【御予約承り中】★3枚組限定LP MILES DAVIS マイルス・デイビス / Freedom Jazz Dance: The Bootleg Series Vol.5

  • 2017.02.02 Thursday
  • 21:52

【御予約承り中】★3枚組限定LP MILES DAVIS マイルス・デイビス / Freedom Jazz Dance: The Bootleg Series Vol.5
 

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。

Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。

 

第二期黄金クインテット初出音源集『フリーダム・ジャズ・ダンス ブートレグ・シリーズVol.5』 アナログ盤
3枚組限定LP MILES DAVIS マイルス・デイビス / Freedom Jazz Dance: The Bootleg Series Vol.5



2011年にスタートした帝王マイルス・デイビスのお宝発掘音源シリーズ第5弾!第2期黄金クインテット:マイルス・デイビス(トランペット)、ロン・カーター(ベース)、ハービー・ハンコック(ピアノ)、ウェイン・ショーター(サックス)、トニー・ウィリアムス(ドラムス)による1965年〜68年にかけての録音で構成された3枚組。

1966年発売『マイルス・スマイルズ』を筆頭に、 『ソーサラー』(67)、『ネフェルティティ』(67)、『ウォーター・ベイビーズ』(68),『マイルス・イン・ザ・スカイ』(68)からの選曲で、未発表セッション・リール・テイクが収録されている。歴史的音源はファンならずとも興味深い魅力を放つ。(新譜案内より)

※LPリリースに際し、マスター部分を省き、未発表セッション・テイク曲のみが収録されております。

【収録予定曲】
[LP1]
A1. Freedom Jazz Dance (session reel)
B1. Circle (session reel)
B2. Circle (take 5 - section not used in master)
B3. Circle (take 6 - section not used in master)
B4. Dolores (session reel)

[LP2]
A1. Orbits (session reel)
A2. Footprints (session reel)
B1. Gingerbread Boy (session reel)
B2. Fall (session reel)

[LP3]
A1. Nefertiti (session reel)
A2. Water Babies (session reel)
B1. Masquelero (alternate take /take 3 )
B2. Country Son (rhythm section rehearsal)
B3. Blues In F (My Ding)
B4. Your Eight

 

【御予約承り中】★サクソフォンと弦楽四重奏が生み出す魅惑のサウンド! LP Justin Swadling feat. Piatti Quartet / A Place to Be

  • 2016.11.21 Monday
  • 21:48

【御予約承り中】★サクソフォンと弦楽四重奏が生み出す魅惑のサウンド! LP Justin Swadling feat. Piatti Quartet / A Place to Be
 

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。

Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。

 

サクソフォンと弦楽四重奏が生み出す魅惑のサウンド!
LP Justin Swadling feat. Piatti Quartet / A Place to Be



■イギリスのサクソフォン奏者、ジャスティン・スワドリングのセカンド・アルバムは、イギリスの若きアンサンブル、ピアッティ・クァルテット(ピアッティ弦楽四重奏団)とのコラボレーション!

■ジャスティン・スワドリングは2005年にLCMジャズ・プレイヤー・オヴ・イヤー賞を受賞、以降10年間プロフェッショナルなセッション・ミュージシャン、作曲家として活躍。2015年ウィグモア・ホール国際弦楽四重奏コンクールで入賞したピアッティ・クヮルテットと創り上げるのは、ジャズとソウル、クラシック音楽の垣根を超えたユニークなサウンド。グルーヴのきいた弦楽器に乗せて、艷やかなアルト・サクソフォンが美しい旋律を奏でます。美メロ・ファンにもオススメ!また、このアルバムは、サクソフォンと弦楽四重奏のサウンドを正確に再現するため、高品質のアナログ盤で製作されていることもポイントです。(新譜案内より)

FIRST LIGHT
BREAKING THROUGH
SHADOWS FALL
IS THIS FOREVER
HOPE SPRINGS
LEAP OF FAITH
NEW LIFE
UNTIL AGAIN
A PLACE TO BE

Justin Swadling(Saxophone),
Nathaniel Anderson- Frank(Violin 1),
Michael Trainor(Violin 2),
David Wigram(Viola),
Jessie Ann Richardson(Cello)

【好評販売中】★500枚限定LP キレ味も抜群のソウルフル&ハードボイルドな70'sジャズ・ロック会心打!!! JAN HUYDTS TRIO ヤン・ハイツ / CONCEPTION

  • 2016.11.07 Monday
  • 05:21

【好評販売中】★500枚限定LP キレ味も抜群のソウルフル&ハードボイルドな70'sジャズ・ロック会心打!!! JAN HUYDTS TRIO ヤン・ハイツ / CONCEPTION

 

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。

Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。

 

500枚限定LP キレ味も抜群のソウルフル&ハードボイルドな70'sジャズ・ロック会心打!!!
JAN HUYDTS TRIO ヤン・ハイツ / CONCEPTION


オランダやドイツで活躍してきた、とりわけPhilips盤「Trio Conception」(1963年)が有名な個性派ピアニスト:Jan Huydts(1937年オランダのSchiedam生まれ)の、本盤は、エレクトリック・サウンドや多重録音もふんだんに導入しつつのトリオ編成による、LP化を意図して1971年にケルンで吹き込まれていながら今日まで日の目を見ずに終わっていた未発表スタジオ音源、の初ディスク化。舞踏的グルーヴ感一杯のリズミカルなビートの上で、ファンク・フィーリング溢れるサイバーなキーボード群や、リリカル・バピッシュなピアノ、情念仄めくパーカッション、スピリチュアルなヴォイス、哀愁漂う端麗なギター、等々がカラフル&スリリングに飛び交って、ポップでありつつも奥行き深く歯応えある音世界を中々鮮烈に描き出した敢闘内容。この時代ならではの、荒削りで骨太い「ジャズ・ロック」or「モーダル・ファンク」スタイルに乗せての、ビートもノリノリに利いたダンサブル&グルーヴィーなアクション熱演が展開されるが、メドレー形式の小組曲っぽい1トラックの多彩で劇的な構成や、その中でエネルギッシュに繰り出されるHuydtsの、芯の据わったソウルフル(時にはアブストラクト)なキーボード・プレイ、また、耽美性と伝統的バップイズムを併せ持ったピアノによる敏活アドリブ奮戦など、何げにしっかり練られた決して甘くない硬質さ(ハードボイルドさ?)みなぎる多角的進撃ぶり!、が冴えて、実にフレッシュな驚きと興奮の絶えない、重量感も充分の濃密な道程に仕上げられている。

Side A:
1. Conception I
Side B:
1. Conception II

Jan Huydts (electric piano, organ, bass guitar, zither, grand piano, percussion, voice)
Ali Haurand (double bass, sounds, percussion, voice)
Leo De Ruiter (drums, percussion, tabla, saw, acoustic guitar, voice)

1971年5月12日ケルンのLöve Gesellschaft m.b.H. Studio録音

こちらで試聴できます。

【御予約承り中】★250枚限定LP (*特殊形状のジャケットを予定) AQUILA / AQUILA

  • 2016.10.20 Thursday
  • 21:12

【御予約承り中】★250枚限定LP (*特殊形状のジャケットを予定) AQUILA / AQUILA

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。

Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。

 

250枚限定です。御予約はお早めに
250枚限定LP AQUILA / AQUILA



活動期間わずか2年間、南米チリでフュージョン時代の幕開けを告げた伝説のバンド、AQUILA が残した唯一の作品。英JAZZMAN「Spiritual Jazz 5」(2014)に収録された、ファラオ・サンダース作のB4「Um Allah」も記憶に新しい。(新譜案内より)*特殊形状のジャケットを予定。

A1 Alba (Guillermo Riffo)
A2 Samba Costanera (Guillermo Olivares)
A3 Jenny (Sergio Meli)
A4 Maiden Voyage (Herbie Hancok)

B1 Providencia 12 hrs. (Guillermo Riffo)
B2 Paquito (Guillermo Riffo)
B3 El Viaje (William Miño, Juanita San Martin)

B4 Um Allah (Pharoah Sanders)

GUILLERMO OLIVARES (el. piano, organ),
SANDRO SALVATI (alto sax),
SERGIO MELI (drums),
WILLIAM MINO (bass),
GUILLERMO RIFFO (vibraphone)

250 枚限定プレス(PVC アウターは付属しません。)
AscENsioNàLe は、EATINGSTANDING 社/Enzo Zangaglia 氏による復刻プロジェクトです。
(*特殊形状のジャケットを予定)

 

★【オーストラリアン・ジャズ・アーカイヴ・シリーズ 第一弾】 LP BERNIE MCGANN バーニー・マクガン / 1966

  • 2014.12.03 Wednesday
  • 04:48
★【オーストラリアン・ジャズ・アーカイヴ・シリーズ 第一弾】 LP BERNIE MCGANN バーニー・マクガン / 1966 SARANG

BANG RECORDSが開始したオーストラリアン・ジャズ・アーカイヴ・シリーズの第一弾はバーニー・マクガン。オーネット、ドルフィー、ESP LABELあたりを彷彿とさせる貴重なセッション!!

LP BERNIE MCGANN バーニー・マクガン / 1966

 

日本ではポピュラーではないがオーストラリア本国ではお馴染みバーニー・マクガン。活動初期1966の貴重な未発表セッションがアナログ限定で発売されます。当時の録音としては2曲が「Jazz Australia compilation (1967) (CBS BP 233450)」で聴けるのみ。 スタイルとしてはやはり時代の影響を受けてかオーネット・コールマン、エリック・ドルフィーあたりを彷彿させるアブストラクトなサウンドが印象的です。近年ではポール・グラボウスキーのオールウェイズにも参加しておりコンスタントに活動しております。(新譜案内より)

【Tracks】
Side A
1.Lazy Days 9:39
2.Chiggin' 7:37
3.Sky 8:13

Side B
1.Rhythm-a Ning 9:42
2.When Will The Blues Leave? 13:14

【Personnel】
Bernie McGann (as)
Kim Paterson (tp)
Bobby Gebert (p-side A)
Andy Brown (b)
George Neidorf (ds)

★4枚組LP e.s.t. (Esbjörn Svensson Trio) / e.s.t. Live In Hamburg

  • 2013.12.09 Monday
  • 05:47
★4枚組LP e.s.t. (Esbjörn Svensson Trio) / e.s.t. Live In Hamburg

2013年12月15日締めきり!
4枚組LP e.s.t. (Esbjörn Svensson Trio) / e.s.t. Live In Hamburg


2007年にCDでリリースされた「e.s.t.」によるハンブルク・ライブが4枚組LPとなってリリースされます。2006年11月22日北ドイツ放送によって録音されたエスビョルン・スヴェンソン・トリオのハンブルク・ライスハレでのライブ。今回はLP盤のため、CRPレコーディングスのクラース・ペルション氏がオリジナルーからリマスター作業をあらためて行いました。

1. tuesday wonderland 13:12
2. the rube thing 14:23
3. where we used to live 08:33
4. eighthundred streets by feet 09:35
5. definition of a dog 18:37
6. the goldhearted miner 07:03
7. dolores in a shoestand 17:39
8. sipping on the solid ground 07:59
9. goldwrap 06:15
10. behind the yashmak 15:32

Esbjörn Svensson / piano
Dan Berglund / bass
Magnus Öström / drums
 

★受注生産限定アナログLP盤 超美麗ジャケ!満を持してのアナログ化!SIDSEL STORM シゼル・ストーム / SWEDISH LULLABY スウェディッシュ・ララバイ

  • 2013.02.06 Wednesday
  • 05:06
★受注生産限定アナログLP盤 超美麗ジャケ!満を持してのアナログ化!SIDSEL STORM シゼル・ストーム / SWEDISH LULLABY スウェディッシュ・ララバイ

SIDSEL STORM シゼル・ストーム / SWEDISH LULLABY スウェディッシュ・ララバイ


ジャケ良し、声良し、バックの演奏良し(ラーシュ・ヤンソン参加!!)・・・もはや説明不要ですね。2010年最大の話題をさらった本作がいよいよアナログ化!!

いつ何時見ても美しい、このアートワークをLPサイズで手にしたときの感動・高揚感は想像するに余りあります。さらにポスター風ライナーノーツを封入。 (新譜案内より)

↓当店のCDキャプション
過去2作品が大評判だった、デンマークの若手美人歌手:Sidsel Stormの、マグヌス・ヨルトを中心とする精鋭コンボと組んだ第3作。2012年春スウェーデン-イェテボリ録音。透き通るような清潔感や爽涼味を自然に呈したきめの細かい、適度に張りもあるトーン高めの端麗ヴォイスによる、情感とメロディーを何より大切にした優しく瀟洒なリリカル・タイプの演唱が、どこまでもスッキリと瑞々しい、安定した好調ぶりを見せた充実内容である。バック陣の、温和げだが締まりがあってキリッと背筋も伸びた、中々ストレートアヘッドな抒情派ハード・バップ奏演が、実に歯切れのいい旨口のグルーヴ感を醸成し続けながら、ある時は軽妙小粋またある時は妖麗ロマネスクな、メリハリある詩歌の世界が編まれてゆき、Stormの、流れるように滑らかでソフトな、それでいてニュアンスに富んだウィスパリング調のリキみなき節回し、がスター性も充分に冴え渡っている。→アメリカ流のオーソドキシーに則った寛ぎ小唄路線や、ちょいフォーキー・ポップめ寄りの行き方など、語りに軽く節をつけたような波乗り調子の洒脱なリラックス唱法を基本とし、リズム感&ブルース・センスの非凡さも随所に発揮されるが、しかし器楽的ノリ云々よりも文芸的な情緒性があくまで優先され、そのヒンヤリ澄んだ発声によってクール派っぽい凛々しめな様式美も程好く演出される、という、絶妙のバランスを有した機智ある歌声のあり様、は何とも素敵で、またバラードにおける、冷涼な吐息をポツリポツリと放ってゆく風なつぶやき節、の醸し出す北欧らしい(もしくはノーマ・ウィンストン辺りに底通する?)スノー・ホワイトな夢幻ムードも、蠱惑性たっぷりで忘れ難い。

SIDE-A
1.SWEDISH LULLABY 5:06
2.THE DAY HE RETURNED 5:38
3.WITHIN A LIFETIME 6:09
4.ALL OR NOTHING AT ALL 4:01
5.STOLEN YEARS 3:58
TOTAL 24:52

SIDE-B
1.HAZY MIND 4:30
2.EMILY 4:38
3.DON'T TURN THE LIGHTS OUT 3:42
4.SECRET GAME 4:13
5.PLAYING MY HEART 5:15
TOTAL 22:18

Sidsel Storm(vo)
Lars Jansson (p/Rhodes)
Morten Lund (ds)
Jesper Thorn(b)

▼CDのご注文承ります▼
SIDSEL STORM シゼル・ストーム / SWEDISH LULLABY


★Artesuonoを主催するAmerio氏手がけるROSSET MEYER GEIGER TRIOの新作!

  • 2013.02.05 Tuesday
  • 23:24
 ★Artesuonoを主催するAmerio氏手がけるROSSET MEYER GEIGER TRIOの新作!

レコーディングエンジニアは前作同様、Artesuonoを主催するAmerioが手掛けています!

(2枚組LP)
ROSSET MEYER GEIGER / TRIALOGUE
(CD / SACD-HybridCD)
ROSSET MEYER GEIGER / TRIALOGUE


スイスUNIT RECORDSからのデビュー・アルバムとなった「what happened」が2010年ジャズオーディオ大賞金賞を受賞し、爆発的なヒットと飛ばしたピアノトリオ『ROSSET MEYER GEIGER』渾身のニューアルバムが登場です!スイス、ザンクト・ガレン出身のジョスカン・ロッセ(piano)、ガブリエル・マイヤー(bass)、ヤン・ガイガー(drums)の3人の連名でフォーマットされる『ROSSET MEYER GEIGER』、今作も前作同様にメンバーの全曲オリジナルを収録し、それぞれの楽曲をさらに熟成されたアンサンブルが見事に引き立たせてくれております。メロディの美しさ、リリシズム、グルーヴ、オリジナル曲のセンスの良さと格別の1枚に仕上がっております。

レコーディングも前作同様にイタリアのレーベル/スタジオを運営するArtesuono、エンジニアもArtesuonoを主催するAmerioが手掛けており最良のサウンドを収めております。(新譜案内より)

01. Mannsgoggel's Ride
02. Wann und wo
03. Tron
04. Sahara
05. Filmriss
06. Scales
07. Ballade Nr. 137869a
08. Mit Allem
09. They Will Never Get It
10. Not This Time
11. Din dirin din din
12. Reflection

Josquin Rosset – Piano plays FAZIOLI F278
Gabriel Meyer – Bass
Jan Geiger – Drums

こちらで試聴出来ます。


★輸入盤LPもリリース! ヘルゲ・リエン / カッテンスランガー

  • 2012.09.15 Saturday
  • 18:13
★輸入盤LPもリリース! ヘルゲ・リエン / カッテンスランガー

あの美しくも重厚、端正きわだつピアノのタッチをアナログの音で!

CDリリースより遅れて入荷致します。
ご了承くださいませ。

輸入盤LP
ヘルゲ・リエン / カッテンスランガー


まず注目すべきはソロ・ピアノ作であること。ヘルゲは99年録音(2000年リリース)の初リーダー作『Talking To A Tree』(Lydlauget)をピアノ独奏に選んでおり、この新作はそれ以来のソロ・ピアノとなる。2001年の『What Are You Doing The Rest Of Your Life』(Curling Legs)から、2011年の前作『Natsukashii』(Ozella Music)までの7タイトルを通じて、ノルウェー新世代ピアノ・トリオの代表格の座を不動のものにしたヘルゲが、リーヴェ・リエンで新たな話題を振りまいたばかりのタイミングで、10年以上ぶりとなるソロに取り組んだ旺盛な創作欲が評価される。さらにアルバムを聴き進めれば、同じソロではあっても、前作とはまったくコンセプトが異なる内容だと明らかになって、ファンの誰もが驚くに違いない。
(杉田弘樹/CDのライナーより抜粋)

↓CDに収録の曲目。(LPもおそらく同内容の収録と思われます。)
01. Grusveivandrer 4:27
02. Furulokk 5:35
03. UR 5:40
04. Babbel 7:08
05. Stille By 5:43
06. Kattenslager 3:58
07. Knyt Og Kna
08. URO
09. OY

Helge Lien (piano)

▼CDのご注文承ります▼
ヘルゲ・リエン / カッテンスランガー


http://www.catfish-records.jp/product/15095

★LPでもリリース予定 NENEH CHERRY & THE THING / THE CHERRY THING

  • 2012.07.14 Saturday
  • 21:08
★LPでもリリース予定 NENEH CHERRY & THE THING / THE CHERRY THING

LP NENEH CHERRY & THE THING / THE CHERRY THING


リップ・リグ&パニックやニューエイジ・ステッパーズなどでも活躍し、1980年代末から1990年代はソロ・アーティストとして大きな成功を収め、ユッスー・ンドゥールからトリッキー、ゴリラズなど著名アクトとのコラボも多数、レイ・ペトリ率いるクリエイティヴ集団<バッファロー>にも名を連ね、音楽のみならずカルチャー全域のアイコンとして活躍したネナ・チェリー(ドン・チェリーの娘)。一方、スウェーデン出身のリード奏者のマッツ・グスタフソン、アトミックでもおなじみのインゲブリクト・ホーテル・フラーテンとポール・ニルセン・ラヴの3人からなり、カトー・サルサ・エクスペリエンス、ジョー・マクフィー、サーストン・ムーア、ジム・オルークから大友良英まで、ジャンルを越え様々なアーティストたちと数多くコラボ、ジャズの域をはるかに逸脱した出音で人気を博す ザ・シング。本作はこれら2つの奇才が出会い制作された痛快なカヴァー・アルバムで、スーサイド、マルティナ・トップリー・バード、ストゥージズにMFドゥームと、カヴァー曲のチョイスも絶妙。もちろんネナの継父=ドン・チェリーのレパートリーも収録。(メーカー・インフォ)

▼CDの御注文承ります▼
NENEH CHERRY & THE THING / THE CHERRY THING



▼関連作品▼
DON CHERRY ドン・チェリー / ORGANIC MUSIC SOCIETY (LP)
DON CHERRY ドン・チェリー / ORGANIC MUSIC SOCIETY (CD)


清々しくおおらかな感動に満ちた70'sエスニック・スピリチュアル・ジャズの金字塔

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

CATFISH RECORDS TWITTER

★THINK! 昭和JAZZシリーズ! 好評です!!

好評の THINK! 昭和JAZZシリーズ! RAREな昭和の和ジャズディスクを復刻! 初CD化も有ります。お見逃しなく!!

★BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。
Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。


selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM