC RECORDSはスイング期におけるジミー・ランスフォードの重要な位置に着目し、DECCA時代の録音の完全収録セットの制作を試みました。私どもの熱意が版権を所有するUNIVERSAL MUSICに伝わり、原盤スタンパー、及び、伝説的サウンド・エンジニアであるJohn R.T. Davies氏によるテスト・プレッシング、収集家Leon Dierckx氏の78回転盤にアクセス出来ました。他にもミズーリ大学からの写真資料の提供も受け、十把一絡げに語られるスイング期において、実は重要な位置にいたランスフォードのDECCA時代の足跡をたどり、アーカイブ化するプロジェクトを実現したのです。

    ↑MOSAIC RECORDSの資料の一部を和訳しました。

    ▼MOSAIC SELECTのニューリリースもございます▼
    Charles Tolliver Big Band チャールス・トリヴァー / MOSAIC SELECT



    60年代半ばから後期にかけてスタンリー・カウエルとの双頭バンド、「MUSIC INC.」結成、以降、コンボとビッグバンドとの両編成で精力的に活動していたチャールス・トリヴァー。活動休止期を経て、2007年にビッグバンドでの演奏を再開。ブルーノートから「BIG BAND WITH LOVE」、さらには2009年にハーフノートから「Emperor March: Live At The Blue Note」をリリースしたのは記憶に新しい出来事です。そしてこの作品のリリースにともない、70年代STRATA-EASTに残された2作品の掘り起こし、あらためて復刻したいという強い思いを持ち続けていました。チャールス・トリヴァー自身が1979年にハンブルグにてNDR・ビッグ・バンドと共演した放送録音のテープを見つけ、私どもの元へ訪れた時に、トリヴァーの70年代ビッグバンド演奏を体系的アーカイブのセット作品でリリースするのはMOSAIC社でしかあり得ないと制作を決意したのです。 
    ↑MOSAICの資料の一部を和訳。

    ▼NDR・ビッグ・バンド参加メンバー▼
    Charles Tolliver, trumpet; Benny Bailey, trumpet, fluegelhorn; Herb Geller, alto sax, flute; Wolfgang Dauner, piano; Lukas Lindholm, bass; Alvin Queen, drums, the NDR big band.
    Recorded at the Funkhaus des NDR, Hamburg, Germany on February 19-23, 1979.Released courtesy of NDR Previously unissued.

    SAM RIVERS & THE RIVBEA ORCH. サム・リヴァース & RIVBEA オーケストラ / Trilogy



    1974年51歳の時にに彼はオーケストラの為に譜面を起こす作業に取りかかりますが(「Crystals」IMPULSEで発表)、その頃のリヴァースはむしろ純粋に即興演奏を主体としたトリオを率いる奏者として知られていました。しかし、リヴァースにとってコンポジションを書く行為は、その頃より即興と同じ位に重要な位置であり続けています。

    1992年にフロリダ、オーランドに居を移したリヴァースは、あらたに強力な即興トリオと、書き続けていた譜を体現するためのオーケストラの結成を模索したのです。1998年にNYで録音されRCAに発表された2枚の作品の後、(「Inspiration」 , 「Culmination」) Rivbea オーケストラの活動がいよいよ始まります。 地元の教職者、学生、ウォルト・ディズニーでの仕事に飽き足らないメンバー、トミー・ドーシーやウディ・ハーマンを退団したベテランの奏者などから選びぬかれたメンバーにより、リヴァースの音楽を体現するためのファースト・クラス・オーケストラを結成。2005年、ついにこのオーケストラによるファースト・レコーディング「Aurora」が発表されることになります。

    この作品を聴き、その質の高さに驚愕した私たちは、サムにそのことを伝えると同時に彼より、実はこのオーケストラのスタジオ、及びライブでの録音がかなり残されていることを聞かされたのです。そしてその録音を未発表の3枚組CDとして今回リリースする運びとなりました。
    ↑MOSAICの資料の一部より和訳


    REVELATIONレーベルに残された演奏と未発表を収録!★John Carter & Bobby Bradford / Mosaic Select 御予約承り中!

    • 2010.06.27 Sunday
    • 11:33
    JUGEMテーマ:音楽

    REVELATIONレーベルに残された演奏と未発表を収録!★John Carter & Bobby Bradford / Mosaic Select 御予約承り中!

    オーネット・コールマンとの接点を持つジョン・カーターとボビー・ブラッフォードのREVELATIONに残された録音と未発表録音を3枚組CDとしてリリース! この頃のジョン・カーター=ボビー・ブラッフォードの活動をつぶさに知る事ができる貴重なBOXセットです。

    John Carter & Bobby Bradford / Mosaic Select



    50年代初期にオーネット・コールマンはLAへ赴き、ボビー・ブラッフォードと散発的に、しかし長期に渡り、共演することになる。一方、ジョン・カーターは61年にLAへ活動を移し、ボビー・ブラッフォードとバンドを組むことになる。「The New Art Jazz Ensemble」というバンド名で活動を開始したこのバンドは1969年にデビューアルバム「Seeking」を1971年から1972年にかけて 録音 されたセカンド・アルバム「SECRETS」をマイナーレーベルREVELATION RECORDSに残す。オーネット・コールマンのアプローチに影響を受けたと思われるスタイル、又、カーターとブラッフォードという名コンビによるふくよかで色彩感豊かでしかも歯切れのよいこの頃の演奏を3枚組のBOXにして編集するという、これはもうMOSAIC SELECTならではの仕事というしかない。3枚組CDにはREVELATIONレーベルに残された演奏が収録されるが、他にもREVELATIONの設立者でもあり、プロデューサーでもあるJonathan Horwich氏、Bill Hardy氏 所有のアウトテイク集ではない貴重な未発表録音の数々が収められている模様。

    レコーディングデータは商品ページでご確認下さい。

    アーマッド・ジャマルの名演奏の数々9CDで!★MOSAIC BOX セット! AHMAD JAMAL / The Complete Ahmad Jamal Trio Argo Sessions 御予約承り中!

    • 2010.06.27 Sunday
    • 11:22
     アーマッド・ジャマルの名演奏の数々9CDで!★MOSAIC BOX セット! AHMAD JAMAL / The Complete Ahmad Jamal Trio Argo Sessions

    ジャズの歴史的アーティストの録音を編集、完全化し、クロノジカルに作品化するMOSAIC RECORDS。 今回はアーマッド・ジャマルのARGO時代の名演をコンプリート化!

    AHMAD JAMAL / The Complete Ahmad Jamal Trio Argo Sessions



    アーマッド・ジャマルのARGOにおけるトリオ作品の収録は1956年に始まった。今回のMOSAIC RECORDSが着眼したのは1956年から62年のアーマッド・ジャマル・トリオ作品のコンプリート化である。つまり、アーマッド・ジャマルのキャリアにおけるこの輝かしくも充実した時代の足跡の決定的完全収録を世に送り出すという事。「AHMAD'S BLUES」「POINCIANA」「BUT NOT FOR ME」「BILLY BOY」など、アーマッド・ジャマルを語る上で欠かせないこの頃の名演奏の数々が収録されています。さらに23曲の未発表録音を収録。MOSAICならではのブックレット付き。多くのミュージシャンに影響を与えたジャマルの音楽的資料がぎっしり詰まった、資料的にも大変貴重な作品です。限定9CDBOXセットでの発売。

    ※レコーディングデータはこちらでご覧いただけます。


    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    CATFISH RECORDS TWITTER

    ★THINK! 昭和JAZZシリーズ! 好評です!!

    好評の THINK! 昭和JAZZシリーズ! RAREな昭和の和ジャズディスクを復刻! 初CD化も有ります。お見逃しなく!!

    ★BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

    ↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

     

     

    ★下記プラットフォームに対応しております。
    Chrome Firefox Android iOS

    ※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。


    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM