【もうすぐ発売!】★フォーキー&スピリチュアルな牧歌性溢れる清新コンテンポラリー・モーダル快演♪ CD ODED TZUR オデッド・ツール / TRANSLATOR'S NOTE トランスレイターズ・ノート

  • 2017.03.16 Thursday
  • 16:54

【御予約承り中】★フォーキー&スピリチュアルな牧歌性溢れる清新コンテンポラリー・モーダル快演♪ CD ODED TZUR オデッド・ツール / TRANSLATOR'S NOTE トランスレイターズ・ノート

CD ODED TZUR オデッド・ツール / TRANSLATOR'S NOTE トランスレイターズ・ノート


先年の第1作が好評だった、ニューヨーク・シーンで活躍するイスラエル出身の若手テナーサックス奏者:オデッド・ツールの、今回も前作と同じ顔ぶれ=シャイ・マエストロ(p)参加のカルテットによるセカンド・アルバム。重厚で肉太く、それでいてまろやかなソフトネスや軽みをも呈した美味トーンのテナーが、力強くも伸び伸びと、吟遊詩人風のおおらかなブルージー・ブロウを轟かせて清々しい華を成し、端正なタッチでロマンティックかつダイナミックに邁進するピアノの助演も、中々鮮麗で歯切れのいい彩りを添えた、何とも爽やかな感動に包まれる好演内容。独特のエキゾティズムをも仄めかしつつ、フォーキーでスピリチュアルな牧歌的(またある時は瞑想的)ムードのコンテンポラリー・モーダル奏演が綴られ、ツール(ts)やマエストロ(p)の、エモーショナル&パッショネートに詩情を映し、かつ、メディテーション世界の奥底へ深く降りてゆくようなところもある、何げにドラマティックで旨口なアドリブ・プレイが誠に瑞々しく冴え渡る。ツール(ts)の、アーシーな吟醸節とエスニックな民謡的フレージング、を細かに融け合わせたような、風合いはごく柔和でふくよかさ溢れる優しい吹鳴のあり様、が実にフレッシュ・デリシャスな鮮度抜群の魅力を揮っており、一方マエストロ(p)の、ゴスペルorフォーク系統っぽい詩的文体と、一種のヒーリング効果を伴った幾何学的ダイナミズム表現、とを的確に使い分けたメリハリある立ち働き、も結構シャープ&ソリッドに際立っていて好印象。

1. シングル・マザーズ (Oded Tzur)
2. ウェルカム (Oded Tzur)
3. ザ・ホエール・ソング (Oded Tzur)
4. ザ・スリー・ステイトメンツ・オブ・ガラブ・ドルジェ (Oded Tzur)
5. ロニーズ・ラメント (John Coltrane)

Oded Tzur (tenor saxophone)
Shai Maestro (piano)
Petros Klampanis (bass)
Ziv Ravitz (drums)

2016年10月5日フランス-ムードン、同年10月29日米ニューヨーク録音

レーベル:Muzak(Yellowbird原盤)

 

★いぶし銀ユーロ・ピアノ・トリオ・アルバム TIZIAN JOST TRIO ティチアン・ヨースト・トリオ / さよならの記憶 〜ホルスト・ウェーバーに捧ぐ

  • 2013.02.22 Friday
  • 15:34
★いぶし銀ユーロ・ピアノ・トリオ・アルバム TIZIAN JOST TRIO ティチアン・ヨースト・トリオ / さよならの記憶 〜ホルスト・ウェーバーに捧ぐ

TIZIAN JOST TRIO ティチアン・ヨースト・トリオ / さよならの記憶 〜ホルスト・ウェーバーに捧ぐ


そのブリリアントなタッチで人気のドイツ出身のピアニスト、ティチアン・ヨースト最新アルバム。ジャズと共に生きた男の最後の思いをここに・・・・

ECMと並ぶドイツの名門ジャズ・レーベルenjaのオーナーであり敏腕プロデューサーとしても数多くの名作を残してきたホルスト・ウェーバーが病魔に冒され断念したティチアンとのプロジェクト!2012年2月に惜しくもこの世を去った彼を偲び我が国でも人気の叙情派ピアニスト、ティチアン・ヨーストが深い悲しみを乗り越えて同郷のホルストへ心を込めて綴った心震わすレクイエム。

↓杉田宏樹氏ライナーより
「これまでのトリオ4タイトルはスタンダード・ナンバーやジャズ・オリジナルの選曲が常で、アントニオ・カルロス・ジョビン曲集もある。本作はヨーストの自作曲を中心に構成されている点だけをとっても、新境地を示したものだ。〜ホルストの遺志が力となって、このピアニストの飛躍へと導く新作になることは間違いないだろう。」

1. 黄、白、青の幻想
2. ジョイフル・ノーヴェンバー
3. 小曲
4. ユナイテッド・イン・ザ・ビッグ・ブルー
5. ファン・イン・ザ・フォレスト
6. 真実の言葉
7. ティチズ・ビジネス
8. ノット・アン・イージー・ウェイ・トゥ・ゴー
9. ブー・ビー・ドゥー・ワップ
10.76号室
11.隠れ家※
12.ゴールデン・オクトーバー※
※日本盤ボーナス・トラック

ティチアン・ヨースト (piano)
トーマス・スタベノウ (bass)
マリオ・ゴンジー (drums)

録音:2012年7月/ミュンヘン

▼御注文承ります▼
TIZIAN JOST TRIO ティチィアン・ヨースト / THE NIGHT HAS A THOUSAND EYES


凛々しくも小粋にサバけた闊達リリカル・ピアノ会心打!!

TIZIAN JOST ティチィアン・ヨースト / PLAYS JOBIM




開放的エンタテイメント性を重視した、輪郭もクッキリのストレートアヘッドな道程展開

TIZIAN JOST TRIO ティチィアン・ヨースト・トリオ / WE WILL MEET AGAIN



TIZIAN JOST TRIO ティチィアン・ヨースト・トリオ / OUR REFLECTIONS


清涼感を含んだ弾みのいいタッチで、輪郭明媚にイキイキとメロディーを歌い綴ってゆく

【熱い時代を駆け抜けたスピリチュアル・ジャズ・レーベル Freedom が蘇る】CD STANLEY COWELL / ブルース・フォー・ヴェトコン

  • 2013.02.11 Monday
  • 23:26
【熱い時代を駆け抜けたスピリチュアル・ジャズ・レーベル Freedom が蘇る】CD STANLEY COWELL / ブルース・フォー・ヴェトコン

★1960年代〜1970年代の熱い時代を駆け抜けたスピリチュアル・ジャズ・レーベル Freedom が蘇る。

「フリーダム・レコードはジャズの勉強にとてもいい」by 植草甚一

2013年2月22日発売予定
STANLEY COWELL / ブルース・フォー・ヴェトコン


★STRATA-EAST の創立者、スタンリー・カウエルが Freedom に残した、記念すべきファースト・リーダー・アルバム。
●1960年代に巻き起こった黒人公民権運動の流れを経て盟友チャールズ・トリヴァーと共にアフロ・アメリカンとしての意識を全面に打ち出したブラック・ジャズ・レーベル STRATA-EAST を立ち上げ数々の問題作を送り出したスタンリー・カウエル。彼の名を世に知らしめた決定的名盤がオリジナル・デザインで遂に復刻!クラブ・シーンでも人気のエレピ・メロウ・チューン(8)「トラヴェリン・マン」はじめ今だからこそ聴きたいスピリチュアル・ジャズの金字塔。冒頭を飾る「ディパーチャー」は、70年代のアルバム『Music Inc with Orchestra』でも再演されたカウエルの代名詞的 1 曲。これひとつでメンバーは 40 数年の時空を飛び越えて、ジャズ・ファンの血を騒がせる。・・・・原田和典(新譜案内より)

1.デパーチャー
2.スウィート・ソング
3.ザ・シャトル
4.ユー・トック・アドヴァンテージ・オブ・ミー
5.ブルース・フォー・ヴェトコン
6.ウェディング・マーチ
7.フォトン・イン・ペーパー・ワールド
8.トラヴェリン・マン

スタンリー・カウエル (p)
スティーヴ・ノヴォセル (b)
ジミー・ホップス (ds)

1969 年 ロンドン録音

▼こちらのご注文承ります▼
2枚組CD VA / FREDOM SUITE


60年代〜70年代の熱い時代を駆け抜けたフリー&スピリチュアル・ジャズ・レーベルFreedom初のコンピ

【熱い時代を駆け抜けたスピリチュアル・ジャズ・レーベル Freedom が蘇る】JAN GERBAREK ヤン・ガルバレク / エソテリック・サークル

  • 2013.02.11 Monday
  • 21:23
【熱い時代を駆け抜けたスピリチュアル・ジャズ・レーベル Freedom が蘇る】JAN GERBAREK ヤン・ガルバレク / エソテリック・サークル

★1960年代〜1970年代の熱い時代を駆け抜けたスピリチュアル・ジャズ・レーベル Freedom が蘇る。

「フリーダム・レコードはジャズの勉強にとてもいい」by 植草甚一

2013年2月22日発売予定
JAN GERBAREK ヤン・ガルバレク / エソテリック・サークル


★北欧のコルトレーンと称された、ヤン・ガルバレクの原点となったレア・アイテムがオリジナル仕様での初 CD 化!ガルバレク伝説はここから始まった・・・・・ ●キース・ジャレット・ヨーロピアン・カルテットを皮切りに今やECMを代表するトップ・プレイヤーとして君臨するヤン・ガルバレクが率いた幻のグループ“エソテリック・サークル”唯一のアルバムとして語り継がれてきた隠れ名盤。北欧の空のように澄み切った音色、そして湖のような深い余韻。近年の耽美的でストイックな佇まいとは異なり、後期コルトレーンの影を感じさせるECM デビュー前夜のその熱い吐息を聴け!!(新譜案内より)

1.トレーンフライド
2.ラバルダー
3.エソテリック・サークル
4.ヴィプス
5.SAS644
6.ネフェルティティ
7.ジー

8.カーリンズ・モード
9.ブリーズ・エンディング

ヤン・ガルバレク (sax)
テリエ・リピダル (g)
アリルド・アンデルセン (b)
ヨン・クリステンセン (ds)

1969年 録音

▼こちらのご注文承ります▼
2枚組CD VA / FREDOM SUITE


60年代〜70年代の熱い時代を駆け抜けたフリー&スピリチュアル・ジャズ・レーベルFreedom初のコンピ

★ダスコ・ゴイコヴィッチ絶頂期の2作品復刻!

  • 2013.01.05 Saturday
  • 18:39
★ダスコ・ゴイコヴィッチ絶頂期の2作品がミッドプライスで復刻!

DUSKO GOYKOVICH ダスコ・ゴイコヴィッチ / TEN TO TWO BLUES


ヨーロピアン・ジャズ屈指の美しさを持つジャズ・ワルツ,「Old Fisherman’s Daughter」を収録した人気アルバムが、オリジナル・デザインで復刻!

ヨーロピアン・ジャズ屈指の美しさを持つジャズ・ワルツ,「Old Fisherman’s Daughter」を収録した人気アルバムが、オリジナル・デザインで復刻!
この作品は、ゴイコヴィッチがデビュー以来、一貫して追求してきたビバップ〜ハード・バップの精神が、テテ・モントリューという類稀な才能との出会いによって、さらにスケール・アップ、パワー・アップ、相乗効果をもたらした一枚だ。・・・・後藤誠氏

―後に『After Hours』と題されたセカンド・プレスも有名な、ゴイコヴィッチ諸作の中でも人気の高いアルバム。その『After Hours』とは曲順や曲名が異なっていて、本盤では『Blues To Line』という楽曲は、スライド・ハンプトンがフランスに残した名盤『Fabulous 』に収録されていた『Last Minutes Blues』のカヴァーだ。ここでは、よりハキハキとしたハード・バップ・スタイルでプレイしている。本盤のハイライトとも言えるのが、ゴイコヴィッチ自身が幾度も吹き込んでいるヨーロピアン・ジャズの中でも屈指の美しさを持つワルツ『Old Fisherman’s Daughter』の再演だ。よどみないモントリューらしいプレイが光るヴァージョン。―小川充監修「HARD BOP & MODE」より

1.テン・トゥー・ツー・ブルース
2.リメンバー・ゾーズ・デイズ
3.オールド・フィッシャーマンズ・ドーター
4.アイ・ラヴ・ユー
5.ア・チャイルド・イズ・ボーン
6.ラスト・ミニット・ブルース

ダスコ・ゴイコヴィッチ (tp)
テテ・モントリュー (p)
ロブ・ランゲイス (b)
ジョー・ナイ (ds)
録音:1971年 / スペイン


DUSKO GOYKOVICH ダスコ・ゴイコヴィッチ / SWINGING MACEDONIA


ダスコ・ゴイコヴィッチの初期代表作。幻の初回リリース・デザインで復刻!

この『スインギン・マケドニア』こそ、ゴイコヴィッチの原点が捉えられた1枚といっても過言ではない。アルバムの原盤は独フィリップスだが、その後イギリスやユーゴスラヴィア、ニュージーランドといった国々で再発され、その度にジャケットが変更された。そんなこともあって、ジャズ・コレクターの間ではすこぶる人気の高いアイテムとしても知られている。・・・・後藤誠氏

―66年に独フィリップスから発売された本作はタイトル曲はじめ、そのエキゾチシズム溢れるプレイが凝縮された名盤として知られている。―小川充監修「JAZZ NEXT STANDARD」より

●Track1: ニコラ・コンテも「Ritual」(2008年)にてカヴァーしたダスコ作の名曲
●Track9:“須永辰夫の夜ジャズ”収録

1.マケドニア
2.オールド・フィッシャーマンズ・ドーダー
3.ジャンボ・ウガンダ
4.ジプシー
5.マケドニアン・ファーティリティー・ダンス
6.ベム・バシャ
7.サーガ・セ・カラメ
8.アレキサンダー大王の結婚行進曲
9.スコピエの夜
10.バルカン・ブルー

ダスコ・ゴイコヴィッチ (tp)
マル・ウォルドロン (p)
ネイサン・デイヴィス (fl,ss,ts)
エディー・ブスネロ (as)
ペーター・トルンク (b)
ケース・セイ (ds)
録音:1966年 / ドイツ


▼MUZAKのご注文承ります▼
http://www.catfish-records.jp/product-group/30

★伸び伸びとスピリチュアルに芳醇なメロディーを歌う、雄々しくも優しい吟醸トランペットのおおらか名演 RON MILES ロン・マイルズ / QUIVER 三人主義

  • 2012.11.19 Monday
  • 19:30
★伸び伸びとスピリチュアルに芳醇なメロディーを歌う、雄々しくも優しい吟醸トランペットのおおらか名演 RON MILES ロン・マイルズ / QUIVER 三人主義

12月5日発売予定です!
RON MILES ロン・マイルズ / QUIVER 三人主義

コロラド州デンヴァーに本拠を置いて活動し、80年代後期よりProlific、Capri、Gramavision、Sterling Circle等へユニークな吹き込みを行う一方、ビル・フリゼールやMyriam Alterらのサイドでも腕を揮ってきた個性派黒人トランペッター:ロン・マイルズの、今回は、長年馴染みのB・フリゼールにブライアン・ブレイド、という変則的なオールスター・トリオによるライヴ編。シャープネスと丸みが表裏一体化した表情濃やかなトランペットの、流麗滑脱に美メロを綴る、抑揚にも富んだブルージーな明朗スウィンギン・プレイ!、が小気味よくも芳醇に華を成し、縦横無尽の半ゲリラ的な遊撃ぶりで数役を掛け持ちするかの如きギター&ドラムの変幻奮戦、も鮮やかに彩りを添えてゆく、カラフル&スリリングなおいしい敢闘内容。スタイルは適宜多様に変化するが、現代モード・ジャズの正統たる枠内にしっかり留まった、歌心溢れる実に親しみやすいリリカル指向のエンターテイニングな快演が、溌剌と綴られてゆき、マイルズやフリゼールの、自然体で伸びやかな、それでいてドラマティックなメリハリもバッチリ利いた開放感あるソロ活躍が、何とも豊穣なる盛り上がりを呈してゆく。マイルズの、リキみなく泰然とした息遣いで楽しげに、どこかしら飄々と散歩道で鼻唄を口ずさむかのような、「旨口メロディーの宝庫」たるソウルフル(orスピリチュアル)歌謡アクション調のごくナチュラルな吟醸ブロウが、力強い生命感や包容力に満ちた、(雄々しくも優しくおおらかに一言一言聴く者へ語りかけてくる風な)気さくげにして熟成されたコク旨な映え具合を見せており、一方フリゼールの、得意とするコンテンポラリー・フォーキーな爽涼フレージングの他、極めてオーソドックスな渋筋バップ節やファンキー技、なども意表を衝いて?盛り込んでくる、という、何げに自在で劇的なハッスルぶりも鮮烈に際立っている。

1. ブルーズ
2. クイーンB
3. ミスター・ケヴィン
4. ザ・ソルト・オブ・マイ・ティアーズ
5. ジャスト・マリッド
6. ドゥーイン・ザ・ブン・ブン
7. 酒とバラの日々
8. ルディ・ゴー・ラウンド
9. ゲスト・オブ・オーナー
10. ブラック・ビューティー (bonus track)
11. ニュー・ミディアム (bonus track)

Ron Miles(tp)
Bill Frisell(g)
Brian Blade(ds)
2012年作品

↓原盤Enjaのジャケット & 試聴

★DIANA PANTON ダイアナ・パントン / ウィンター・キッス〜わたしのホリデイ

  • 2012.10.01 Monday
  • 16:01
★DIANA PANTON ダイアナ・パントン / ウィンター・キッス〜わたしのホリデイ

恋するクリスマス〜今年イチオシの冬アルバム登場!
DIANA PANTON ダイアナ・パントン / ウィンター・キッス〜わたしのホリデイ

「そこはかとなく美しいリリシズムが淡雪のように降り積もるサウンド。〜聴くたびに愛おしくなり、寒くなるのが待ち遠しくなるような、そんな気持ちにさせてくれる作品。」ー山本勇樹(ライナーより抜粋)

人気急上昇中のカナダの妖精、ダイアナ・パントンがそのとろけるメロウ・ヴォイスで囁きかける・・・・ファン待望のクリスマス・アルバムが遂に完成!!
アレサ・フランクリンで知られる「Kissin' By The Mistletoe」の軽快なボサ・カヴァーから始まり、お馴染みのクリスマス・ソングから、アンリ・サルバドール「セ・ノエル・シェリー」、デイヴ・フリッシュバーグ「スノウバウンド」そして、ヴィンス・ガラルディ「クリスマス・タイム・イズ・ヒア」などの隠れた冬の名曲をしっとりとカヴァー。これまでのクリスマス・アルバムとはひと味ちがう心温まる冬の新定盤誕生!

●日本盤のみのボーナス・トラックとしてクロディーヌ・ロンジェやニルソンのカヴァー(そして何とサニー・デイ・サービスも・・・)が密かに愛聴されるランディー・ニューマン作のレア名曲「スノウ」収録!

↑新譜案内より

1. キッシング・バイ・ザ・ミスルトゥ (L. McFarland)
2. 外は寒いよ (F. Loesser)
3. クリスマス・キス (D. Panton/ D. Thompson)
4. ウィンター・ウェザー (T. Shapiro)
5. セ・ノエル・シェリー (J. Lacroix/ B. Michel/ H. Salvador)
6. ウィンター・ワンダーランド (F. Bernard/ R. B. Smith)
7. ハヴ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル・クリスマス (R. Blane/ H. Martin)
8. ディセンバー (A. Rinker/ F. Huddleston)
9. スノウ (R. Newman) ※(日本盤限定ボーナストラック)
10.スノウバウンド (D. Frishberg)
11.ウィンター・ワーム (H. David/ B. Bacharach)
12.クリスマス・ワルツ (S. Cahn/ J. Styne)
13.クリスマス・タイム・イズ・ヒア (L. Mendelsohn/ V. Guaraldi)
14.レット・イット・スノウ (S. Cahn/ P. Noles/ J. Styne)
15.イメージ・オブ・クリスマス (J. Rae, G/ Basso)
16.サイレント・ナイト (G. Brown/ J. Young/ F. Gruber)

メンバー:
ダイアナ・パントン (vo)
ドン・トンプソン (p, b, vib)
レグ・シュワガー (g)
ギド・バッソ (cor, flh, tp)
ハリソン・ケネディ (vo : track2)

録音:2011年

※この商品のみご購入御希望の場合は、送料込み価格2,520円になります。

▼DIANA PANTONのCD▼
DIANA PANTON ダイアナ・パントン / ...yesterday perhaps きのうの私

初々しくも儚げに囁きかける極上メロウ・キューティー・ヴォーカルの原点

DIANA PANTON ダイアナ・パントン / PINK - SECRET HEART ピンク - シークレット・ハート


可憐で清楚でどこか儚い、潤み煌くようなスウィート・ガーリッシュ・ヴォーカルの極上品

DIANA PANTON ダイアナ・パントン / フェリシダージ 〜わたしが愛したブラジル

しっとり優しく清らかな、そよ吹く涼風の如きメロウ・ボサノヴァ演唱

DIANA PANTON ダイアナ・パントン / IF THE MOON TURN GREEN... ムーンライト・セレナーデ〜月と星のうた


しっとりメロウ・ムーディーな囁きキュート系リラックス・ヴォーカルの粋

★ポストカード特典有り! 紙ジャケットCD PETE JOLLY 復刻CD!

  • 2012.06.22 Friday
  • 03:28
★ポストカード特典有り! 紙ジャケットCD PETE JOLLY 復刻CD!

↓↓↓先着でポストカードプレゼント↓↓↓



PETE JOLLY ピート・ジョリー / ハロー・ジョリー!



西海岸で一番スタイリッシュなピアニスト、ピート・ジョリーが幻のレーベル、AVA Records に残したゴキゲンなアルバムが待望の世界初CD化!

「本当においしいものは、最後に登場する」。
そう言ったのは、いったいどこの誰だったろう。“ピート・ジョリー、黄金のAva3部作”のラストを飾る『ハロー・ジョリー!』が、とうとうCDで聴けるようになった。他の2アイテム、『リトル・バード』と『スウィート・セプテンバー』は既に何度もCD化され、すっかり定番の仲間入りを果たしているというのに、なぜか当アルバムはリイシューの機会を逸してきた。少なくないファンが、「この優れものが、なぜ再発されないのか」という気持ち、「一生再発されないでくれ。この作品を独り占めしたいんだ」という気持ちの間で悶々としたはずだ。しかし今回、『ハロー・ジョリー!』は遂に蘇った。コンボ (小編成のバンド)による前2作とは打って変わった、オーケストラやストリングスを取り入れたフォーマットのなか、ジョリーのピアノが歌い、舞い、踊る。洒脱でゴージャス、夢のあるサウンドがアルバム全体に拡がる。Jollyという言葉には“楽しい、陽気な、愉快な”という意味があるけれど、まさしく愉しさいっぱいのピアノが満喫できるのだ。――原田和典氏(ライナーより)

心地よい疾走感がたまらないビートルズ・カヴァー「A Hard Day's Night」でいきなりノックアウト!まるでウエスト・コーストの空のように澄み切ったそのピアノ・タッチとそよ風のようなストリングスが心地良く耳を撫でる「Here's That Rainy Day」、ベースがうねるグルーヴィーな「A Sleepin' Bee」、体が自然に揺れるファンキーな「Hello Dolly」などなど最後まで一気に聴ける捨て曲ナシの超名盤。ハワード・ロバーツ(g)、バーニー・ケッセル(g)、バド・シャンク(as)、ビル・パーキンス(bs)はじめ豪華ミュージシャンがサポート!またエンジニアにはプレスリー、フィフス・ディメンション、アソシエーションズ、トム・ウェイツなどを手がけた音の匠、ボーンズ・ハウが担当しミラクルなサウンドにより磨きをかけている。

1. ア・ハード・デイズ・ナイト
2.ヒアズ・ザット・レイニー・デイ
3.ザ・グラス・イズ・グリーナー
4.ピープル
5.ザ・モーメント・オブ・トゥルース
6.ア・スリーピン・ビー
7.ブルース・トゥ・ウェイズ
8.ハロー・ドリー
9.ザ・ファースト・オブ・メイ
10.スウィート・セプテンバー

ピート・ジョリー (p)
チャック・バーグホーファー (b)
ニック・マルティネス (ds)
ハワード・ロバーツ (g)
バーニー・ケッセル (g)
バド・シャンク (sax)
ボブ・ハードウェイ (sax)
ビル・ロビンソン (sax)
ジョン・ロウ (sax)
ビル・パーキンス (sax)
ボブ・エドモンドソン (tb)
マイク・バローネ (tb)
アーニー・タック (b-tb)
ジム・ジト (tp)
リー・カッツマン (tp)
ジュールス・チャイケン (tp)
オリヴァー・ミッチェル (tp)
ノーム・ジェフリー (ds)
・・・・・・他

↓↓こちらはジュエルケース(プラケース)仕様CDでのリリースです。
PETE JOLLY ピート・ジョリー / スウィート・セプテンバー


めくるめく快感。ピート・ジョリー屈指の人気盤がミッド・プライスで登場!

高速ワルツ「Sweet September」で心地よく始まり、リラックスしたミディアム・テンポのラテン・タッチ「Kiss Me Baby」、ドリーミーなバラード「I Have Dreamed」、ロリンズ・オリジナルを渋くカヴァーした「Oleo」などヴァラエティー溢れるピアノ・ファン必携の名盤!(メーカーインフォ)

1.スウィート・セプテンバー
2. キス・ミー・ベイビー
3.ユアーズ・イズ・マイ・ハート・アローン
4. アイ・ハヴ・ドリームド
5.ノー・アザー・ラヴ
6.エニー・ナンバー・キャン・ウィン〜地下室のメロディのテーマ
7.ソフト・ウインズ
8.オレオ
9.キャント・ウィー・ビー・フレンズ
10.アイム・ビギニング・トゥ・シー・ザ・ライト

メンバー:
ピート・ジョリー (p)
チャック・バーグホーファー (b)
ラリー・バンカー (ds)

ゲスト:
ハワード・ロバーツ (g) on track, 1.2
ニック・マルティネス (ds) on track 1.2

録音:1963年11月 / ハリウッド

★50年代のチェット、70年代のマイケル・フランクスを今に引き継ぐ CD LINCOLN BRINEY リンカーン・ブライニー / リンカーン・ブライニーズ・パーティ!

  • 2012.01.09 Monday
  • 23:52
★50年代のチェット、70年代のマイケル・フランクスを今に引き継ぐ CD LINCOLN BRINEY リンカーン・ブライニー / リンカーン・ブライニーズ・パーティ!

1月25日発売予定!
LINCOLN BRINEY リンカーン・ブライニー / リンカーン・ブライニーズ・パーティ!
カリフォルニア州ナパヴァレー在住のミスター・ウエスト・コースト、リンカーン・ブライニー待望のニュー・アルバム!シャーデー、スティービー・ワンダー、トム・ウェイツ、ロン・セクスミスなどの秀逸なカヴァーで一部のヴォーカル・ファンやサバービア系リスナーから大絶賛された不遇の名作「Foreign Affair(コートにすみれを)」から5年半ぶりとなるセカンド・アルバム。PARTYside(M1−7)は親しい友達を招いて行われたホーム・パーティーでのウォームでリラックスしたセッション。そしてCHETside(M8−13)は敬愛するチェット・ベイカーへ捧げられたシアトルのジャズ・クラブで行われたトリビュート・ライヴでのリスペクト感あふれるステージを収録。チェット・ベイカーやジョアン・ジルベルト、マイケル・フランクスなどを彷彿とさせるソフトでジェントルなその歌声と爽やかなウエスト・コーストの空気をいっぱいに吸い込んだジャジーなサウンドが織りなす至福の一枚。The Jazz Renegadesのヴァージョンがクラブ・シーンで人気の「Do It The Hard Way」のグルーヴィーなトラックからスタートし、ブロッサム・ディアリーもカヴァーした「You Fascinate Me So」のクールなプレー、B.J.トーマスで大ヒットしたバカラック作「Rain Drops Keep Fallin On My Head」のとろけるような歌声、アコースティック・ギターのみで歌われる今は亡きハワイのシンガー・ソング・ライター、 クイ・リーが残した一世一代の名曲「I'll Remember You」、そして「Look For The Silver Lining」をはじめとするチェット・ベイカーのレパートリーの数々。もう2012年度最優秀男性ヴォーカル・アルバムはこれで決まり!?

PARTY side
1. ドゥ・イット・ザ・ハード・ウェイ
2. ユー・ファッシネイト・ミー・ソー
3. オールド・フォークス
4. エニイ・プレイス・アイ・ハング・マイ・ハット・イズ
5. 雨にぬれても
6. イン・ザ・ウィー・スモール・アワーズ
7. パーティ・イズ・オーヴァー

CHET side
8. ルック・フォー・ザ・シルヴァー・ライニング
9. アローン・トゥゲザー
10.リトル・ガール・ブルー
11. アイル・リメンバー・ユー
12. スリル・イズ・ゴーン
13. マイ・ファニー・ヴァレンタイン

1〜7 リンカーン・ブライニー (vocal)
マルコ・デ・カルヴァーリョ (guitar)
リック・ラッパネン (bass)
ジェフ・バッシュ (percussion)
クレイグ・フローリー (saxophone, clarinet)
録音:2011年8月18日/シアトル

8〜13 リンカーン・ブライニー (vocal)
トーマス・マリオット (trumpet)
ビル・アンシェル (piano)
エヴァン・フローリー・バーネス (bass)
ホセ・マルティネス (drums)
マルコ・デ・カルヴァーリョ (guitar)
録音:2010年10月27日/Triple Door・

シアトル リンカーン・ブライニー (Lincoln Briney):
1964年5月5日サンフランシスコの北450キロにある閑静な町、ユーレカに生まれる。ドイツ系の移民で牧師だった父とアニタ・カー・シンガーズが好きだった音楽好きの母の元で育つ。ノーザン・コロラド大学でジャズ系コーラス・グループに所属し歌手として目覚める。そして当時一番影響を受けたアーティストはジーン・ピューリング率いるハイローズとシンガーズ・アンリミテッド。彼らの歌の解釈や音の重ね方、ハーモニーが彼の音楽の基礎を形成したといえる。シアトルでソロ・シンガーとしてCMソングなどの仕事でスタートした後、ニューヨークに拠点を移し本格的な活動を始める。そして2004年に世界的に優秀なワインの産地として有名なカリフォルニア州ナパに移住。マーク・マーフィー、ジャニス・シーガル、ボビー・マクファーリン、トム・レリスなどのレコーディングやツアーなどに参加。そして2006年に初のソロ・アルバム「Foreign Affair」をリリース。現在2012年夏のリリースを目指しスタジオ・アルバムを企画中。

★好きな歌手・・・・シンガーズ・アンリミテッド、シャーリー・ホーン、ヘレン・メリル、ジョアン・ジルベルト、マーク・アーモンド、マルコス・ヴァーリ、ニック・ドレイク、ジェリー・サザーン、ニック・デカロ、ボブ・ドロウ、ブロッサム・ディアリー etc.

★好きなミュージシャン・・・・マーティー・ペイチ、ジェリー・マリガン、チェット・ベイカー、クレア・フィッシャーなどをはじめとするウエストコースターズ


★デビューアルバム! CD DIANA PANTON ダイアナ・パントン / ...yesterday perhaps きのうの私

  • 2011.11.14 Monday
  • 16:54
★デビューアルバム! CD DIANA PANTON ダイアナ・パントン / ...yesterday perhaps きのうの私

DIANA PANTON ダイアナ・パントン / ...yesterday perhaps きのうの私


★最新作「フェリシダージ〜わたしが愛したブラジル」が大好評のダイアナ・パントン。今回、やっと、彼女の記念すべきデビュー・アルバムのリリースが実現! 諸事情によりなかなか聴くことが出来なかったこの作品のリリースは本当にうれしい。それもニュー・リマスタリング仕様というからなおさらだ! オーディオ・ファンの方も見逃せませんよ!!

●ドン・トンプソンのピアノとベース、レグ・シュワガーのギターだけのシンプルな編成が醸し出すインティメイトなサウンドとブロッサム・ディアリーを彷彿とさせるコケティッシュな歌声が絡み合ったソフトでメロウな極上のヴォーカル・アルバム。

●彼女の愛するブロッサム・ディアリーも歌っている『プリュ・ジュ・タンブラス』、ミッシェル・ルグランの隠れた名曲『サマー・ミー、ウインター・ミー』、フランス語でそっと囁く『枯葉』、ニュー・アルバム「フェリシダージ」へと繋がるジョビンの『ジンジ』、そしてチェット・ベイカーで知られる『アイ・ゲット・アロング・ウィズアウト・ユー・ヴェリー・ウェル』などなど聞き逃せないトラックが満載!(新譜案内より)

1.ザット・オールド・フィーリング (Brown / Fainl)
2. ジンジ (Gilbert / Jobim / De Oliviera)
3. プリュ・ジュ・タンブラス (Ryan / Franclis)
4. アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー (Herron / Sinatra / Wolf)
5. イズント・ディス・ア・ラヴリー・デイ? (Berlin)
6. サマー・ミー、ウィンター・ミー (A. Bergman /M. Bergman / Legrand)
7. 時さえ忘れて (Hart / Rodgers)
8. 枯葉 (Prevent / Kosma)
9. ディス・イズ・オルウェイズ (Warren / Gordon)
10.ユー・ヒット・ザ・スポット (Revel / Gordon)
11.アイ・ゲット・アロング・ウィズアウト・ユー (Carmichael)
12.フォー・オール・ウィー・ノウ (Coots / Lewis)
13.スターズ・ウェル・オン・アラバマ (Perkins / Parish )
14.ユード・ベター・ゴー・ナウ (Graham / Reichner)
15.イン・ザ・ウィー・スモール・アワーズ (Mann / Hilliard)

ダイアナ・パントン (vo)
レグ・シュワガー (g)
ドン・トンプソン (p, b)

録音:2004年録音

◎新装デザイン・パッケージ
◎ダイアナ・パントンによる最新曲目解説

▼ダイアナ・パントンのCD▼
DIANA PANTON ダイアナ・パントン / IF THE MOON TURN GREEN... ムーンライト・セレナーデ〜月と星のうた
DIANA PANTON ダイアナ・パントン / PINK - SECRET HEART ピンク - シークレット・ハート
DIANA PANTON ダイアナ・パントン / フェリシダージ 〜わたしが愛したブラジル


PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

CATFISH RECORDS TWITTER

★THINK! 昭和JAZZシリーズ! 好評です!!

好評の THINK! 昭和JAZZシリーズ! RAREな昭和の和ジャズディスクを復刻! 初CD化も有ります。お見逃しなく!!

★BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。
Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。


selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM