★明けましておめでとうございます!!

  • 2018.01.01 Monday
  • 14:48

★明けましておめでとうございます!!

明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年も、できる限り、ジャズディスク全般の紹介、お客様ご注文サポートに努めます。
どうぞよろしくお願いいたします。

★年始の店頭営業は下記の通りでございます。
※ネットショップでのご注文は随時、可能でございます。

▼2018年年始▼
2018年元旦、1月2日 = お休みさせて頂きます。
2018年1月3日 14時から19時まで
2018年1月4日から通常営業

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ★年末年始営業日、時間のご案内

    • 2017.12.30 Saturday
    • 18:26

    ★年末年始営業日、時間のご案内

    2017年末、2018年始 の店頭営業は下記の通りです。
    どうぞよろしくお願いいたします。

     

    ★2017年末 2018年始 営業時間★
    ▼2017年末▼
    2017年12月30日通常営業
    2017年12月31日 14時から18時まで

    ▼2018年年始▼
    2018年元旦、1月2日 = お休みさせて頂きます。
    2018年1月3日 14時から19時まで
    2018年1月4日から通常営業

    • 0
      • -
      • -
      • -

      【御予約承り中】★選曲・演奏・音質 三拍子揃ったオススメ作品 【FIVE STAR RECORDS】CD  DON THOMPSON TRIO & PAT LA BARBERA QUARTET ドン・トンプソン・トリオ & パット・ラ・バーベラ・カルテット / DISTANT BELLS ディスタント・ベルズ

      • 2017.12.25 Monday
      • 20:53

      【御予約承り中】★選曲・演奏・音質 三拍子揃ったオススメ作品 【FIVE STAR RECORDS】CD  DON THOMPSON TRIO & PAT LA BARBERA QUARTET ドン・トンプソン・トリオ & パット・ラ・バーベラ・カルテット / DISTANT BELLS ディスタント・ベルズ

      CD DON THOMPSON TRIO & PAT LA BARBERA QUARTET ドン・トンプソン・トリオ & パット・ラ・バーベラ・カルテット / DISTANT BELLS ディスタント・ベルズ



      ビル・エバンスを語る事ができる最高のメンバーによるバラード集 “ディスタント・ベルズ”はビル・エバンスにゆかりのある彼等のエバンスへのトリビュートでもある。
      選曲・演奏のどれを取っても他の追随を許さない。レコーディングサウンドもオーディオファンをも魅了するだろう。タイトル“Bells”は巨匠レスター・ヤングのジャズ言語=スラング ”Enjoyment“

       

      ピアニストはビル・エバンスを彷彿させる、カナダのマルチプレイヤー、巨匠ドン・トンプソン。2009年カナダ勲章を授与され、今世紀のジャズ音楽においてドン・トンプソン以上のピアニストは輩出されないと言われている。マルチリード奏者、パット・ラ・バーベラは47年前に住まいをトロントに移し、現在もレコーディング、コンサートにヨーロッパ・アメリカ・日本で活躍中。その豊富な経歴と演奏はカナダのみならずアメリカのジャズ界で不同な地位を確立。50年前にバディー・リッチ・ビッグバンドのソリストとして初来日。エルビン・ジョーンズ・ジャズマシーンのメンバーとしても有名である。今回は1曲“My Bells”のみソプラノ・サックスで演奏。二人は47年以上共演を続け、その息の合ったコンビネーションは”Simple Magic”、”The Night Lights” (Five Stars Records)で証明される。ジョー・ラ・バーベラはビル・エバンス・トリオの最後のドラマー。このラストトリオはエバンスが今までの中で最高のメンバーと称賛した。又、ジョー・ラ・バーベラは病のエバンスを説得して病院まで連れて行った事でも知られている。パット・ラ・バーベラはパット、ジョン(作曲者・編曲者)、ジョーのラ・バーベラ3兄弟の長男。ニール・スウェインソンはドン・トンプソンと長年共演を続け、ドンが最も信頼をしているベーシストである。故ジョージ・シアリングとの共演は彼が亡くなるまで続いた。カナダNo.1ベーシスト。(新譜案内より)

      1. Love Theme From Spartacus スパルタカスから愛のテーマ (Alex North) 5:19
      2. The Peacocks ピーコックス (Jimmy Rowles) 6:46
      3. Some Other Time サム アザー タイムス (Leonard Bernstein) 5:18
      4. Very Earl ベリー アーリー (Bill Evans)7:44
      5. My Bells マイ ベルズ (Bill Evans) 4:11
      6. Like Someone In Love ライク・サムワン・イン・ラブ (Jimmy Van Heusen) 6:18
      7. You Must Believe In Spring ユー・マスト・ビリーブ・イン・スプリング (Michel Legrand) 7:208. Waltz For Debby ワルツ・フォー・デビー (Bill Evans) 5:06
      9. Detour Ahead デトゥアー・ アヘッド (Lou Carter, Johnny Frigo, Herb Ellis) 7:27
      10. Dream Gypsy ドリーム・ジプシー (Judith Veveers) 5:39
      11. Danny Boy ダニー・ボーイ (Traditional) 3:39

      #1、3、4、6、8
      DON THOMPSON(PIANO)
      NEIL SWAINSON(BASS)
      JOE LA BARBERA(DRUMS)
      #10
      DON THOMPSON(PIANO)
      PAT LA BARBERA(TENOR SAXOPHONE)
      #11
      DON THOMPSON(PIANO SOLO)
      #2,5,7,9
      PAT LA BARBERA(TENOR SAXOPHONE,SOPRANO SAXOPHONE)
      DON THOMPSON(PIANO)
      NEIL SWAINSON(BASS)
      JOE LA BARBERA(DRUMS)

      2017年10月20日,21日 INCEPTION SOUND STUDIO INC,TRONTO CANADA 録音
      RECORDED,MIXED AND NASTERD BY CHAD IRSCHICK
      PRODUCER YOSHIE MITSUKOSHI

      レーベル:Five Stars

      • 0
        • -
        • -
        • -

        【御予約承り中】★2管をフロントにし、颯爽としたクリアタッチのピアノが光る! CD Lisa Hilton feat. J.D. Allen & Terell Stafford / Escapism

        • 2017.12.16 Saturday
        • 00:10

        【御予約承り中】★2管をフロントにし、颯爽としたクリアタッチのピアノが光る! CD Lisa Hilton feat. J.D. Allen & Terell Stafford / Escapism

        CD Lisa Hilton feat. J.D. Allen & Terell Stafford / Escapism



        才媛、リサ・ヒルトンの新譜はJ.D.ALLEN,TERELL STAFFORDの2管をフィーチャーしての演奏。たくましい音色のテナー・サックスとストレートアヘッドに潔いトランペットのフロントが野太くも渋いサウンドを呈する中、クリア・タッチのピアノがキレ良く颯爽と全体を取りまとめる。まろやかな旋律を取り入れたアンサンブルも快調。バランスの良い現代アメリカ・ジャズを詰め込んだ聴き応えのある作品です。

        1. Hot Summer Samba
        2. Meltdown
        3. Another Everyday Adventure
        4. Too Hot
        5. On a Clear Day
        6. Mojave Moon
        7. Zero Gravity
        8. Escape Velocity Blues
        9. 29 Palms
        10. Utopia Cornucopia

        Lisa Hilton(p)
        J.D. Allen(sax)
        Terell Stafford(tp)
        Gregg August(b)
        Rudy Royston(ds)

        • 0
          • -
          • -
          • -

          ★本日の営業時間につきまして

          • 2017.12.15 Friday
          • 19:27

          ★本日の営業時間につきまして

          本日、ピアニスト、国島妙子のライブ (ニュー・コンボ) に参りますため、19時30分までの営業になります。
          どうぞご了承のほど、よろしくお願いいたします。


           

          • 0
            • -
            • -
            • -

            ★マックス・イオナータ 来日! 12月9日 KEYSTONE CLUB ROPPONGI

            • 2017.11.15 Wednesday
            • 20:04

            ★マックス・イオナータ 来日! 12月9日 KEYSTONE CLUB ROPPONGI

            ●現代イタリアン・ジャズ界を代表するテナー・サックス奏者マックス・イオナータ来日!!

            お見逃しなく!!

            ※Keystone Club Roppongi
            TEL: 03-6721-1723

            OPEN : 12:00
            START : 13:00
            CLOSE : 15:30
            2SET


             

            • 0
              • -
              • -
              • -

              ★【御予約承り中】【CELLAR LIVE】CD The Scott Hamilton Trio featuring Rossano Sportiello スコット・ハミルトン、ロッサノ・スポルティエロ / Live @ Pyatt Hall

              • 2017.11.03 Friday
              • 20:12

              ★【御予約承り中】【CELLAR LIVE】CD The Scott Hamilton Trio featuring Rossano Sportiello スコット・ハミルトン、ロッサノ・スポルティエロ / Live @ Pyatt Hall

              CD The Scott Hamilton Trio featuring Rossano Sportiello スコット・ハミルトン、ロッサノ・スポルティエロ / Live @ Pyatt Hall



              スイング・テナーのベテラン人気名手:スコット・ハミルトン。近年はヨーロッパで精力的に活動を行っていますが、今回はカナダCELLAR LIVEから登場。2017年7月ヴァンクーバー、Pyatt Hallでのライブ録音です。ピアノのロッサノ・スポルティエロとは、ARBORS,CHALLENGE,SMALLS LIVE の作品で共演歴があり、阿吽の呼吸。ハミルトンのスインギーで味わい深いテナー・サウンドと相性も抜群です。ドラムレスのトリオ編成で渋みも増した演奏を聴かせてくれます。

              Tangerine 6:07 (Victor Schertzinger)
              Estate 8:15 (Bruno Martino)
              Three Little Words 9:33 (Harry Ruby)
              Darn That Dream 4:41(Jimmy Van Heusen, Eddie Delange)
              You Do Something To Me 7:31 (Cole Porter)
              Black Orpheus 7:55 (Luiz Bonfa, Antonio Maria)
              Just As Though You Were Here* 3:37 Eddie Delange, John Brooks)
              Old Fashioned Love 8:49 (James P. Johnson)
              Torna A Surriento 10:43 (Erenestor De Curtis)
              Nel Blu Dipinto di Blue 6:46 (Dominico Modugno, Francesco MIgliacci)

              Scott Hamilton – tenor saxophone
              Rossano Sportiello – piano
              J.J. Shakur - bass

              Recorded at Pyatt Hall, Vancouver, BC on July 2, 2017

               

              ▼CELLAR LIVE オススメ作品▼

              PJ Perry Quartet / Alto Gusto-Live At The Yardbird Suite


               

              引き締まったソリッドさ・シャープさと、まろやかなソフトネス、とが絶妙の塩梅で一体化した美味トーンのアルトが、バップ魂、ブルース・フィーリング、そして歌心に満ち満ちたイキのいい流麗ブロウを朗々と轟かせて、何とも清々しく勇ましい絵を飾り、苦味走ったハードネスと小粋なファンキー・テイストの間を自在に往来するピアノの活躍も、中々シブ凛々しい彩りを添えた、雄渾にしてホッと安心できる好演内容。

               

              GEOF BRADFIELD / Birdhoused


               

              整然さと渾沌さがごくナチュラルに混ざり合ったような、生々しい迫真力を感じさせる重層的ホーン・アンサンブルが勇猛げに轟き、熱い情魂味をみなぎらせたテナーや、飄々と敏速に宙を駆け巡るトランペット、怪しくも軽妙に蛇行遊泳するアルト、こってりソウルフルなトロンボーン、らが鮮烈かつ濃密に見せ場を繋いでゆく。4管ピアノレスセクステットでの演奏。

               

              Grant Stewart Trio / Roll On


               

              温もりと旨味に満ちた重厚なトーンのテナーが、豪快に渦巻きウェイヴを描きながら朗々と情感を歌い上げて、何ともおおらかな、晴れやかな華を成し、ドライヴ感満点に骨太くウネり跳ねるベースや、シャープで歯切れよくも何げに精緻なドラム、らのツボを心得たサポートもバッチリ鮮やかに冴え渡った、グルーヴィーで味わい芳醇な好演内容。

               

              • 0
                • -
                • -
                • -

                【寺島レコード JAZZ BARシリーズ 】CD V.A.(選曲・監修:寺島靖国)/ JAZZ BAR 2017

                • 2017.11.03 Friday
                • 19:55

                【御予約承り中】【寺島レコード JAZZ BARシリーズ 】CD V.A.(選曲・監修:寺島靖国)/ JAZZ BAR 2017
                 

                *ジャケットは決定次第、更新いたします。
                CD V.A.(選曲・監修:寺島靖国)/ JAZZ BAR 2017



                ★名曲なくして名演なし。ブレずに続けて17作
                年末の風物詩、寺島レコードのJazz Barが今年も開店!

                ★『私思うんですけど作曲というのは心の作業じゃないかと。潤いのある心から「いい曲」が生まれてくるんだと思います。心の様子、心模様がそのまま曲になって表れてくるので曲はつまり音楽家の本質を表現するものになる。ジャズというフィールドで曲を聴いて彼ら彼女らの本領の大部分をつかめるという言い方は面白いんじゃないかと思うのですがいかがでしょう』(Jazz Bar 2016ライナーノーツより)

                1. Lilofee [Edgar Knecht]
                2. Un Sogno d'estate [Lello Petrarca]
                3. Se non avessi piu' te [Jesper Bodilsen]
                4. On The Horizon [Jacob Christoffersen]
                5. Kasztany [L.A. Trio]
                6. Machismo Mouse [Darin Clendenin]
                7. A Bruxa [Abe Rábade]
                8. Pinocchio [Tingvall Trio]
                9. Esperanza [Michel Bisceglia]
                10. Purple Quarry [J.S. Trio]
                11. Distances [Michele Di Toro]
                12. My Love And I [Frank Harrison]
                13. Paris 2002 [Stephan Becker]
                 

                ※JAZZ BARの旧譜も在庫に置いております!!

                寺島レコードのご注文承ります。

                 

                • 0
                  • -
                  • -
                  • -

                  【御予約承り中】★CD RON MILES ロン・マイルス / I AM A MAN アイ・アム・ア・マン

                  • 2017.10.24 Tuesday
                  • 19:43

                  【御予約承り中】★CD RON MILES ロン・マイルス / I AM A MAN アイ・アム・ア・マン

                  RON MILES ロン・マイルス / I AM A MAN アイ・アム・ア・マン



                  ●日本先行発売
                  ●カヴァーアートはアメリカ現代アートの巨匠、グレン・リゴンの作品を使用。

                  ★ロン・マイルス+ビル・フリゼール+ブライアン・ブレイド+ジェイソン・モラン+ トーマス・モーガン
                  ジミー・ジェフリー3やクール・ジャズ期のリー・コニッツ諸作を彷彿とさせる浮遊感とアメリーカーナ的な佇まい。話題の5人が繰り広げるマジカルな現在進行形ジャズ。(新譜案内より)

                  「本作は90年代の半ばからのビル・フリゼールとの共演を出発点に、2002年のロンのリーダー作『Heaven』あたりからビル・フリゼールと共に取り組んでいる音楽の延長線上にあるもので、そこにブライアン・ブレイドを加えた、2012年の『Quiver』、2014年の『Circuit Rider』を拡張し、ピアノのジェイソン・モランとベースのトーマス・モーガンを加えたものだ。それらロン名義の作品の間には、フリゼールの諸作、ジェニー・シェインマンの諸作、ジョー・ヘンリーの作品などがあると言えば、なんとなくアメリカーナ的な雰囲気があるものという特徴も見えてくる。それは新しい音楽であると同時に過去の音楽を受け継いだものでもある。
                  彼ら5人のサウンドが溶け合い、響きあう。〜それはまるで北欧のフォークソング的なメロディーを、リー・コニッツがクールジャズ期に吹き込んできた作品やジミー・ジェフリーの諸作のサウンドのテンポをかなり落とし、スローモーションにして、極限まで音を混ぜ合わせたもののような音楽にも聴こえる。〜基本的には、ホリゾンタル(水平)に広がるような音作りでありながら、そこにスウィングジャズやビバップなどトラディショナルなジャズ特有のバーティカル(垂直)なサウンドを絡ませる。そこにフリージャズ経由の刺激も時に聴こえてくる。そういった音楽性の全てを兼ね備えた5人がロン・マイルスの楽曲をもとに自由に即興演奏しながら、的確にアンサンブルを生み出すハイレヴェルな本作は、まさに現代のジャズのお手本のような演奏の集まりなのだ。」・・・・柳楽光隆氏

                  1.アイ・アム・ア・マン
                  2.ダーケン・マイ・ドア
                  3.ザ・ギフト・ザット・キープス・ギヴィング
                  4.レヴォルーショナリー・コングレゲイション
                  5.マザー・ジャグラー
                  6.ジャスパー
                  7.イズ・ゼア・ルーム・イン・ユア・ハート・フォー・ア・マン・ライク・ミー?

                  メンバー:
                  ロン・マイルス(cornet)
                  ブライアン・ブレイド(drums )
                  ビル・フリゼール(guitar)
                  ジェイソン・モラン(piano)
                  トーマス・モーガン(bass)

                  録音:2016年12月/ デンバー

                  • 0
                    • -
                    • -
                    • -

                    【御予約承り中】★パワー全開の会心の新録 CD Eric Byrd Trio エリック・バード・トリオ / Sweet, Sweet Spirit

                    • 2017.10.23 Monday
                    • 16:19

                    【御予約承り中】★パワー全開の会心の新録 CD Eric Byrd Trio エリック・バード・トリオ / Sweet, Sweet Spirit

                    パワー全開の会心の新録
                    CD Eric Byrd Trio エリック・バード・トリオ / Sweet, Sweet Spirit


                    ご機嫌なスインギーな演奏を聴かせてくれるEric Byrd Trio の2017 年新録が完成!
                    ノリがよくどこか気品も漂わせる、これまで以上に完成度が高い1 枚。終始明るい雰囲気でリスナーを楽しく魅了するファン待望の1 枚です。(新譜案内より)

                    1. In Love In Vain(Leo Robin, Jerome Kern)
                    2. Sweet Sweet Spirit(Doris Akers)
                    3. When The Saints Go Marching In(Traditional)
                    4. Hard Times(Paul Mitchell)
                    5. Blessed Assurance(Pheobe Knapp)
                    6. Alter Ego(James Williams)
                    7. Wabash(Julian Adderly)
                    8. Cruisin’ (Clark Terry)
                    9. Syndrome(Ellis Marsalis)
                    10. Dig(Miles Davis)

                    Eric Byrd (p)
                    Bhagan Khalsa (b)
                    Alphonso Young Jr. (ds)
                    2017 年Blue House Studios にて録音

                    • 0
                      • -
                      • -
                      • -

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>

                      CATFISH RECORDS TWITTER

                      ★THINK! 昭和JAZZシリーズ! 好評です!!

                      好評の THINK! 昭和JAZZシリーズ! RAREな昭和の和ジャズディスクを復刻! 初CD化も有ります。お見逃しなく!!

                      ★BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

                      ↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

                       

                       

                      ★下記プラットフォームに対応しております。
                      Chrome Firefox Android iOS

                      ※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。


                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM