★熱い武侠の気と濃やかな瀟洒センス 中川 正浩 MASAHIRO NAKAGAWA / 7TH

  • 2010.11.06 Saturday
  • 09:02
 ★熱い武侠の気と濃やかな瀟洒センス 中川 正浩 MASAHIRO NAKAGAWA / 7TH

ギター抱えて霧笛の波止場に一人立つさすらいの侠骨タフガイ、Masa NAKAGAWA! ソウルもウィットも一段と練り研がれて益々絶好調!! そう来るのを待ってたのよ。

中川 正浩 MASAHIRO NAKAGAWA / 7TH

1. Dahood 
2. Moonlight Serenade 
3. You And The Night And The Music 
4. Chasin The Bird 
5. Someday My Prince Will Come 
6. Cherokee 
7. Sukiyaki 
8. Tennessee Waltz 
9. Cheryl




質実剛健にして敬虔真摯かつ地道な、肝の据わったブレなき精進を続ける男一匹!福岡の実力派ギタリスト:中川正浩(1962年北九州市戸畑区生まれ)の、益々意気あがる7作目=今回は人気ピアニストT・ハマーとのデュオ集。潤い豊かでスモーキーな翳りを帯び、鋭角的キレと滑らかな丸みが交錯する風な、繊細にして芯の通った(張りのある)ギター・トーンによる、明朗な人情味&歌心に満ちた、さりげなくニュアンス深きブルージー・スインギー・プレイ、がさすがの醸熟ぶりを示し、脱力感あるピアノの燻し銀的バップ弾奏、も中々渋いモノクローム調の質素な魅力で奥行きを成した、ハートフル&テイスティーな好投内容。メリハリは適宜つけられるも、根底にはインティメイトな優しい和み気分が一貫して流れる、「リキみの抜けた楽しい夜の小唄セッション」風の粋なリリカル・バップ快演、が続き、中川の、平易でいてデリケートな機微もしっかり感じさせる、「品格とウィットの吟醸フレージング」がゴキゲンに冴えている。グリーン〜ベンソン系のソウルフルな旨口スタイルをベースとし、ホット&ダイナミックに勇み肌のアーシー節を歯切れよくキメる面もありながら、ジェントルマンな抑制力も決して絶やさず、適度に線を細めての、マイルドな潤み感たっぷりの寛ぎ歌謡文体、へも随時自然に推移してゆく、という、全体を通じて、構成や音響面の細心さをあくまで気楽げな息遣いで包んだようなその含蓄ある語り口、が何とも素晴らしい。

中川 正浩 Masahiro Nakagawa(g)
Tardo Hammer(p)

2010年6月21日NYブルックリンのAcoustic Recording録音

▼こちらも御注文承ります▼
中川 正浩 MASAHIRO NAKAGAWA / THE PIG BONE
中川 正浩 MASAHIRO NAKAGAWA / THE MAN IS TRUE JAZZ GUITARIST NOW
中川 正浩 MASAHIRO NAKAGAWA / TRIBUTE!
中川 正浩 MASAHIRO NAKAGAWA / THE SUPER V
中川 正浩 MASAHIRO NAKAGAWA / BLUES. DECADE


▼中川正浩 2010 ウィンター・ツアー▼ お近くの方は是非!
●11/28(日) 名古屋 スターアイズ 
愛知県名古屋市千種区菊坂町3丁目4-1 TEL 052-763-2636 

●11/29(月) 豊橋 ラウンジシャギー 
愛知県豊橋市広小路1-1 TEL 0532-55-1155 

●/30(火) 大阪 ジャズオントップACT掘 
大阪市北区堂山町15-17 ACT 1F TEL 06-6311-0147 

●12/1(水) 福山 デュオ  
広島県福山市伏見町1-9 今福ビル2階 TEL 084-923-5727 

●12/2(木) 北九州 マリーゴールド  
北九州市門司区港町2-21 TEL 093-322-5588 

●12/3(金) 佐賀 シネマテ−ク  
佐賀県佐賀市大財1丁目5-60 TEL 0952-28-6708 

●12/4 (土) 福岡 ブラウニー 
福岡市中央区天神3丁目14-2 公建ビル2 6F TEL 092-713-3480 

★ 『アンソニー・ウォンジー・トリオJapan Tour』のメンバーによるスタジオレコーディング! CD 荘司正敏 (b) N.Y. TRIO / WOOD STORY

  • 2010.08.19 Thursday
  • 22:25

★ 好評を博した『アンソニー・ウォンジー・トリオJapan Tour』のメンバーによるスタジオレコーディングCD発売!

荘司正敏 (b) N.Y. TRIO / WOOD STORY


1. Wood Story / Masatoshi Shoji
2. Giving Raise To Doubt / D. Kovensnik
3. Daafoud / Clifford Brown
4. Song For Constance / Anthony Wonsey
5. If I Were A Bell / Frank Foster
6. Misty〜Someone To Watch Over Me / Erroll Garner, George Gershwin
7. Relaxin' At Camarillo / Charlie Parker

荘司正敏(b),
アンソニー・ウォンジー(p),
佐久間正浩(ds).
2010年5月26日録音。                                               


☆ジャズ批評2010年7月号/NO.156の119ページにこのトリオのライブ・リポートが掲載されています。

2010.5.22〜連続4日公演のJapan Tourは「New York 最前線」と言えるサウンドを披露し、成功を収めた。Tour最終日、Wonseyが「トリオのサウンドは日を追って良くなっている。このトリオで定期的にTourをしよう!」荘司が「このベストなサウンドを録音してはどうか?」と提案。『荘司正敏 New York Trio』のレコーディングが決定した瞬間である。翌日「5日目のライブ」とも言えるレコーディングが行われ、「躍動と叙情美」のサウンドの誕生となった。最終日・・・時さえ忘れての打ち上げは貴重なジャズ談義で白熱したが、紙面の都合で割愛・・・。エンジニアとして同行した一週間は、私にとって「何年分もの生きた音楽」を学んだ気がする。(PA・レコーディングエンジニア 福田等)

■荘司正敏(Bass)
1952年生まれ。日本、ニューヨークで多くのライブ・セッションを重ね、共演ミュージシャンから「Strong Beat!」と評される。ジャズの伝統と先駆者に敬意を表し、伝承すべく演奏活動を続ける。主な共演ミュージシャンはRon Hadely(p), Jim Cameron(ts), 沢田駿吾(g), 酒井潮(p/org)他多数。また、ジャムセッションのリーダーやレッスンを通してジャズの普及にも力を注いでいる。[CD作品]オルガニスト酒井潮の全編ピアノによる『酒井潮トリオ/ON THE PIANO』(2005年)、ルーマニア民族楽器「パンフルート」をフィーチャーしたリーダーアルバム『アコースティックエコーズ/ふれあいの森』(1998年)
http://www.nexyzbb.ne.jp/~woodstory/index.html

■Anthony Wonsey(Piano)
1972年9月、イリノイ州シカゴ生まれ。将来ジャズ史にその名を残すことであろう、ピアニストのアンソニー・ウォンジー。大胆かつ繊細なその演奏は人々を魅了してやまない。6歳のときにピアノを始める。コンサートピアニストであった母から演奏の手ほどきを受け、後にZilner Randolphに師事。バークリー音楽院から奨学金を受けボストンに移住。在学中から、地元ボストンでRoy HargroveやAntonio Hartなどと演奏活動をする。同時にChristopher HollydayやNnenna Freelon, Kenny Garrettのグループで世界ツアーに参加。1994年同校卒業後ニューヨークへ。Carl Allen, Vincent Herring, Nicholas Paytonのグループで活動。その後の、Elvin Jonesグループのピアニストとしての彼の演奏は有名である。また近年はPharoah Sandersのグループで活躍。現在はAnthony Wonseyトリオや自己のユニットEarth Jazz Agentsなどで活躍中。「The Thang」(Sharp Nine Records/2005年)などリーダー作、参加CD多数。
http://www.myspace.com/anthonywonsey

■佐久間正浩(Drums)
1968年生まれ、東京都出身。現在N.Y.を中心にフリーランスのドラマーとして活躍中の佐久間は、父の薦めでMax Roachを聴きジャズ・ドラムに魅せられる。バークリー音楽院から奨学金を得て渡米。入学後はBill Evans TrioやStan Getz Quartetで活躍したJoe Huntに師事。同校卒業後2000年半ばにニューヨークに移り音楽活動を始める傍ら、Ben Riley, Victor Lewisなどの名ドラマーからジャズ・ドラムの奏法を学び、Louis Hayesに師事。2004年にテナー・サックス奏者のEric WyattとNew York Unitedを結成。アルバム「If I could make a wish」は米国のAll About Jazz誌や日本の「ジャズライフ」誌に取り上げられ高い評価を得る。同年アルト・サックス奏者のJames Spauldingのグループで演奏。以後様々なバンドでN.Y.を中心に活躍中である。

★アート・ブレイキーのエネルギーを受け継ぐ 小林陽一 & ジャパニーズ・ジャズ・メッセンジャーズ / チュニジアの夜

  • 2010.03.24 Wednesday
  • 05:15
 ★アート・ブレイキーのエネルギーを受け継ぐ 小林陽一 & ジャパニーズ・ジャズ・メッセンジャーズ / チュニジアの夜

威勢のいいストレートアヘッドなハードバップ演奏が身上のドラマー、小林陽一。今回はトランペットに谷殿明良を迎えジャパニーズ・ジャズ・メッセンジャーズとしてブレイキーの魂を受け継ぐ演奏を見せてくれます。     

小林陽一 & ジャパニーズ・ジャズ・メッセンジャーズ / チュニジアの夜

01.Welcome Home
02.Haru no Ame
03.For a Change)
04.In Case You Missed It
05.Goshipping Cats
06.In The Dream
07.Oleo
08.Carla Vallet
09.In The Wee Small Hours
10.A Night In Tunisia

御陰様で今回21枚目の”チュニジアの夜”は今までで最も満足するアルバムの一つになりました。特に日本での少ないトランペッター界の中で谷殿さんが出てきたことは大変喜ばしい事です。私の現在のJJMは松島啓之Tpとのダブルキャストで活動しておりますが、松島氏は最も私のバンドで長くサポートしてもらってる大好きなトランペッターです。しかしこれで谷殿氏にも大変期待する事が出来、お互いに刺激しあって欲しいと思います。(解説:小林陽一)

小林陽一(ds)
谷殿明良(tp)
浜崎航(ts)
三木成能(p)
高道晴久(b)
2010年2月1日録音。 

▼こちらも売れてます!▼
小林 陽一 US GOOD FELLOWS / BALLADS

小林 陽一 (DRUMS)
VINCENT HERRING (ALTO SAX)
JILL McCARRON (PIANO)
ESSIET ESSIET (BASS)


小林 陽一とビンセント・ヘリング、固い絆で結ばれた、日米ジャズの両雄が聴かせる珠玉のバラード集。通算20枚目のリーダー作。

1 Weaver of Dreams 
2 My Ideal 
3 Soul Eyes 
4 The Moon In Rio (オリジナル) 
5 I can't Get Started 
6 Sweet and Lovely 
7 Every Time We Say Good bye 
8 Ojos de Rojo 
9 Stars Fell on Alabama 

★ANALOGUE PRODUCTION 45回転2枚組LP BLUENOTE復刻盤!

  • 2010.02.06 Saturday
  • 03:09
 ★ANALOGUE PRODUCTION 45回転2枚組LP BLUENOTE復刻盤!

MUSIC MATTERS社と同時進行で重複しないタイトルの45RPM盤2LP復刻を進めるANALOGUE PRODUCTION。今回は下記3タイトルの登場です。

HANK MOBLEY (ハンク・モブレー) / NO ROOM FOR SQUARES
LEE MORGAN (リー・モーガン) / THE SIDEWINDER
IKE QUEBEC (アイク・ケ ベック) / BLUE & SENTIMENTAL










*限定リリース商品
*オリジナルマスターテープ使用
*45 RPM
*2枚組 180g Virgin Vinyl LPs
*ケヴィン・グレイ & スティーヴ・ホフマン 両氏によるマスタリング
*RTI社プレス








★CD JOURNAL誌で高い評価を受けたピアニスト中島さち子の新作!! 「Rejoice」

  • 2010.01.31 Sunday
  • 00:33
 ★CD JOURNAL誌で高い評価を受けたピアニスト中島さち子の新作!! 「Rejoice」

オリジナリティ溢れるアプローチで力強い演奏でCD JORNAL誌でも大絶賛の中島さち子の新作!! 「Rejoice」 近日発売予定です!

●中島 さち子 TRIO / Rejoice

2010年2月7日発売予定
中島さち子 (p)
つのだ健 (ds)
生沼邦夫 (b)
広沢 哲 (ts on 9,10)


ラムゼイ・ルイスやモンティ・アレクサンダーのようなファンキーなチューンもあり、全体として、とても音が美しく、力強い。中島はフランクザッパやダラーブランド、ジミヘンドリクスなどが好きだというが、そんな色彩感も随所に現れる。また本田竹広の影響か、非常に日本的な、一抹の哀しさ、祈りのような歌も、その迫力ある演奏の中に見え隠れする。彼らは、素朴なメロディの持つ力や自由で斬新なリズム・音楽を追求しながら、即興作曲の可能性を自分達なりに広げてゆく創造の挑戦を続けている。(メーカーインフォより)

1. ふるさと
2. 灼熱
3. アフリカの夜
4. Hoping for the future
5. 人形ワルツ
6. 裏山の。
7. Rejoice!!!
8. Happychild
9. 山越え
10. Danny Boy


▼中島さち子の情報満載! オフィシャルHPです▼
http://sachikomusic.web.fc2.com/index.html 

▼MySpaceはこちら!▼
http://www.myspace.com/nakajimasachiko

6作目の新譜CD!!★中川 正浩 トリオ / BLUES.DECADE

  • 2010.01.04 Monday
  • 21:13
 ★6作目の新譜CD!!★中川 正浩 トリオ / BLUES.DECADE

中川正浩 トリオ / BLUES. DECADE
2010年1月20日 発売予定!

1. THE BEST THINGS IN LIFE ARE FREE (Desylua/Brown/Henderson) 
2. FLY ME TO THE MOON (Bart Howard) 
3. HO-SOWAT (Masa Nakagawa) 
4. No.1 GREEN STREET (Grant Green) 
5. JEANINE (Duke Pearson) 
6. DANNY BOY (Traditional) 
7. THE CAT (Jimmy Smith) 
8. COME SUNRIS (Grant Green)
9 FUNGI MAMA (Blue Mitchell)
中川 正浩 Masahiro(Masa) Nakagawa (guitar)
Jared Gold (organ)
Quincy Davis (drums)

2008年5月30日 録音( #1,2,4,6,8)
2009年9月2日 録音(# 3,5,7,9) 

帰福10年になる、福岡を本拠とする硬派一徹な侠気のギタリスト:中川正浩(1962年北九州市戸畑区生まれ)の、6枚目のリーダー・アルバム。2008年と2009年、2回のセッションを収録。

▼旧譜も御注文承ります▼
1234





中川正浩  / THE PIG BONE
中川正浩 / THE MAN IS TRUE JAZZ GUITARIST NOW
中川正浩 / TRIBUTE!
中川正浩 / THE SUPER V





★ジャケットデザインも秀逸!! 甲斐 圭一郎 (KEIICHIROU KAI) / aosagi

  • 2008.10.17 Friday
  • 00:39
ムード★ジャケットデザインも秀逸!! 甲斐 圭一郎 (KEIICHIROU KAI) / aosagiムード

福岡在住のジャズファンの方はもうご存じの方は多いはず。そう、あの老舗ジャズ喫茶「コンボ」で数年、カウンターの中で仕事をしていたあの甲斐さんのCD。今は川崎に移り、東京及び関東周辺で音楽活動をしています。
デビュー作はボサノバの日本語によるギター弾き語りというユニークなものですが、これがなかなか!他にはない、オリジナルな世界を作り上げているんです。ジャケットデザインも秀逸です。


甲斐 圭一郎 (KEIICHIROU KAI) / aosagi
aosagi
福岡から川崎へ移って活動中のボサ派ギタリスト兼歌手(1972〜)の、コンボによる自作曲中心の初アルバム。歌詞は日本語がメイン。繊細かつシャープなキレのあるボサノヴァ・ギター・プレイと、クール&メロウでややのっぺり恬淡な風合いを呈したヴォーカル、の小気味よく柔らかい、飾らなげな絡み融け合いで中々フレッシュに和ませる快適内容。ボサノヴァ・スタイルを基調とした、インティメイトな寛ぎと晴朗快活な波乗り舞踏的グルーヴ感が自然に交差する、絶妙の「ユルさ」が魅力の心地よい行き方が続く。主役ギター歌手の、ナイーヴでちょっと頼りなげな、ボソボソとつぶやき語るような陰影深い憂愁レイジー歌唱、の醸し出す自然体っぽい脱力感覚がさりげなく強烈に全体の空気を支配し続ける中、ブルース・フィーリングにも富み結構エッジの尖った「グルーヴィー・テイスティー」な躍動的ギター弾奏や、一聴クールげな中に力強いエモーションを孕んだ精悍サックス・ブロウ、など各人のソロも冴えて、飽きさせずトントン拍子に聴き進ませる。

ビル・スチュワート参加! ★山野 修作 / THE STARTING POINT

  • 2008.07.04 Friday
  • 01:22
ムード野性味を孕んだ明快ストレートな吟醸肌ギター!! 山野 修作 / THE STARTING POINTムード

8月2日発売予定! 御予約承り中です。
腕達者なベース&ドラムのダイナミズム満点の重厚戦車的サポートも千人力!骨のあるスカッとした会心打


山野 修作 / THE STARTING POINT
1
福岡市を本拠に、音楽講師を務めながら九州・山口のライヴ・シーンで精力的に活動し、ニューヨークでジョン・アバークロンビーやジーン・バートンシーニにも師事、2004年に初リーダー作「Light Up The Sky」を録音・発表して好評を得ていたギタリスト:山野修作(福岡市出身)の第2作。2008年3月?ニューヨーク録音。編成はトリオ。鋭く固い鉄板?風の適宜ザラついた半ワイルドなギター・トーンでの、ブルース&バップの伝統的イディオムに、コンテンポラリーな(ロック的?)アクション色や粋な小唄情趣も豊富に加えつつ、ビシビシと勢いよく歩を進めてゆくストレート・グルーヴィーな旨口プレイ、が中々の安定感で頼もしい映えを見せた好内容である。輪郭明瞭にひたすら美味しくメロディーを歌う、ことを第一義とした、緩急メリハリもクッキリつけられる、ごく正攻法の明快な人情派ハード・バップ大会が溌剌と続き、主役ギターの、思いきりよくズバッと豪快に斬り込んでゆくような、精悍な覇気とおおらかな温かみに満ちた真っ向勝負の活躍=吟醸的メロディスト&勇み肌バッパーぶり、が何とも抜けのいい爽やかな魅力を揮っている。ハードな殺陣風のバップ・イディオムと、熱血で哀切なブルージー・アクション節または瀟洒でマイルドな寛ぎ小唄フレージング、をミックスして、ちょい荒削りめに闊歩邁進する、ウィットも利いた硬派イナセ肌の歯切れよいスインギー・プレイ、で中々骨太に沸かせる他、バラードでのしっとりメロウ&ソフトな耽美的立ち居振る舞い、に顕れるクールネスとデリカシーがまた瑞々しさ抜群で、一方、さすが腕達者なベース&ドラムのダイナミズム満点の重厚戦車的サポートも千人力気分で◎。骨のあるスカッとした会心打。

7月4日発売!!です! ★内山 覚 / ON THE MORNINGSIDE

  • 2008.07.03 Thursday
  • 23:18
ムード注目のギタリスト!Eliot Zigmund参加!★内山 覚 / ON THE MORNINGSIDE ムード

懐深い安定感と包容力!スタイリッシュでコク旨な、陰影に富んだ哀愁ギターのダンディズム! サイド陣の好演も見逃せない!

内山 覚 / ON THE MORNINGSIDE
uchiyama
武蔵野音楽学院と米バークリー音大に学び、90年代初期より、音楽講師を務める傍ら福岡とニューヨークを行き来しつつ多方面で幅広く活躍してきたギタリスト:内山覚(1966年生まれ)の、初のフル・アルバム。2008年1月NYブルックリン録音。編成はカルテット。適度に肉厚でコク味の利いた、弾力感ある滑らかな豊潤(プチ団子風?)トーンでの、陰影深いブルージーな鋭敏アクション・プレイが颯爽と、哀愁豊かに小気味よく座を飾った快投編である。今日流ハード・バップ・ジャズの正統スタイルに乗せた、歌心とスイング感を先ず真摯に重んじるストレートアヘッドな躍動型リリカル奏演が、輪郭も明瞭にイキイキと歯切れよく展開してゆき、録音意匠〜トータルな音響設計も含め、全体に一定のスタイリッシュな美学っぽさ(こざっぱり整ったダンディーなソフィスティケーション)が維持された快適な道程の中で、主役ギターの、機動的でいて「キメ」のセンスに長けた構成力抜群のソロがデリシャスに冴え渡っている。→根底にはブルース由来の吟醸的ソウルを絶えず精悍に脈打たせながら、細かく角折れしてゆくような硬派なバップ・イディオム・アクションや、アーシー感を強めたハードボイルド&スモーキーな凛とした夜想的スイング節(オクターヴ技も的確に活用)、軽妙に小唄情緒を表したマイルド風味の寛ぎメロディアス・プレイ、などの熟達芸で伝統派たる渋旨な魅力を存分に揮う一方、わりかしポップな(ロック的?)歌謡フレージングやインパクトあるエフェクター活用、といったコンテンポラリーな要素〜持ち味も一部で効果的に使って見せる、何げに懐の深そうな安定感(&包容力)充分の鳴音キャラが実に素敵。モード系の王道流儀を基本としつつ、パウエル的な硬質バップ語法や粋筋のファンキー技も絶妙に混ぜ込んでくる、ピアノ者の弾みのいい健闘ぶりを始め、サイド陣にも結構ふんだんに見せ場が振られて、色とりどりに飽きさせず楽しませる。


★祝! 「ジャズ批評 ジャズオーディオ・ディスク大賞 2006 特別賞!」 受賞! 細川 正彦 / トリオ

  • 2007.02.24 Saturday
  • 16:13
★ジャズオーディオ・ディスク大賞 2006 特別賞!受賞しました!!
私たちもとても嬉しいです! おめでとうございます!!

細川 正彦 / TRIO
以前の池田篤とのデュオ作が好評だった、九州(熊本〜福岡)で精力的に活躍するキャリア豊富なピアニスト:細川正彦のトリオ作品。2006年4月熊本録音。演目は既製の名曲6つと本人の自作5つ。一本芯の通ったきめ濃やかで透明感あるクリアー・タッチも魅力的に、しっとりとした柔和な風合いと、凛と背筋の伸びた精悍なシャープネス、が巧く掛け合わされた正攻法のリリカル筋新主流派奏演が一貫する爽快内容である。曲によってリズムやテンポに明晰な変化〜起伏メリハリがつけられながらの、ロマンティックな歌心と流麗敏活なスイング感に溢れた、ごく親しみやすいストレートアヘッド・タイプのスッキリとした行き方(バラードも結構頻出)が続き、主役pの、エヴァンス以降の抒情派モード・ピアノの正統スタイルを基本とした、折り目正しくも表情豊かでメロディアスな劇的アドリブ・プレイが中々フレッシュに冴えている。端正かつ力強いタッチの明瞭さや清涼味も的確に活かしきっての、エヴァンスの流れをストレートに汲んだマイルドで機動的な耽美派(アクティヴ・)バラード型の潤いあるフレージング=構成もしっかり考えられた抑揚豊かな哀愁リリカル・ストーリーの紡ぎ上げ様、に殊の外瑞々しい真価が発揮される他、ハンコック(〜マッコイ)的オーソドキシーに沿った、より硬派でダイナミック&パーカッシヴな荒削りめの熱っぽいアクション攻勢、の迫真力〜キレのある生々しい昂揚具合がまた絶妙。そうした、カッチリ堅固なドラマツルギーと奔放なフレキシビリティの兼ね備わったp者の語り口の妙が何より美味しく際立ち、b&dsの予断ならぬインタープレイ的要素を多々盛り込んだパワフル&ソリッドなサポートも頼もしげに彩りを添えた、覇気とスウィートネス一杯の清新作品。

こちらも↓内容、音質共に充実の逸品。
池田 篤、細川 正彦 / インターリュード

先頃のソロ・ライヴ作も素晴らしかった、多方面で精力的に活躍するアルト奏者:池田篤(1963年横浜生まれ)と、現在福岡と熊本を行き来しながら活動中のピアニスト:細川正彦、とが10数年ぶりに顔を合わせたというデュオ・アルバム。2004年12月熊本録音。背筋の伸びた清新な緊張とウォーム&インティメイトな優しいリラクゼーションの並立する、息も合った表情多彩で奥行き豊かな対話が瑞々しく詩的エモーションを表した好内容である。リズムやテンポに適宜変化がつけられながら、繊細な抒情的アプローチを主軸とした滑らかで小気味のいい、そして凛々しげな道程が形成されてゆき、as者の、バップやブルースの基本イディオムを活用して渋い旨味や正統的グルーヴ感を醸成しつつ、並行して飄々と遊泳するような脱力気味のクール&スムースな淡彩美的フレーズも頻出させて文脈にメリハリをつけてゆく、といった中々勢いのある闊達な舞い躍り様と、p者の緩急・柔剛を巧みに使い分けながらマイルド&ロマンティックな(アクティヴ・)バラード・コンセプトの耽美的プレイにとりわけ深い妙味を発揮する安定感充分のよく練られた立ち働き、とがコントラスト(&チームワーク)も絶妙に各々そのエッセンスを凝縮したような美味しい見せ場を飾っている。概ね、ノーマルな「楽曲」らしい演奏を聴かせるトラック群(バラードやバピッシュ・スインギー調など)では、音に無駄のない緻密な構成意匠とメロディー感覚の豊潤さ(肥沃な歌心)でハートフルに和ませ、一方、アブストラクトな即興性や実験色の濃いフリー・フォーム(或いは辛口クール・ジャズ風)のトンガった熱演(各々のソロ即興曲もある)も刺客の如く度々現れてスリリング&アグレッシヴに意表を衝いてくる、という、結構強気で起伏に富んだ、しかしトータル的には爽涼なリリカル・ムードの余韻が残る劇的流れに仕上げられた、中身の濃い良質作品。

★ジャズ批評 NO.136 ジャズオーディオ・ディスク大賞、ジャズジャケット・ディスク大賞 入荷中。価格 1,260円 販売中です。

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

CATFISH RECORDS TWITTER

★THINK! 昭和JAZZシリーズ! 好評です!!

好評の THINK! 昭和JAZZシリーズ! RAREな昭和の和ジャズディスクを復刻! 初CD化も有ります。お見逃しなく!!

★BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

 

 

★下記プラットフォームに対応しております。
Chrome Firefox Android iOS

※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。


selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM