★スタン・ゲッツへの真摯なるオマージュ CD PAOLO RECCHIA パオロ・レッキア / THREE FOR GETZ スリー・フォー・ゲッツ

  • 2013.06.04 Tuesday
  • 21:50
★スタン・ゲッツへの真摯なるオマージュ CD PAOLO RECCHIA パオロ・レッキア / THREE FOR GETZ スリー・フォー・ゲッツ

2013年7月8日発売予定
PAOLO RECCHIA パオロ・レッキア / THREE FOR GETZ スリー・フォー・ゲッツ


ルーカ・マンヌッツァ・サウンド・シックスでめざましい飛躍を見せた伊ジャズ界きっての若手アルト奏者=パオロ・レッキアが送る、スタン・ゲッツへの真摯なるオマージュ。クール・ジャズのアイコンとして、また70-80 年代には通好みのアルバムをいくつも残したゲッツのレパートリーのなかから9曲を、ラテン・アメリカへの憧憬を漂わせながら、確立された自身のトーンで伸びやかに歌い上げる。サポートを務めるのはエンリーコ・ブラッコ(g)、そしてニコラ・ボッレッリ(b)。(新譜案内より)

1
INDIAN SUMMER (Victor Herbert)
2
CARPETBAGGER'S THEME (Elmer Bernstein)
3
GRANDFATHER'S WALTZ (Lasse Farnlof)
4
THREE LITTLE WORDS (Harry Ruby)
5
FIRST SONG (Charles E. Haden)
6
HERSHEY BAR (Johnny Mandel)
7
O GRANDE AMOR (Antonio Carlos Jobim)
8
VOYAGE (Kenny Barron)
9
THE PEACOCKS (James G. Rowles)

PAOLO RECCHIA (as)
ENRICO BRACCO (g)
NICOLA BORRELLI (b)

Recorded at Video Eikon media studio, Lavinio, Roma Italy, on October 31, 2012
Recording engineer : Francesco Bruno
Mixing and mastering engineer : Luca Bulgarelli
Photo [C] 2012 Andrea Palmucci

▼好評販売中▼
LUIGI MARTINALE TRIO ルイージ・マルティナーレ / STRANGE DAYS

心地よい緊張感と旨味に満ちた、正攻法でひた進むイタリアン・ストレートアヘッド・ピアノ爽快打! 

▼albore jazzの御注文承ります▼
http://www.catfish-records.jp/product-group/846

★albore jazz第19弾!明快平易で味わい深い歌物リラックス・ピアノの謹製品!! LUIGI MARTINALE ルイージ・マルティナーレ / ARIETIS AETAS アリエーティス・アエタース

  • 2012.09.15 Saturday
  • 04:49
★ albore jazz第19弾!明快平易で味わい深い歌物リラックス・ピアノの謹製品!! LUIGI MARTINALE ルイージ・マルティナーレ / ARIETIS AETAS アリエーティス・アエタース

現代イタリア・ジャズの多彩な魅力を徹底的に追求し続ける、すっかり熟成味も増してきたお馴染み日本の完全燃焼レーベル=albore jazz(アルボーレ・ジャズ)、今回は、伊・北西部トリノのシマを仕切る人気の王道派ピアニストが、じっくり吟醸されたそのマカロニ魂を鮮やかに昇華させきった、ひらりと小粋にして力強いエモーション渦巻くさすが「一撃必殺」の劇的ソロ演集!はや老舗の風格か?テンションあがる↗↗↗第十九弾!!

LUIGI MARTINALE ルイージ・マルティナーレ / ARIETIS AETAS アリエーティス・アエタース

DDQやalbore、ガッツプロ等のヒット近作群ですっかりお馴染みな、ピエラヌンツィやダンドレアに師事した伊トリノの人気ピアニスト:ルイージ・マルティナーレ(1963〜)の、今回はスタンダード曲中心のソロ・ピアノ集。折り目正しくきめ濃やかな、潤いとキレのよさを併せ持った瑞々しい水滴〜朝露の如きクリアー・タッチによる、甘美でロマンティックなメロディー・センスに溢れ、かつ、硬派で渋い「バップ・ジャズ(&ブルース)」の伝統作法がその根底にしっかり息づいた、明朗旨口なリリカル・プレイが安定してフレッシュ&テイスティーに映え渡った、ホッと和める充実の娯楽編。親しみやすい旋律美と小気味よくノレるスイング感、を何より重視した、「歌物派の鑑」とも云うべき明快ストレートな抒情指向の闊歩邁進が続き、1曲1曲は簡潔めにまとめられた、常に音の輪郭もクッキリ鮮明な、エッセンス凝縮風の筆運び=道程展開で、トントン拍子においしく楽しく聴き進ませてくれる。バップ&モードの基本たる硬派なダイナミック語法を用いて、先ずは道筋の骨組or細部をカッチリと鋭角的に引き締めながら、エヴァンスやキースの成果を踏まえた耽美ロマン派の正統らしい繊細なスウィート・メロウ節、或いは、寛ぎ小唄路線の定番たる軽妙瀟洒なブルージー・フレーズ、といった歌心全開の美メロ肌なアプローチを潤沢に盛り込んでゆき、しかも今作では、例えばその後半部で一転してゴスペル・ポップス風のおおらかな昂揚ぶりを見せる「My One And Only Love」や、じっくり腰を据えて静かに切々と夜想詩・独白詩を綴ってゆく入魂のバラード「Everything Happens To Me」などなど、1曲1曲に独自のアレンジ構成意匠〜ドラマツルギーがキッチリ揮われていて、適度に意外な新鮮味も堪能させてくれる、という、全体を通じて何げに心配りも行き届いた「平易にして芳醇」な語り口の妙、が実に軽やかに冴えており、その行間余情に富んだ文脈のあり様は、一通り聴き終えるとまた最初から繰り返し聴きたくなるようなアジな魅力を満載している。ウ〜ム、さすが!!!

1. Arietis Aetas
2. The Absynth
3. My Romance
4. These Foolish Things
5. Por Toda A Minha Vida
6. If I Should Lose You
7. My One And Only Love
8. U.M.M.G.
9. Everything Happens To Me
10. Darn That Dream
11. Aka Tombo - Bonus Track -

Luigi Martinale(p)

2012年2月20-21日イタリア ピエモンテ州トリノ県ブリケラージオのPlay! Studio録音




▼こちらも好評御予約承り中▼
LUCA MANNUTZA SOUND SIX ルーカ・マンヌッツァ・サウンド・シックス / MY MUSIC マイ・ミュージック

気合と旨味がギッシリ詰まった痛快イタリアン現代ハード・バップの真骨頂!!

★マックス・イオナータ参加! CD Luca Mannutza Sound Six ルーカ・マンヌッツァ・サウンド・シックス / MY MUSIC

  • 2012.08.29 Wednesday
  • 18:43
★マックス・イオナータ参加! CD Luca Mannutza Sound Six ルーカ・マンヌッツァ・サウンド・シックス / MY MUSIC

Luca Mannutza Sound Six ルーカ・マンヌッツァ・サウンド・シックス / MY MUSIC

伊ジャズ界でもっとも厚い信頼を集めるルーカ・マンヌッツァの本命プロジェクト、サウンド・シックス。コンポーザーとして珠玉の作品を多く残すマンヌッツァが、これまでに発表された作品の中でも選りすぐりの楽曲に新たな息を吹き込む本作は、セクステット編成による単なる再演ではなく、実際に作曲の段階から彼のブレインに響く音楽、ハーモニーと息づかいをよりストレートに伝えるもの。マックス・イオナータ (ts)の参加はもとより、本作に彩りを添えるのは著しい成長と飛躍を感じさせるパオロ・レッキア(as)である。(メーカーインフォ)

1 SO NEAR, SO FAR T. (Crombie / B. Green)
2 EVAN’S EVEN (Luca Mannutza)
3 PIPPO (Luca Mannutza)
4 LIBERO (Luca Mannutza)
5 SAFARI (Luca Mannutza)
6 NEL MARE (Luca Mannutza)
7 SHADES OF GIRA (Luca Mannutza)
8 COSI’ COME SEI (Luca Mannutza)
9 TWO FRIENDS (Luca Mannutza)

Francesco Lento (tp, flgh)
Paolo Recchia (as)
Max Ionata (ts)
Luca Mannutza (p)
Renato Gattone (b)
Andrea Nunzi (ds)

Recorded at Icarus Recording Studio Rome Italy, on November 29-30, 2011
Recording engineer : Stefano Del Vecchio
Mixing & mastering engineer : Luca Bulgarelli
Photo © 2011 Mario Pellicciotta

こちらで試聴出来ます。

▼御注文承ります▼
LUCA MANNUTZA SOUND SIX ルーカ・マンヌッツァ / TRIBUTO AI SESTETTI NEGLI ANNI '60


突き抜けた直進パワーと精緻なシャープネスが鮮烈に融和!!

★ルイージ・マルティナーレ / JAZZ ピアノコンサート 2012

  • 2012.08.09 Thursday
  • 20:56
★ルイージ・マルティナーレ / JAZZ ピアノコンサート 2012

NHKイタリア語講座やTV「世界の車窓から」でも取り上げられたイタリア屈指のジャズ・ピアニスト、ルイージ・マルティナーレによる待望の来日ピアノ・ソロ公演。ヨーロピアン・ジャズの現在を発信するアルボーレ・ジャズからお届けする、青少年の豊かな感性と可能性溢れる未来を育むコンサート。世界トップレベルのピアニストによる【現在イタリアの響き】を、皆様でお楽しみください。

★2012年9月17日(月・祝)
鈴鹿市民会館


14時開場/15時開演 全席指定
前売 一般 2,000円
高校生以下 1,000円(未就学児無料・2歳以下入場不可)

チケットのお求め
◎チケットぴあ(サークルK・サンクス、セブンイレブン、ぴあの窓口)0570-02-9999 (Pコード 168-581)
◎鈴鹿市民会館 059-382-0654
◎鈴鹿市文化会館 059-382-8111
◎亀山市文化会館 0595-82-7111
◎鈴鹿ハンター (1F総合) 059-379-2200
◎鈴鹿市観光協会 (白子駅西) 059-380-5595
◎宮脇書店 鈴鹿店 059-384-3737
◎Trattoria Pizzeria YAMAKAWA 059-378-0280
◎Rook Records 059-355-0109
◎公式WEBサイト www.music-suzuka.com
◎三重県文化会館WEBチケットサービス エムズネット

主催:アルボーレ・ジャズ
共催:財団法人 鈴鹿市文化振興事業団
後援:イタリア大使館、イタリア文化会館大阪、
   鈴鹿市、鈴鹿市教育委員会、鈴鹿商工会議所、
   伊バニョーロ・ピエモンテ市
協力:ケーブルネット鈴鹿

★2012年9月20日(木)
広島市東区民文化センタースタジオ 1

18時30分開場/19時開演  全席自由(110席)
前売 一般   3,500円
当日 一般   4,000円
前売券が完売した場合、当日券の販売はありません。

チケットのお求め
◎広島市文化センター 082-264-5551 (ほか広島市各区民文化センター)
◎瀬戸内ヤマハ広島店 プレイガイド 082-244-3779
◎カワイ楽器店 082-243-9291
◎木定楽器店 082-248-3351
◎ムジカパクス 082-238-3936
WEBサイト : http://www.alborejazz.com/

主催:アルボーレ・ジャズ
後援:イタリア大使館、イタリア文化会館大阪
   伊バニョーロ・ピエモンテ市
   財団法人 広島市未来都市創造財団、広島日伊協会



★albore jazz 新譜! ROSSANO BALDINI ロッサーノ・バルディーニ / IT WON'T BE LATE イット・ウォウント・ビー・レイト

  • 2012.05.14 Monday
  • 13:30
★albore jazz 新譜! ROSSANO BALDINI ロッサーノ・バルディーニ / IT WON'T BE LATE イット・ウォウント・ビー・レイト 

ROSSANO BALDINI ロッサーノ・バルディーニ / IT WON'T BE LATE イット・ウォウント・ビー・レイト


飽和する美意識と倦怠、深い静寂、ミニマリズム、20世紀印象派の記憶、モーダル、行き先のない現代のエレジー、追憶の中に広がる薄明のシーナリー、そして未来への祈り。イタリア映画音楽の偉大なる功績を今に伝える<オルケストラ・イタリアーナ・デル・チネマ>の常任ピアニスト、ロッサーノ・バルディーニ(p)による、自己名義初にしてすでに自身の世界観を十二分に発揮するピアノ・ソロ作品。(新譜案内より)

1.Unknown (Rossano Baldini)
2.Monk’s Mood (Thelonious Monk)
3.Theme For Jon (Rossano Baldini)
4.Rubber Wall (Rossano Baldini)
5.Elegy (Rossano Baldini)
6.Naima (John Coltrane)
7.Stardust (Hoagy Carmichael)
8.A Child Is Born (Thad Jones)
9.It Won’t Be Late (Rossano Baldini)

ROSSANO BALDINI ロッサーノ・バルディーニ (p)ソロ

Recorded at Entropia Music Studio, Perugia Italy, on June 10, 2011
Recording & mixing engineer : Roberto Lioli
Mastering engineer : Stefano Cappelli in Creative Mastering, Forlì
Photo (C) 2012 Andrea Boccalini



▼albore jazzの旧譜、御注文承ります▼
http://www.catfish-records.jp/product-group/846
http://www.youtube.com/user/alborejazz

★albore 新譜! ロベルト・ガット と エマヌエーレ・チーズィ 2作品

  • 2011.06.30 Thursday
  • 20:16
 ★albore 新譜! ロベルト・ガット と エマヌエーレ・チーズィ 2作品

8月3日発売予定
ROBERTO GATTO AND LYSERGIC BAND ロベルト・ガット / ピュア・イマジネーション

ROBERTO GATTO (ds)
GIOVANNI FALZONE (tp),
GAETANO PARTIPILO (as),
MAX IONATA (ts, ss),
ROBERTO ROSSI (tb),
BATTISTA LENA (el.g),
ALESSANDRO LANZONI (p),
DARIO DEIDDA (cb, el.b),


イタリアのファーストコール・ドラマー! 欧米のトップ・アーティストとの共演でも知られ、全盛期のウエストコースト・ジャズを現代に再現した、シェリー・マンへのオマージュ作品「リメンバリング・シェリー」も好評だった、欧州ジャズ界のドラマー、ロベルト・ガットの新プロジェクトは、正にオールスターと呼べる8人の俊英によって編成されたコンテンポラリー・オクテット。完成された楽曲 / アレンジに、各人のインプロヴィゼーションが逞しく伸びやかに響き渡る! (新譜案内より)

01. DEEP (Roberto Gatto)
02. FALL (Roberto Gatto)
03. MUSHI MUSHI (Dewey Redman)
04. FLOW (Roberto Gatto)
05. QUEEN PORTER MARCH (Roberto Rossi)
06. SU LUNGOTEVERE (Roberto Gatto)
07. TAKE THE DARK TRAIN (Battista Lena)
08. PURE IMAGINATION (Leslie Bricusse / Anthony George Newle)
09. LYSERGIC (Roberto Gatto)
10. THE SWINGING CATS (Roberto Gatto)

▼こちらも御注文承ります▼
ROBERTO GATTO QUINTET ロベルト・ガット / REMEMBERING SHELLY
ROBERTO GATTO QUINTET ロベルト・ガット / REMEMBERING SHELLY #2









-------------------------------------------------------------------
EMANUELE CISI QUARTET エマヌエーレ・チーズィ / ホームカミング

EMANUELE CISI (ts, ss),
LUIGI BONAFEDE (p),
ROSARIO BONACCORSO (b),
FRANCESCO SOTGIU (ds)


仏、伊、蘭をベースに、90年代以降の伊・欧州ジャズ・シーンを牽引したベテラン4人がここに再会! 眠れる獅子ルイージ・ボナフェーデ (p)、唯一無二のウォーキングを誇るロザーリオ・ボナッコールソ (b)、仏のエスプリに包まれたフランチェスコ・ソッジュ (ds)のサポートを得て、エマヌエーレ・チーズィ (ts,ss)の独自の詩的世界が繰り広げられる! (新譜案内より)

01. LIKE LUIGI (EMANUELE CISI)
02. HOMECOMING (EMANUELE CISI)
03. SCISI TA’ (FRANCESCO SOTGIU)
04. ROSA (ROSARIO BONACCORSO)
05. TEMPORARY (LUIGI BONAFEDE)
06. SWEET PRAYER (LUIGI BONAFEDE)
07. SONG FOR BENGT (EMANUELE CISI)
08. WARNIN’ UP (EMANUELE CISI)


▼EMANUEL CISI プロフィール▼
ミラノに拠点にアントーニオ・ファラオ (p)、ルイージ・ボナフェーデ (p)らと活動。初リーダー作「Where Are You feat.Enrico Rava」 (1994)発表。DDQ、Splasc(h)といった伊ジャズ・レーベルの重要セッションの多くに参加。なかでも「SOULSCAPE / FIVE FOR JAZZ」(1996, DDQ)は、90年代の伊ジャズの姿を記録した名盤。90年代後半以降、フランス、そしてオランダに移動し、アルドー・ロマーノらとレギュラー・バンドを結成。世界各地でのアクティヴなコンサート活動、クリニックを通して、文字通りコンテンポラリー・サックス界のマエストロとして揺るぎない地位を確立。

★albore jazz第14弾!CD PIETRO LUSSU ピエトロ・ルッス / NORTHERN LIGHTS ノーザン・ライツ

  • 2011.05.21 Saturday
  • 16:46

★albore jazz第14弾!CD PIETRO LUSSU ピエトロ・ルッス / NORTHERN LIGHTS ノーザン・ライツ

 LTC、ニコラ・コンテ・ジャズ・コンボへの参加をはじめ、長年に渡り数多くのイタリアン・ジャズ秀作を生み出してきたピエートロ・ルッスによる、レギュラー・メンバーを率いた<初の自己名義>ピアノ・トリオ作。
▼6月15日発売予定▼
PIETRO LUSSU ピエトロ・ルッス / NORTHERN LIGHTS ノーザン・ライツ

PIETRO LUSSU (p, rhodes),
VINCENZO FLORIO (b),
MARCO VALERI (ds)











※ジャケットデザインは文字部分を多少変更の予定。

ピエートロ・ルッス(1971年生まれ、ローマ出身)
1996年頃よりロザーリオ・ジュリアーニやニコラ・コンテと活動を共にし、SCHEMAレーベルの数多くの重要作品に参加してきたルッス。2007年に発表された『A Different View/LTC(Lussu - Tucci - Ciancaglini)』の成功も記憶に新しいが、ルッス自身の音楽性はしかし一般に謎に包まれたままであった。
個人的な印象として、ルッスは衒いなく<スタイル>に敏感なアーティストであり、また自身の音楽に極めて厳しく真摯、かつ勤勉なミュージシャンである。リフをスタイリッシュに聴かせる秀でたセンス、どちらかというと内向的な方向に放たれるモーダル・サウンド、LTCの「The Holy Ghost」や本作「Dakota Song」で披露する土臭いブルース感覚、これらが独自の美的感覚によってスピリチュアルに昇華する瞬間が、現時点での彼のベスト・パフォーマンスと言えよう。
<自己名義初>となる本作は、LTC作品と比べ明らかに商業的に地味ではあるが、ある意味ストイックに響く本作の中にこそ彼自身のスタイルと音楽性が凝縮されているのだということを、あえてここに付しておきたい。(新譜案内より)


1. NORTHERN LIGHTS PIETRO LUSSU
2. FREAK-E MARCO VALERI
3. NABOO PIETRO LUSSU
4. SHE KNOWS THE ROPES PIETRO LUSSU
5. DAKOTA SONG JIM PEPPER
6. AFRO-CENTRIC JOE HENDERSON(スピリチュアル・ジャズ名盤『POWER TO THE PEOPLE』に収録
7. PENT-UP HOUSE SONNY ROLLINS
8. FREAK-E II MARCO VALERI

Music directed by Pietro Lussu
Recorded on May 11-12, 2009
Matering engineer : Tommy Cavalieri at Sorriso Studio, Bari Italy
Photo (C) Marco D’Amico
Executive producer : Satoshi Toyoda

▼好評発売中!▼
LORENZO TUCCI ロレンツォ・トゥッチ / TRANETY トレニティ
High Fiveの屋台骨もガッチリ支え続ける敏腕ドラマーが、ピアノ・トリオでストレートアヘッドに描破したコルトレーンの世界!不撓不屈の第十三弾!!









▼alobre jazz 旧譜のご注文承ります▼
http://www.catfish-records.jp/product-group/846

★現代ヨーロッパ最前線! CD LORENZO TUCCI ロレンツォ・トゥッチ / TRANETY トレニティ

  • 2011.02.26 Saturday
  • 06:47

★現代ヨーロッパ最前線! CD LORENZO TUCCI ロレンツォ・トゥッチ / TRANETY トレニティ

イタリアの主流派第一線レコーディングに数多く名を連ねてきたドラマー、ロレンツォ・トゥッチの新作。CLAUDIO FILIPPINI (p)LUCA BULGARELLI (b)とのトリオ演奏で時にはエネルギッシュに時にはソフトな表情をかいま見せる壮快作!です。

2011年4月6日発売予定
LORENZO TUCCI ロレンツォ・トゥッチ / TRANETY トレニティ

LORENZO TUCCI (ds),
CLAUDIO FILIPPINI (p),
LUCA BULGARELLI (b)


ハイ・ファイヴのドラマーとして活躍するロレンツォ・トゥッチの自己名義・最新プロジェクトは、コンポーザーとしてのジョン・コルトレーンのスピリチュアル・サイドに捧げられたピアノ・トリオ。
ジャズ・ジャイアントに対する限りないリスペクト、現代ヨーロッパのスピリチュアリティ、リチュアルかつミニマルな感覚をもとに、ときにリスナーを激しく揺さぶりまたときに優しく包み込む。最前線で活躍中の若手クラウディオ・フィリッピーニ(p)、エンリーコ・ピエラヌンツィの右腕として活躍するルーカ・ブルガレッリ(b)も好サポート。 (新譜案内より)

1. MOMENT’S NOTICE (J. Coltrane)
2. AFRO BLUE (M. Satamaria)
3. HOPE (L. Tucci)
4. EQUINOX (J. Coltrane)
5. SOLSTICE (L. Tucci)
6. WISE ONE (J. Coltrane)
7. IVRE A PARIS (C. Filippini)
8. LONNIE’S LAMENT (J. Coltrane)
9. COUSIN MARY (J. Coltrane)
10.AFTER THE RAIN (J. Coltrane)

Music directed by Lorenzo Tucci
Executive producer : Satoshi Toyoda
Recorded at Icarus Recording Studio Roma, Italy, on November 28 - 29, 2010
Recording engineer : Stefano Del Vecchio
Mixing & Mastering Engineer : Luca Bulgarelli
Photographer : Andrea Boccalini

▼alboreの作品、御注文承ります▼
http://www.catfish-records.jp/product-group/846

★albore jazz 11弾! ポストカード特典です!

  • 2010.09.02 Thursday
  • 04:46
★albore jazz 11弾! ポストカード特典です!
お馴染みイタリアン・モダン・テナーの大人気スターM・イオナータ(1972〜)の、今回は、L・マンヌッツァがハモンドに転じた新生オルガン・トリオに、盟友F・ボッソも全面参加したカルテット体制での快作。

ダイナミック&ソウルフルな痛快吟醸オルガン・セッション大豊作!!
MAX IONATA ORGAN 3 + FABRIZIO BOSSO マックス・イオナータ / COFFEE TIME




お馴染みイタリアン・モダン・テナーの大人気スターM・イオナータ(1972〜)の、今回は、L・マンヌッツァがハモンドに転じた新生オルガン・トリオに、盟友F・ボッソも全面参加したカルテット体制での快作。歯切れよく弾み躍るようなノリノリのグルーヴ感に溢れたリズミカル・ビートの上で、肉太コク旨な逞しいテナーや、カラッとしたドライ&スモーキーなトランペット、小回り抜群にキビキビ抑揚を描く闊達オルガン、らのブルース・フィーリング満点なリレー勇躍!がカラフル&テイスティーに座を賑わせてゆく、明快痛快この上なしのエンタテイメント編!!

↓お買い上げの方、ポストカードを先着順でプレゼント!


▼下記で試聴可能!! ぜひ!! ▼
http://www.myspace.com/alborejazz


★albore jazz第8弾!突き抜けた直進パワーと精緻なシャープネスが鮮烈に融和!! LUCA MANNUTZA SOUND SIX (ルーカ・マンヌッツァ) / TRIBUTO AI SESTETTI NEGLI ANNI '60

  • 2010.01.15 Friday
  • 05:38
 ★albore jazz第8弾!突き抜けた直進パワーと精緻なシャープネスが鮮烈に融和!! LUCA MANNUTZA SOUND SIX (ルーカ・マンヌッツァ) / TRIBUTO AI SESTETTI NEGLI ANNI
'60

現代感覚溢れる欧州ジャズ、特にイタリアン・ジャズを専門とする日本の新興レーベル=albore jazz(アルボーレ・ジャズ)、今回は、High Five Quintetのブレーンで鳴らしたファースト・コール・ピアニスト、その積年構想の大本命プロジェクトの始動を捉えた燃えに燃える炎のハード・バップ!第八弾!!

LUCA MANNUTZA SOUND SIX (ルーカ・マンヌッツァ) / TRIBUTO AI SESTETTI NEGLI ANNI '60
2010年3月10日発売予定

Andy Gravish(tp)
Paolo Recchia(as)
Max Ionata(ts)
Luca Mannutza(p)
Renato Gattone(b)
Andrea Nunzi(ds)

2009年11月5,6日イタリア-Trevignano RomanoのRiff Raff Jazf Studio録音


ハイ・ファイヴ、ローマ・トリオ、自己名義グループ、と八面六臂の大活躍を続けるイタリアの人気ピアニスト:ルーカ・マンヌッツァ(1968年サルディニア島のカリヤリ生まれ)の、名相棒M・イオナータを含む新結成の3管セクステットによる勝負作。曲は有名ジャズメン作品群。スカッと晴れやかでいて渋い暗影を帯びた風合いもある、息の合ったホーン・アンサンブル鳴動が要所要所で気合の象徴=キメのファンファーレ然と鮮烈に閃きながら、潔く直球勝負に徹した「ハード・バップらしいハード・バップ」熱演が溌剌と決め込まれる壮快豊穣編。テーマ部分などでは、グループ・サウンドの緻密で端正なまとまり具合〜趣味よく制御された音響デザインの洗練さ、色彩美もキッチリ示されるが、基本はあくまで、ブローイング・セッション的なソロ・リレー・コーナーの伸び伸びした迫真の盛り上がり!に重点を置いた、主役を特定しないシンプル&ストレートな群像劇風のスウィンギン・ジャム大会が連続する。ピアノ者の、マッコイやハンコックの奏法を消化したストレートアヘッドなスタイルで精悍軒昂に驀進する、突き抜けたような職人バッパーぶりや、テナー者の、こってり芳醇な旨口ソウルと切迫した熱血アグレッシヴさをスリリングに交錯させる極太渦巻きブロウ、など、おいしさ抜群な個人芸の見せ場が横溢!!! 充実作。

▼好評発売中!!!▼
ROBERTO GATTO QUINTET (ロベルト・ガット) / REMEMBERING SHELLY

30年来ローマ・ジャズ界の活況を強力に支えてきた超多忙な顔役=ドラマーR・ガット(1958〜)の、オールスター・クインテットによるシェリー・マンに捧げられたライヴ作品。キレのよさとまろやかなウェイヴ感〜潤滑さを併せ持った、ドラム&ベースのズッシリ重みある連繋スイング鳴動、に頼もしく導かれながら、ホーン陣+ピアノの、歌心全開で朗々溌剌と闊歩してゆくような伸びやかなソロ・リレー大会、がシブ華々しい見せ場を中々濃密に形作った王道エンタテイメント編。


気合と旨味の「イタリアン現代ハード・バップ」良作選▼
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://catfish-records.ocnk.net/product-group/757

Luca Mannutza関連作品こちら

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

CATFISH RECORDS TWITTER

★THINK! 昭和JAZZシリーズ! 好評です!!

好評の THINK! 昭和JAZZシリーズ! RAREな昭和の和ジャズディスクを復刻! 初CD化も有ります。お見逃しなく!!

★BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。
Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。


selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM