スポンサーサイト

  • 2018.07.17 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    【入荷しました】★ 残されたソロ・パフォーマンス。36分の記録 CD 井上淑彦 / ヴァーユ

    • 2016.12.04 Sunday
    • 20:12

    【入荷しました】★ 残されたソロ・パフォーマンス。36分の記録 CD 井上淑彦 / ヴァーユ
     

    ↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

     

     

    ★下記プラットフォームに対応しております。

    Chrome Firefox Android iOS

    ※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。

     

    CD 井上淑彦 / ヴァーユ


    2006年4月、時折、強い風が吹くものの穏やかな春の日の午後。その風を身に纏ったような井上淑彦のサックスの音が空に響く。共演するのは鳥の声。屋外演奏での臨場感が伝わる36分の記録。(新譜案内より)

    1. Fireworks music by 井上淑彦
    2. この道 music by 山田耕筰
    3. 〜即興〜 music by 井上淑彦
    4. Witchi-Tai-To music by Jim Pepper
    5. わたすげ music by 井上淑彦

    saxophone played by 井上 淑彦
    recorded on 1st April, 2006

    ※ Vayu(ヴァーユ) = インド神話における風の神。仏教に取り入れられて「風天」となる。

    井上淑彦 / Toshihiko Inoue (Tenor&Soprano saxophone)

    1952年2月25日横浜生まれ。2015年3月25日永眠
    市立白幡小学校、市立六角橋中学校、県立翠嵐高校卒業。
    中学校ブラスバンドでクラリネット担当。
    高校でキャノンボール・アダレイ、ソニー・ロリンズに魅せられ、テナーサックスを手にする。19歳、自己のバンドで「新宿ピット・イン」にデビュー。
    23歳の時、ニューヨークのジャズクラブ「ヴィレッジゲイト」にNY在住のアーティスト・音楽制作プロデューサー 中村照夫のグループ「ライジングサンバンド」に参加、出演。その 模様は米FM局から全米生放送された。 その時共演したサックス奏者 ボブ・ミンツァーに多大な影響を受ける。

    その後、 金井英人wb 5、宮坂高史ds 5、板谷博g、森山威男ds 4、丸山繁雄vo、鈴木良雄b"MATSURI"、本田竹廣p、加古隆p、佐山雅弘p"GOMBO"、辛島文雄p 5、村上ポンタ秀一ds 4Sprits、久米雅之dsバンド、山下 弘治b"NEW5" など、その殆どでメイン・ソリストとして活躍。

    1998年より自己のグループ「fuse・フューズ」を結成(田中信正pf、坂井紅介wb、つのだ健ds)。また、もうひとつの自己のグループ「clepsydra・クリプシドラ」(佐藤芳明acc、林正樹pf、仙道さおりpercを2006年に結成。

    2015年3月25日永眠
    fuse フューズは 井上淑彦氏の遺志を継ぎ、現在も活動を続ける。

     

    【入荷しました】★「DUO-series」第二弾! CD 高樹 レイ、伊藤 志宏 / DUO-TWO

    • 2016.11.19 Saturday
    • 21:01

    【入荷しました】★「DUO-series」第二弾! CD 高樹 レイ、伊藤 志宏 / DUO-TWO

    ↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

     

     

    ★下記プラットフォームに対応しております。

    Chrome Firefox Android iOS

    ※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。

     

    CD 高樹 レイ、伊藤 志宏 / DUO-TWO


    ★2015年、巨匠中牟礼貞則とのデュオ作品が話題となった高樹レイのプロジェクト「DUO-series」第二弾。本作の相手となったのはピアノ界の鬼才、伊藤志宏。
    ★バラードをテーマにした今作はジャズバラードの名曲の他、妻に送ったジョン・コルトレーンの「Naima」、ギルバード・オサリバンの「Clair」など愛に因んだ7曲を収録。一瞬一瞬で音を紡ぐふたりの瞬間的なインタープレイが生んだ、優しくも繊細で力強い様々な愛の情景を歌ったドキュメンタリーアルバムです。
    (新譜案内より)

    1. Smile
    2. Clair
    3. My Funny Valentine
    4. Naima
    5. How do You Keep the Music
    6. Over the Rainbow
    7. So Many Stars

    高樹 レイ REI TAKAGI(VOCAL)
    伊藤 志宏 SHIKOU ITO(PIANO)
     

    【御予約承り中】★ドラマー吉岡大輔の初リーダー作 竹内直 参加! CD 吉岡大輔 & ジ・エクスプレス / ジ・エクスプレス

    • 2016.11.13 Sunday
    • 20:25

    【御予約承り中】★ドラマー吉岡大輔の初リーダー作 竹内直 参加! CD 吉岡大輔 & ジ・エクスプレス / ジ・エクスプレス
     

    ↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

     

     

    ★下記プラットフォームに対応しております。

    Chrome Firefox Android iOS

    ※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。

     

    ドラマー吉岡大輔の初リーダー作 竹内直 参加!
    CD 吉岡大輔 & ジ・エクスプレス / ジ・エクスプレス


    キャリア20年にわたり常に第一線を渡り歩いてきた名ドラマー吉岡大輔の初リーダー作。彼のほぼ全曲オリジナル曲となるユニット吉岡大輔& The Expressによる激熱グルーヴ。ジャズ、フュージョン、クラブジャズを経てきた猛者たちによる”骨太フュージョンジャズ”!

    キャリア20年にわたり常に第一線を渡り歩いてきた名ドラマー吉岡大輔によるユニット吉岡大輔& The Expressとしての待望の初リーダーアルバム。近年では、RS5pb(類家心平5piece band)『Unda』などで,切れ味の良いドラミングを展開しているが、待望の初リーダーアルバムでは、見事なドラミングは勿論だが、全13曲中11曲が自身のオリジナルという作曲家としての才能も際立つ。ドラマー視点の斬新な楽曲を、ジャズ、フュージョン、クラブジャズを経てきた百戦錬磨のメンバーのGrooveとAdrib Playで彩る、それが吉岡大輔& The Express。ジャズ界のみならず、圧倒的な表現力と抒情性で数多のシーンで活躍する屈指のトランペッター・プロデューサー「島裕介」、Elvin Jones,山下洋輔とのコラボレーションやテナー・サックスの他にバス・クラリネット、フルートを演奏するマルチプレイヤーとしても知られている『竹内直』、自己のトリオで三枚CDリリースするなど、作曲&アレンジに定評のある『浅川太平』(19Loops作曲),クラブジャズバンドJazz Collectiveでも活動し、トラックメイカーとしても非凡な才能を発揮している『田中啓介』(Gracie forest作曲)、五人の猛者による”骨太フュージョンジャズ”(新譜案内より)

    1 Dee-Boogie
    2 Little Drummer Boy
    3 Boogie Swing
    4 Contact
    5 Dan-Revo
    6 Moon Ride
    7 Bird in the Night
    8 Chillin`
    9 19Loops
    10 Turquoise Blue
    11 Glacier Forest
    12 Midnight Jam(Sly)
    13 Overtime

    吉岡大輔 Drum
    浅川太平 Piano, Key
    田中啓介 E-Bass
    竹内直 Tenor Sax, Bass Clarinet, Flute
    島裕介 Trumpet, Flugelhorn

    Recording at Athor Harmonics Studio 2016/7/12, 13
    Recording, Mixing Kneji Tsuneki
    Mastering Engineer Akihito Yoshikawa
    Label Producer Yusuke Shima
    Executive Producer Kenichi Mori

     

    ★富樫雅彦アーカイブス第一弾! CD 富樫雅彦&高柳昌行 / デュオ・ライブ1984

    • 2014.09.01 Monday
    • 17:16
    ★富樫雅彦アーカイブス第一弾! CD 富樫雅彦&高柳昌行 / デュオ・ライブ1984

    ★佐藤允彦監修、天才パーカッショニスト富樫雅彦秘蔵のテープを順次リリースする富樫雅彦アーカイブス第一弾。1984年名古屋で開催されたJoJoこと高柳昌行(ギター)との伝説のライブが遂に日の目を見る!

    富樫雅彦&高柳昌行 / デュオ・ライブ1984



    ★佐藤允彦監修、天才パーカッショニスト富樫雅彦秘蔵のテープを順次リリースする富樫雅彦アーカイブス第一弾。1984年名古屋で開催されたJoJoこと高柳昌行(ギター)との伝説のライブが遂に日の目を見る!

    ★パーカッション/作曲家、富樫雅彦が亡くなって今年で7年。彼が秘蔵してきた150本もの貴重なライブ録音を盟友、佐藤允彦監修により順次CD化する第1弾。1984年頃に定期的に開催されたギターの高柳昌行とのデュオ・コンサートの記録。両者によって創り出される壮絶な音空間が30年の時間を超えて登る!まさに奇跡のリリース!

    【富樫雅彦】
    13歳の頃よりドラマーの道を目指し1954年(14歳)で既に、チヤーリー石黒率いる東京パンチヨスや松岡直也トリオのドラマーの座を得る。その後も10代のうちに八木正生トリオ、秋吉敏子コージー・カルテット、渡辺貞夫コージー・カルテットなど複数のグループでドラマーとして活躍する。1961年にジャズ・アカデミーを結成し、以後フリー・ジャズに傾倒する。1965年に日本初のフリー・ジャズ・グループと言われる富樫雅彦カルテットを結成。1970年1月、不慮の事故で脊髄を損傷し下半身不随となるが、「インスピレーション&パワー14フリージャズ祭」において佐藤允彦とのデュオで復帰する。独自のドラムセットを考案し、両手のみで演奏するパーカッショニストとして、不屈の闘志で活動を再開。1975年には「スピリチュアル・ネイチャー』がスイングジャーナル誌ジャズディスク大賞「日本ジャズ賞」を受賞。2002年体調悪化のため演奏家活動を引退。以後は作曲、絵画制作に専念する。 2007年8月22日、心不全のため神奈川県内の自宅で死去。67歳没。彼の楽曲は、盟友の佐藤允彦、山下洋輔らのミュージシャによってアルバム化されている。

    【高柳昌行】
    19歳でプロとして活動開始。1950年代末期より、銀座のシャンソン喫茶「銀巴里」で、「新世紀音楽研究所」という音楽家集団の中心人物として活動。1969年に、吉沢元治(ベース)、豊住芳三郎(ドラムス)とのニュー・ディレクションで初のリーダー作「INDEPENDENCE」を発表。1970年には、コンサート「解体的交感」にて阿部薫と共演。1980年に、ドイツのメールスで行われたジャズ・フェスティバルに出演。晩年は、「高柳昌行アクション・ダイレクト」というソロ・プロジェクトで活動し、複数のギターと様々な機材を駆使した独演を披露。1991年6月23日に肝不全のため永眠。58歳であった。門下生を多数輩出している。

    ↑新譜案内(抜粋)より

    1.ステージ3(収録時間約36分)

    富樫 雅彦(パーカッション)
    高柳 昌行(ギター)

    録音:1984年9月29日名古屋ファーアウトでのライブ録音

    ★日本コロンビア Dig Deep Columbia × Deep Jazz Reality 和ジャズ6作品! CD化!

    • 2014.08.20 Wednesday
    • 18:34
    ★日本コロンビア Dig Deep Columbia × Deep Jazz Reality 和ジャズ6作品! CD化!

    ★入荷中!
    COCB 54113 稲垣次郎とソウル・メディア JIRO INAGAKI & HIS SOUL MEDIA / HEAD ROCK ヘッド・ロック

     
    伝説はここから始まった。火を吹くブロウ、鳴り止まないビート、切り裂くギター。総帥、稲垣次郎がグルーヴの神髄に迫る。
    『和ジャズ・ディスク・ガイド』(リットー・ミュージック刊)の表紙にも掲載されている、和ジャズを代表する伝説のアルバム。(メーカーインフォ)

    COCB 54114 佐藤允彦/稲垣次郎とビッグ・ソウル・メディア MASAHIKO SATO,JIRO INAGAKI BIG SOUL MEDIA / 明日に架ける橋

     
    天才ピアニスト、佐藤允彦がビッグ・バンド・ジャズ・ロックをとことんまで研ぎ澄ます。圧倒的な熱を内包した先鋭的なサウンドに鳥肌が止まらない。
    ピアノ・ソロ、ビッグ・バンドからフリー・ジャズ、ジャズ・ロックまでをこなす天才ピアニスト/作・編曲家の佐藤允彦と、ロックやファンクなど新しいスタイルを貪欲にジャズ取り込み我が道を突き進むサックス奏者/バンドリーダーの稲垣次郎。ふたつの強烈な個性がみごとに融和した、ビッグ・バンド・ジャズ・ロックの傑作! (メーカーインフォ)

    COCB 54115 日野元彦 MOTOHIKO HINO / ファースト・アルバム


    聴く者のハートまで打ち抜く躍動感溢れるドラム。時代を担った名ドラマー、日野元彦が気鋭のミュージシャンたちと火花を散らす傑作ファースト・アルバム。
    日野皓正の実弟であり、日本を代表するジャズ・ドラマーのひとりとして活躍した日野元彦のファースト・アルバム。録音当時24歳という若さながら、日野皓正クインテットの一員として注目を集めていた中、同じく気鋭のメンバーを集めて創り上げた、奔放闊達な快作。(メーカーインフォ)

    COCB 54116 杉本喜代志 KIYOSHI SUGIMOTO / カントリー・ドリーム


    薫風のように瑞々しいサウンドが新たな時代の到来を告げる。
    名ギタリスト、杉本喜代志の出発点にして、日本のジャズ史上に輝く常緑のマスターピース。
    ジャズ界ではもちろんのこと、歌謡曲やアニメ・サントラなど数々のセッションで活躍してきた、ファースト・コール・ギタリスト、杉本喜代志の記念すべきファースト・アルバム。気鋭のミュージシャンたちと創り上げた爽快かつ鮮烈な作品。(メーカーインフォ)

    COCB 54117 猪俣猛とサウンド・リミテッド TAKESHI INOMATA & SOUND LIMITED / ドラム・メソード DRUM METHOD


    猪俣猛がジャズ・ロック黄金期に放ったもうひとつの傑作。
    行き止まりを知らない男が変幻自在のスティック捌きでグルーヴの限界を突き抜ける。
    日本ジャズ史が誇るファンキー・ビート・マスター猪俣猛によるジャズ・ファンク・ロックの傑作!デイヴ・ブルーベック、ハービー・ハンコックからキャロル・キング、イギリスのブラス・ロック・バンド:イフのカヴァー、そして前田憲男や自身のペンによるオリジナル曲まで、多彩な楽曲を収録。繊細かつダイナミックなドラミングが堪能できるサウンド・リミテッドの代表作のひとつ。(メーカーインフォ)

    COCB 54118 鈴木弘 HIROSHI SUZUKI / キャット CAT


    盟友たちの再会。それは伝説のジャズ・コンボ、フリーダム・ユニティの一夜限りの再結成だった。グルーヴの魔術師たちが生んだ76年の奇跡。
    1971年に渡米し現在に至るまでラス・ベガスを拠点に活動しているトロンボーン奏者、鈴木弘が、1975年の一時帰国の折に渡米直前まで在籍していた伝説のジャズ・コンボ、フリーダム・ユニティのメンバーを集めてレコーディングした1枚。
    メンバーそれぞれが研鑽を積んでの再会は、フリーダム・ユニティを超える魅力的な音楽を生み出した。(メーカーインフォ)

    ▼Dig Deep Columbia × Deep Jazz Reality▼
    http://www.catfish-records.jp/product-group/2051
     

    ★菅野邦彦がトリオ・レコードに残した傑作6作品が紙ジャケットCD化! & 今田勝”トロピカル・サンセット

    • 2014.08.16 Saturday
    • 21:09
    ★菅野邦彦がトリオ・レコードに残した傑作6作品が紙ジャケットCD化! & 今田勝”トロピカル・サンセット

    ピアノの魔術師と謳われる菅野邦彦がトリオ・レコードに残した 傑作6タイトルを紙ジャケットにてリリース!!

    紙ジャケットCD 菅野 邦彦 / ハロー・アゲイン (THCD 331)


    ピアノ・トリオの迫力ある演奏が楽しめる、81年録音のライブ盤。”A列車で行こう”や”ミスティ”、”サマータイム”などお馴染みのスタンダード・ナンバーを多数収録。2008年にジャケット違いでCD化されておりますが、既に廃盤。(新譜案内より)

    1.ジャスト・フレンズ 
    2.タッチング・ブルース 
    3.A列車で行こう 
    4.ミスティ
    5.サマータイム
    6.リトル・ガール・ブルー

    菅野邦彦(p)、
    小杉敏(b)、
    ジョー・ジョーンズJr.(ds)


    紙ジャケットCD 菅野 邦彦 / ライヴ・ライフ (THCD 332)


    ピアノ・トリオの迫力ある演奏が楽しめる、81年録音のライブ盤。”4月の思い出”や”枯葉”、”チュニジアの夜”などお馴染みのスタンダード・ナンバーを多数収録。2008年にジャケット違いでCD化されておりますが、既に廃盤。(新譜案内より)

    1.4月の思い出
    2.枯葉
    3.バーモントの月
    4.朝日のようにさわやかに
    5.チュニジアの夜
    6.ドラム・ブギー

    菅野邦彦(p)、
    稲葉国光(b)、
    ジョー・ジョーンズJr.(ds)

    紙ジャケットCD 菅野 邦彦 / デイト・イン伊達 (THCD 333)


    1976年北海道伊達市ローヤル・ホールでのライブ録音盤。当時若手No.1と称された人気ベーシスト河上修と、ドラム奏者村上寛が参加した、スピーディーで瑞々しいピアノトリオ作品。2008年にジャケット違いでCD化されておりますが、既に廃盤。(新譜案内より)

    1.ブラック・オルフェ
    2.アイ・リメンバー・エイプリル
    3.アイ・キャント・ヘルプ・ラヴィング・ダット・マン
    4.晴れた日に永遠がみえる

    紙ジャケットCD 菅野 邦彦 / 酒とバラの日々 (THCD 334)


    スタンダード・ナンバーで構成された、ピアノトリオ+コンガのカルテット作。タイトル曲の菅野のピアノによる優雅なバラードが聴きどころ。力強い鈴木勲のテーマ、アドリブは聴いていて楽しい。2008年にジャケット違いでCD化されておりますが、既に廃盤。(新譜案内より)

    1.グッド・モーニング・ハートエイク 
    2.枯葉
    3.酒とバラの日々
    4.黒いオルフェ

    菅野邦彦(p)、
    鈴木勲(b)、
    守新治(ds)、
    小川庸一(conga)

    紙ジャケットCD 菅野 邦彦 / オーパ!ブラジル (THCD 335)


    単身ブラジルへ乗り込み録音した1978年の傑作ジャズサンバ作品。華麗なピアノと本格的なブラジリアンリズムに彩られた名作。ピアノのほかにエレピやメロディカも披露している。2008年にジャケット違いでCD化されておりますが、既に廃盤。(新譜案内より)

    1.ミッドナイト・サン・ネバー・セット
    2.ミニャ・サウダージ
    3.ダイアン
    4.サムバ・メドレー
    5.ブラジル
    6.バラード
    7.ムード・アイランド
    8.イエス・イッツ・フォー・ミー
    9.翔べよU.F.O.

    菅野邦彦(p)、
    トニ・ボテーロ(b)、
    エリス・シアーボ(ds)、
    クアルト・アナバジャ、
    ヨルヘ・カヌート、アーリンド・ロケ、
    アントニオ・エルロン、
    アドミール・ロマ(perc)

    紙ジャケットCD 菅野 邦彦 / ソロ (THCD 336)


    美しい旋律の選曲、日本人好みの哀愁溢れたピアノ・タッチなど独特の味がある菅野邦彦の初ソロアルバム。2008年にジャケット違いでCD化されておりますが、既に廃盤。(新譜案内より)

    1.マイ・ワン・アンド・オンリー・ラブ
    2.ムード
    3.ディア・オールド・ストックホルム
    4.スプリング
    5.ユー・アー・トゥー・ビューティフル
    6.フー・キャン・アイ・ターン・トゥ
    7.アイ・ゲット・ア・キック・アウト・オブ・ユー
    8.旅愁
    9.メドレー

    菅野邦彦(p)

    紙ジャケットCD 今田 勝 / トロピカル・サンセット (THCD 337)


    渡辺香津美、ブレッカー・ブラザース、グローバー・ワシントンJr、デビッド・サンボーンなど豪華メンバーを迎えての日本を代表するフュージョン傑作アルバム。2003年にジャケット違いでCD化されておりますが、既に廃盤。(新譜案内より)

    1.アンダルシアの風
    2.哀愁のカーニヴァル
    3.ディア・リリイ
    4.憂いの炎
    5.誘われてシーサイド
    6.モーニング・ドリーム
    7.サンセット・ウォーク
    8.ジャンピン・ドルフィン

    今田勝(p)、
    スティーヴ・カーン(g)、
    グローヴァー・ワシントンJr.(sax)、
    渡辺香津美(g)、
    ランディ・ブレッカー(flh)、
    マイケル・ブレッカー(ts)、
    アンソニー・ジャクソン(b)、
    デヴィッド・サンボーン(ts)

    ▼THINK! のご注文承ります▼
    http://www.catfish-records.jp/product-group/128

    ★TBM復刻シリーズ第8期 ≪Heroes of TBM≫ 紙ジャケット仕様 Blu-spec CD 7作品

    • 2014.04.18 Friday
    • 02:14
    ★TBM復刻シリーズ第8期 ≪Heroes of TBM≫ 紙ジャケット仕様 Blu-spec CD 7作品

    昨年大ブームを巻き起こしたTBM復刻シリーズが、大好評につき延長決定!
    前回レア盤復刻を優先させる為あえて除外した超人気盤や
    企画スタート後からリクエストが多く寄せられたタイトルを完全復刻
    史上最大級の復刻シリーズ、遂に大詰め!!





    紙ジャケット仕様 Blu-spec CD 今田 勝 / ナウ!

     
    デビュー作『マキ』(ビクター)を発表し、勢いに乗る今田勝のセカンド・アルバムにしてTBM第1弾。メランコリックなスロー“ノスタルジア”、軽快かつ叙情的なモード“ゲーヒ・ドリアン”は必聴。(塙耕記氏)

    (1)ノスタルジア
    (2)オルター
    (3)ゲーヒ・ドリアン
    (4)シャドウ・オブ・キャッスル

    【メンバー】
    今田勝(p) 
    三森一郎(ts, ss) 
    水橋孝(b) 
    小津昌彦(ds)


    紙ジャケット仕様 Blu-spec CD アルバート・マンゲルスドルフ / ディギン

    ドイツのトロンボーン奏者、鬼才・アルバート・マンゲルスドルフのカルテットが、真の即興を志し絶対的極限の演奏を展開した、新宿DUGにおける白熱の夜。(塙耕記氏)

    (1)スプリング・アンド・スイング
    (2)オープン・スペース
    (3)マヒュザリ
    (4)トリプル・トリップ Bonus Track
    (5)ボストン・ハイウェイ

    【メンバー】
    アルバート・マンゲルスドルフ(tb) 
    ハインツ・ザウアー(ts) 
    ギュンター・レンツ(b) 
    ラルフ・ヒューブナー(ds)


    紙ジャケット仕様 Blu-spec CD 和田直 / ココズ・ブルース

     
    高柳昌行をして、「日本一のブルース・ギター」と言わしめた、名手・和田直の狂おしいほどグルーヴィーな一大ブルース絵巻!!(初リーダー作品)。本田竹曠の参加も見逃せない。(塙耕記氏)

    (1)ワンズ・ブルー
    (2)ビリーズ・バウンス
    (3)ギターズ・タイム
    (4)シック・トーマス
    (5)ココズ・ブルース

    【メンバー】
    和田直(g) 
    本田竹曠(p) 
    古野光昭(b) 
    倉田在秀(ds) 
    信貴勲次(flh) 
    森剣治(as)


    紙ジャケット仕様 Blu-spec CD 鈴木勲 / オール・ライト!

     
    本職のベースの他、エレピ、オルガン、チェロ等を操り、ヴォーカルまで披露するという多芸・多才ぶりを発揮した、鈴木勲のTBM第3弾。スピリチュアルかつブルージーな壮大なタイトル曲が秀逸。(塙耕記氏)

    (1)ネムロ
    (2)タイム・アフター・タイム
    (3)マミのブルース
    (4)ベイズン・ストリート・ブルース
    (5)オール・ライト!

    【メンバー】
    鈴木勲(el-p, cello, b, vo, 他) 
    渡辺香津美(g) 
    河上修(b) 
    守新治(ds) 
    岡沢章(el-b)


    紙ジャケット仕様 Blu-spec CD 稲葉国光・中牟礼貞則 / カンヴァセイション

     
    日本版『アローン・トゥゲザー』(ジム・ホール&ロン・カーター)と称される、我が国の至高のデュオによるスタンダード曲集。稲葉と中牟礼が織り成す弦×弦のインタープレイに、只々酔いしれたい。(塙耕記氏)

    (1)枯葉
    (2)オールド・フォークス
    (3)アローン・トゥゲザー
    (4)デイ・ドリーム
    (5)デイ・バイ・デイ
    (6)マイ・フーリッシュ・ハート
    (7)フー・キャン・アイ・ターン・トゥ
    (8)アワー・ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ

    【メンバー】
    稲葉国光(b) 
    中牟礼貞則(g)


    紙ジャケット仕様 Blu-spec CD 大友義雄・土岐英史 / ラヴァー・マン

     
     大友・土岐の気鋭2人が熱いアルト・バトルを展開する、TBM主催「5デイズ・イン・ジャズ1975」の実況録音盤。好ソロを連発する渡辺香津美にも注目したい。(塙耕記氏)

    (1)スクラップル・フロム・ジ・アップル
    (2)ラヴァー・マン
    (3)ブルース・フォー・T&O

    【メンバー】
    大友義雄(as) 
    土岐英史(as) 
    渡辺香津美(g) 
    井野信義(b) 
    スティーヴ・ジャクソン(ds)


    紙ジャケット仕様 Blu-spec CD 辛島文雄 / ギャザリング

     
    初リーダー作『ピラニア』(WHY NOT)を発表しジャズ界に頭角を現した、辛島文雄のデビュー第2弾。洗練されたリリカルなタッチと秀逸ジャケット・デザインが魅力の人気ピアノトリオ作品。(塙耕記氏)

    (1)ギャザリング 〜サンクス・フォー・G&S〜
    (2)グリンゴ
    (3)トーンズ・フォー・ジョーンズ・ボーンズ
    (4)ソフィア
    (5)ワンス・ウィ・ラヴド

    【メンバー】
    辛島文雄(p) 
    鈴木勲(b) 
    ジョージ大塚(ds)


    ▼旧譜のご注文承ります▼
    伝説のジャズレーベルTBM (three blind mice) Blue Spec紙ジャケットCD復刻
    http://www.catfish-records.jp/product-list/295

    ★大人可愛いYOKO!!あの寺島靖国が激賞!! ヨーコ・フィーチャリング・ナオキ・ニシ / ウェル・カム・トゥ・マイ・スペース・ツー

    • 2014.01.31 Friday
    • 22:37
    ★大人可愛いYOKO!!あの寺島靖国が激賞!! ヨーコ・フィーチャリング・ナオキ・ニシ / ウェル・カム・トゥ・マイ・スペース・ツー

    大人可愛いYOKO!!あの寺島靖国が激賞!!
    ピアニスト西直樹をはじめ、豪華メンバーが集結し、
    高品質で定評のティートックスタジオでこだわりの録音をした絶品!

    ヨーコ・フィーチャリング・ナオキ・ニシ / ウェル・カム・トゥ・マイ・スペース・ツー


    待望のYOKOの2枚目のCDが発売の運びとなりました。今皆さんの手になさっているのがそれです。処女作からもう何年になるのでしょうか。1枚目も私がライナーを書かせていただいたので懐かしい思いがいたしますが、やっぱりYOKOのヴォーカルは他のだれとも一味違う良さを持っていますね。今日はずっと何時間もCDを聴いていて、いわばYOKO漬けになっています。今も机の横のスピーカーでYOKOを耳にしながら筆を運んでいるというわけです。ちょうど8曲目の「ザ・グッド・ライフ」が終わったところで、私は一つの結論に達しました。YOKOの本質はバラード・スィンギングにある。これです。

    もちろん、ミディアム・テンポの曲も少し早いテンポもスムーズかつ軽快で素晴らしい。
    しかしYOKOのバラード、歌うがごとき、つぶやくがごとき、語りかけるがごとき、これが素晴らしい。
    (寺島靖国/ライナーノーツより一部抜粋)

    01. The Lady Is A Tramp
    02. Just One Of Those Things
    03. Bewitches
    04. Just In Time
    05. Blue Moon
    06. Desafinado
    07. Embraceable
    08. The Good Life
    09. He Was Too Good To Me
    10. It Might As Well Be Spring
    11. The Rose
    12. The Christmas Song

    ●YOKO(vo)
    長野県生まれ。ジャズ・ヴォーカルを故・峰純子氏に師事。落ち着いた声とアダルトな雰囲気、そしてシンプルな強さが魅力である。
    ジャズ好きな両親の影響は大きく、幼い頃からジャズはいつも身近な存在という環境の中で育ち、更にヨーロッパ留学中に耳にしたジャズに大きく心を動かされ帰国後ファッション業界にも一時落ち着いたがジャズへの想いを断ち切れず、峰門下生に。その後本格的にヴォーカリストとして活動を開始する。スタンダードからポピュラー、ボサノバまで幅広いレパートリーをこなし、特にバラードでは原曲の詩とメロディーを大切にする歌唱法はジャズ通の支持を得ている。
    現在、東京各地のホテル、ジャズクラブ、ライブハウス、またさまざまなイベントに出演し、ファッショナブルで、大人の魅力漂うヴォーカリストとして人気が高く、今後の活躍が更に期待されている。2007年に発売となった彼女の初のCDアルバム「Welcome To My Space」はジャズ専門誌、またFM局のジャズ番組でも特集してもらうなど大好評を博した。第25回日本ジャズヴォーカル賞新人賞を受賞。第3回澤村美司子音楽賞最優秀歌唱賞を受賞。西直樹トリオ、浜田均カルテット、前田憲男トリオ、村田浩The Bop Bnad、山本剛トリオ他。
     

    ★初回限定デジパック仕様CD 西山 瞳 HITOMI NISHIYAMA / CROSSINGS クロッシング

    • 2013.09.03 Tuesday
    • 18:10
    ★初回限定デジパック仕様CD 西山 瞳 HITOMI NISHIYAMA / CROSSINGS クロッシング

    西山瞳 新譜は選曲もユニークなソロピアノ!
    一粒一粒が美しく煌めく西山瞳のピアノワールドへ誘われる作品です!

    2013年11月13日 発売予定
    初回限定デジパック仕様CD


    西山 瞳 HITOMI NISHIYAMA / CROSSINGS クロッシング


    ★2005年横濱ジャズプロムナード・ジャズコンペティションでのグランプリ受賞、2007年に日本人初となるストックホルム・ジャズフェスティバルへの出演、2010年のインターナショナル・ソングライティング・コンペティションおいて“アンフォールディング・ユニバース”でジャズ部門3位“ソウル・トラベル”がセミファイナルに選出されるなど世界的な評価をも獲得したピアニスト/コンポーザー西山瞳の記念碑的10thアルバムがリリース!西山瞳初となるソロ。一粒一粒が美しく煌めくピアノの音色、綴られる楽曲の数々に込められた想いに、引き込まれていくような繊細なサウンド。これはピアノ・ソロの金字塔である!(新譜案内)

    1. Monochrome Flowers
    2. A.J. Crossing
    3. からたちの花
    4. Giraffe’s Dance
    5. めぐり逢い [英題] The Encounter
    6. That Day
    7. Il tuo amore
    8. 錦の館
    9. Paradigm Shift, Dimension Shift
    10. Le vase de sable
    11. Call
    12. 死んだ男の残したものは
    13. 月下に舞う

    西山 瞳 Hitomi Nishiyama (piano solo)

    2013年5月28日 Sengawa Avenue Hall“ve quanto ho.."録音
    Produced by Hitomi Nishiyama
    Recording and Mix engineer:Hiroshi Kasuga

    レーベル:
    Meantone

    ■CD発売コンサート
    2013/11/23(土)池袋 アップルジャンプ
    2014/1/24(金)名古屋 ドキシー
    2014/1/25(土)京都 ナムホール
    2014/2/1(土)東京 仙川アヴェニュー・ホール

    ★2007年よりニューヨークを拠点に活動中のドラマー/コンポーザー、 桃井裕範によるファーストアルバム!CD HIRONORI MOMOI / LIQUID KNOTS

    • 2013.08.21 Wednesday
    • 22:49
    ★2007年よりニューヨークを拠点に活動中のドラマー/コンポーザー、 桃井裕範によるファーストアルバム!CD HIRONORI MOMOI / LIQUID KNOTS

    HIRONORI MOMOI / LIQUID KNOTS


    ★2007年に渡米、現在もニューヨークのジャズクラブや、ジャズ専門ラジオWBGOで活動中のドラマー/コンポーザー、桃井裕範(ももいひろのり)がメンバーに、Esperanza Spalding, Meshell N'degeocello, Diane Reevesらと共演するNir Felderらを迎え、初のリーダー作『Liquid Knots』をリリース!!
    ●ピアノのリフから始まり、徐々に音が重なり合い、軽快なリズムの中にオリエンタルなメロディが織りなすM1。M2『Showers』ではサックスとピアノの音色が柔らかな旋律をなぞるように展開し思わず息をのむほど甘美な空間に包まれる。M5『Waiting』はAlexa Barchiniがピュアな歌声で優しく歌い上げゆったりと流れる時間を堪能できる。
    それぞれのメンバーのテクニック、表現力の高さを然ることながら、このアルバムに散りばめられた様々な表情を持つ9つの楽曲がすべて桃井の楽曲であり、コンポーザーとしての素晴らしさ、それを生かすための演奏に圧倒される。今月、自信をもっておすすめできる推薦輸入盤!!(新譜案内より)

    1. Impending Launch
    2. Showers
    3. Defining You
    4. Twice
    5. Waiting
    6. Not Lemonade
    7. Wormhole
    8. This Magnet
    9. Strangers

    Hironori Momoi (drums)
    Chad Lefkowitz-Brown (tenor sax)
    Nir Felder (guitar)
    Julian Shore (piano)
    Sam Minaie (bass)
    Alexa Barchini (vocals)


    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    CATFISH RECORDS TWITTER

    ★THINK! 昭和JAZZシリーズ! 好評です!!

    好評の THINK! 昭和JAZZシリーズ! RAREな昭和の和ジャズディスクを復刻! 初CD化も有ります。お見逃しなく!!

    ★BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

    ↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

     

     

    ★下記プラットフォームに対応しております。
    Chrome Firefox Android iOS

    ※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。


    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM