スポンサーサイト

  • 2019.04.10 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ★御予約承り中【3曲にスコット・ハミルトン参加】CD CLAES CRONA TRIO : Special Guest Scott Hamilton クラエス・クローナ・トリオ / AMERICAN STANDARDS VOL.2

    • 2019.04.03 Wednesday
    • 19:51

    ★御予約承り中【3曲にスコット・ハミルトン参加】CD CLAES CRONA TRIO : Special Guest Scott Hamilton クラエス・クローナ・トリオ / AMERICAN STANDARDS VOL.2

    スウェーデンのクラエス・クローナと絶大な人気を誇るスコット・ハミルトン。
    円熟したプレイでスタンダードの名曲を春風のように爽やかに聴かせてくれる。


    【御予約承り中】
    CD CLAES CRONA TRIO : Special Guest Scott Hamilton クラエス・クローナ・トリオ / AMERICAN STANDARDS VOL.2



    スウェーデンを代表する人気ベテランピアニストによる''American Standards''シリーズ待望の第2弾が発売される。2011年5月に発売されたVolume l(SOLSV-0018)ではジャズ・レジエンドの一人でありギターとハーモニカの名プレイヤーであったトゥーツ・シールマンをスペシャル・ゲストに迎えて制作され好セールスを記録した。また2013年に初CD化として発売された1988年の彼のデビュー作、ニルス・ヘニング・オルステツド・ペデルセンとのデュオ・アルバム「With A Little Help from My Friends (SOL SV-0024)は貴重な作品として大きな話題となった。今回の第2弾もアメリカジャズ界の誇るテナー・サックスのスター・プレイヤーの一人、スコット・ハミルトンをスペシャル・ゲストに迎えて制作された。クラエス・クローナはスウェーデン・ジャズ界のレジェンドであるプッテ・ウイックマン(cl)やアルネ・ドムネラス(as)の重要なバンドメンバーとして活躍をして来たが、かつてはペニー・グッドマン、リー・コニッツ、スタン・ゲッツ、レッド・ミッチェルなどのスウェーデン・ツアーのピアニストを務めており、近年ではステイシー・ケント、ヴィクトリア・トルストイ、ヴィヴィアン・ブクゼクなど女性シンガーのツアーやプロデューサーを務めるなどミュージシャンからの信頼は非常に高い。今回のスペシャル・ゲスト、スコット・ハミルトンのヨーロッパツアーにピアニストとして参加しており、スコット・ハミルトン&ハリー・アレンのヨーロッパツアーも彼がピアノ務めている。スコット・ハミルトンは1954年ロードアイランド州のプロビデンス生まれ。1976年にニューヨークに進出して以来、魅力溢れるテナーの響きと歌心溢れるメロディー、そして心地よくスイングする演奏で一躍脚光をあびる存在となった。日本でも人気テナー・サックス奏者として数多くのファンを獲得し、その円熟したプレイは一層の輝きを放つ存在として確固たる地位を築いている。今回はこのアルバムで"Corcovado", "My Ideal","On Green DoIphin Street"の3曲に参加して一層スケールの大きなプレイを聴かせてくれている。
    クラエス・クローナ・トリオの泗脱なプレイと相まって、春の風のような爽やかなジャズを楽しませてくれる作品に仕上がっている。(新譜案内より)

    1. VOYAGE
    2. WILLOW WEEP FOR ME
    3. CORCOVADO*
    4. AUTUMN LEAVES
    5. MY IDEAL*
    6. SWEET GEORGIE FAME
    7. BLUES FOR LAILA
    8. IT NEVER ENTERED MY MIND
    9. DAHOUD
    10. LADY BE GOOD
    11. ON GREEN DOLPHIN STREET*
    12. MY ROMANCE

    CLAES CRONA (p)
    HANS ANDERSSON (b)
    JOHAN LOFORANTZ RAMSAY (ds)
    SCOTT HAMILTON (ts)*

    Recorded on December 9th 2018 and January 24th at OAL Studio in Stockholm,Sweden by Lennart Strom

    ▼AMERICAN STANDARDS VOL.1 ロングセラー中!▼

    CD CLAES CRONA TRIO : Special Guest Scott Hamilton クラエス・クローナ・トリオ / AMERICAN STANDARDS VOL.1


     

    謹厳バップ魂と瀟洒なウィットがゴキゲンに融和

     

    • 0
      • -
      • -
      • -

      ★好評発売中【1960年代英国ジャズ最高の遺産が、遂にオリジナル・フォーマットで初CD化!】DON RENDELL & IAN CARR QUINTET ドン・レンデル&イアン・カー・クインテット 紙ジャケット SHM-CD 仕様 5作品!!

      • 2019.04.03 Wednesday
      • 19:38

      ★好評発売中!!【1960年代英国ジャズ最高の遺産が、遂にオリジナル・フォーマットで初CD化!】紙ジャケット SHM-CD 仕様 5作品!!

      ★1960年代英国ジャズ最高の遺産が、遂にオリジナル・フォーマットで初CD化!
      ★ロンドン、アビイ・ロード・スタジオにてオリジナルLPマスターテープから最新デジタル・リマスタリング。

       

      好評発売中

      SHM-CD DON RENDELL & IAN CARR QUINTET ドン・レンデル&イアン・カー・クインテット / SHADES OF BLUE シェイズ・オブ・ブルー

      SHM-CD DON RENDELL & IAN CARR QUINTET ドン・レンデル&イアン・カー・クインテット / DUSK FIRE ダスク・ファイアー

      SHM-CD DON RENDELL & IAN CARR QUINTET ドン・レンデル&イアン・カー・クインテット / PHASE III フェイズ III

      SHM-CD DON RENDELL & IAN CARR QUINTET ドン・レンデル&イアン・カー・クインテット / CHANGE IS チェンジ・イズ

      SHM-CD DON RENDELL & IAN CARR QUINTET ドン・レンデル&イアン・カー・クインテット / LIVE ライヴ

      • 0
        • -
        • -
        • -

        ★ゆうメール及び定形外郵便の代金引換で商品をご購入いただいておりますお客様へ、ゆうメール代金引換手数料改定のご案内

        • 2019.04.02 Tuesday
        • 15:21

        ★ゆうメール及び定形外郵便の代金引換で商品をご購入いただいておりますお客様へ、ゆうメール代金引換手数料改定のご案内

        2019年4月からのゆうちょ銀行送金手数料改定に伴い、ゆうメールによる代金引換手数料の料金が変更されます。誠に恐れ入りますが、2019年4月以降よりお受け取りのゆうメール代金引換手数料は下記の変更内容になりますので、何卒、どうか、ご了承のほど、お願い申し上げます。

        ★引換金額 5万円未満
        現行 : 商品代金 + 送料 + 390円
        改定後 : 商品代金 + 送料 + 460円

        • 0
          • -
          • -
          • -

          【ますます充実した姿を見せる、約2年ぶり待望のセカンド・アルバム】CD GABRIEL LATCHIN ガブリエル・ラッチン / MOON AND I

          • 2019.03.13 Wednesday
          • 21:28

          【ますます充実した姿を見せる、約2年ぶり待望のセカンド・アルバム】CD GABRIEL LATCHIN ガブリエル・ラッチン / MOON AND I

          この春最も聴くべき新録ピアノ・トリオと断言!!
          2017年に発売されたデビュー・アルバム「Introducing」が爆発的なヒットとなった
          イギリス・ロンドンで活動をするピアニスト、ガブリエル・ラッチン約2年ぶり待望のセカンド・アルバムがリリース。


          【御予約承り中】
          CD GABRIEL LATCHIN ガブリエル・ラッチン / MOON AND I



          この春最も聴くべき新録ピアノ・トリオと断言!!
          2017年に発売されたデビュー・アルバム「Introducing」が爆発的なヒットとなったイギリス・ロンドンで活動をするピアニスト、ガブリエル・ラッチン約2年ぶり待望のセカンド・アルバムがリリース。全11曲中4曲が自作曲となっており、冒頭"Arthur Go"、最終曲"Pippy"s Delight"はガーシュウィンの"I Got Rhythm"を下地に作曲。アルバムのブックエンドとしての役割にもなっていると御本人が語っていることからも本アルバムをまとめている注目の2曲と言えるのではないでしょうか。3曲目"Peek A Bu"はアート・ブレイキーに捧げたマイナー・ブルース。テクニックに走り過ぎず、歌心を大事にするあまり派手になってしまわないようボリューム感も考えられたバランスの良いソロは必聴です。4曲目"Brigi, My Dear"は妻のために書いた曲とのことで、ディズニー映画「シンデレラ」の主題歌"A Dream Is a Wish Your Heart Makes"にインスパイアされたロマンチックで語りかけるような甘美な演奏が素晴らしいジャズ・ワルツ。その他にもエヴァー・グリーンな名盤「Getz/Gilberto」にも収録され往年のジャズ・ファンにも馴染みある"So Danco Samba"やリー・モーガン67年作「Delightfulee」に収録された"Zambia"などジャイアンツの楽曲も取り上げながら、「これぞジャズ・ピアノの王道!!」といったエレガントでスウィンギーな貫禄ある演奏を披露。デビュー・アルバム「Introducing」後もサイドメンとして参加した経験が活きているであろう往年のジャズも納得の充実したセカンド・アルバムに仕上がっています。本作も王道ピアノ・トリオ・ファンは迷わず聴いてください! (新譜案内より)

          01.Arthur Go 04:27
          02.Poor Butterfly 04:51
          03.Peek a Bu 05:33
          04.Brigi, My Dear 05:49
          05.Baubles, Bangles and Beads 03:49
          06.Polka Dots and Moonbeams 05:30
          07.Só Danço Samba 03:25
          08.In Love In Vain 04:45
          09.Zambia 03:15
          10.Ill Wind 05:36
          11.Pippy's Delight 03:21

          Gabriel Latchin - piano
          Dario Di Lecce - bass
          Josh Morrison - drums

          • 0
            • -
            • -
            • -

            【注目の新作!】CD 宮之上貴昭トリオ / TASTE of jazzguiter

            • 2019.03.13 Wednesday
            • 21:19

            【注目の新作!】CD 宮之上貴昭トリオ / TASTE of jazzguiter

            【御予約承り中】
            CD 宮之上貴昭トリオ / TASTE of jazzguiter



            日本を代表するギタリストによる4年ぶり新作はジャズ、ラテンから荒井由美まで!充実のトリオ作!

            1. April in Paris
            2. Yellow Days(La Mentira)
            3. Chuo Freeway
            4. Harlem Nocturne
            5. Un PocoLoco
            6. Taste of Honey
            7. Autumn in New York
            8. One Note Samba
            9. North? or South
            10. Round Midnight
            11. New Year Song

            宮之上貴昭(gt)
            三嶋大輝(bs)
            井川晃(ds)

            宮之上貴昭(みやのうえよしあき)
            東京都世田谷区出身。米軍横田基地の中の「N・C・O」クラブで、下積みと同時に自己のバンドで都内のライブハウス等に出演していたが、1977年に渡米。ニューヨークで武者修業の後帰国し、折からビル・エバンス(p)トリオで来日中だった今は亡き天才ドラマー、フィリー・ジョー・ジョーンズをゲストに、『ソング・フォー・ウェス』(キングレコード)をリリースし、メジャーデビューとなる。

            これを機に毎年次々にリーダー・アルバムを発表。とりわけオルガンの第一人者、ジミー・スミスをゲストに加えた『タッチ・オブ・ラブ』(バップレコード)や、「日本のジャズ100選」にもなったライブ録音の『ウェス・モンゴメリーに捧ぐ』(キングレコード)、ストリングス・オーケストラを加えてイージー・リスニングに仕立てた『フォクシー・アイズ』(東芝EMI)、また、アンディ・シンプキンス(b)プロデュースによる初の海外録音、『L.A.コネクション』も話題となった。

            残念ながらこれらの作品の多くは現在では廃盤となりましたが、過去に発表された作品がオークションに出品されると、熱心なマニアの間で記録的な高値をつけることで評判となっています。現在でも自己のグループを率いて都内のライブハウスや全国でのコンサート、テレビやラジオの出演をはじめ、海外のジャズ・フェスティバルやコンサートで演奏活動を続けています。

            ピックを一切用いず、親指を中心とする独特の宮之上の奏法は、ウェス・モンゴメリーの流れの中にあってさらに発展させ、着々と自己のスタイルを確立しています。比類のないテクニック、歌心とその音楽性に、全国の熱狂的な信奉者は数多く、ジャズ誌の読者人気投票ギター部門では30年以上、常にトップクラスにランクされている、我が国を代表するギターリストです。
             

            • 0
              • -
              • -
              • -

              【ジョバンニ・ミラバッシとサラ・ランクマンのデュオ!】CD Giovanni Mirabassi & Sarah Lancman ジョヴァンニ・ミラバッシ & サラ・ランクマン / Intermezzo

              • 2019.03.13 Wednesday
              • 21:04

              【ジョバンニ・ミラバッシとサラ・ランクマンのデュオ!】CD Giovanni Mirabassi & Sarah Lancman ジョヴァンニ・ミラバッシ & サラ・ランクマン / Intermezzo

              孤高のジャズピアニスト ジョバンニ・ミラバッシがエスコートするイタリアの旅。
              艶やかでスモーキーな歌声が魅力のパリジェンヌ サラ・ランクマンと織り成す極上のデュエット


              【御予約承り中】
              CD Giovanni Mirabassi & Sarah Lancman ジョヴァンニ・ミラバッシ & サラ・ランクマン / Intermezzo



              現在のジャズ界で最も評価の高いジャズピアニストの一人ジョバンニ・ミラバッシが、フランス人ジャズシンガー、サラ・ランクマンとデュエットで織り成すイタリアン・ソング・ブック。バチカン宮殿を背景に撮影されたイタリア映画を彷彿とさせるジャケット写真から既に雰囲気抜群のその内容は、期待に違わずロマンティックで叙情的。ジョバンニの上品で洗練されたピアノと、サラの情感溢れる歌唱で、イタリアのヒット曲を表現している。ゲストにサックス奏者オリヴィエ・ボージェ。イタリア映画「殿方は嘘つき」(1932)の主題歌でヴィットリオ・デ・シーカが歌った「マリウ愛の言葉を」。ルイジ・テンコのヒット曲のなかでも人気の高い「ヴェドライ・ヴェドライ」(1965)ポップス歌手ミア・マルティーニのヒットで知られる「宇宙の中にあなただけ」(1989)など、メロディの美しさが印象深いイタリアンソングスをセレクトしている。(新譜案内より)

              1.Il poeta
              2.Estate
              3.Parlami d'amore Mariù
              4.Ah, che sarà, che sarà
              5.Vedrai, vedrai
              6.La canzone di Marinella
              7.Almeno tu nell'universo
              8.Sabato italiano
              9.Senza fine

              ジョバンニ・ミラバッシ (piano)
              1970年イタリア・ペルージャ生まれ。クラシック・ピアノ界の巨匠、アルド・チッコリーニと出会いを経て、ペルージャ時代にはチェット・ベイカーと共演を果たす。1992年パリに移住後、1996年アヴィニョン・フェスティヴァルで大賞を受賞。フランス・ジャズ界最高の栄誉である「Victoire du Jazz」、「Django dʼOr」受賞。代表作は日欧で10万枚セールスのソロピアノ作品"Avanti"(2001)。ジブリアニメのファンであり2013年に「アニメッシ」を発表。宮崎駿監督自身のフェイバリットピアニストでもある。

              サラ・ランクマン (vocal)
              1980年、フランス生まれ。ローザンヌ音楽大学でピアノとヴォーカルを専攻。卒業後、2012年にモントルージャズフェスティバルでクインシー・ジョーンズが審査員を務める国際シュア・ジャズヴォーカルコンクールで優勝。2015年よりジョバンニ・ミラバッシと活動を共にし、共同設立したレーベル「ジャズイレブン」より3枚の作品をリリース。"À contretemps"(2018)には、日本からジャズヴォーカル/フリューゲルホルン奏者TOKUが参加。

              スペシャル・ゲスト:
              オリヴィエ・ボージェ (as)

              • 0
                • -
                • -
                • -

                【ハリー・アレンとルイジ・グラッソの共演作品!】CD LA SECTION RYTHMIQUE + 2 / INVITE HARRY ALLEN ET LUIGI GRASSO

                • 2019.03.07 Thursday
                • 20:41

                【ハリー・アレンとルイジ・グラッソの共演作品!】CD LA SECTION RYTHMIQUE + 2 / INVITE HARRY ALLEN ET LUIGI GRASSO

                【御予約承り中】
                CD LA SECTION RYTHMIQUE + 2 / INVITE HARRY ALLEN ET LUIGI GRASSO



                前作が2015年のJazz Magazine のレコード・オブ・イヤーに選出され、セシル・マクローリン・サルヴァントやスコット・ハミルトンのサイド等のサポートメンバーとしても活躍したことのある、David Blenkhorn (g) Sebastien Girardot (b) Guillaume Nouaux (drums) 3人によるグループ「LA SECTION RYTHMIQUE」。

                本作では、人気テナーサックス奏者、ハリー・アレンと、イグナシ・テラサとの共演作品が好評だったアルト奏者ルイジ・グラッソの2人を招き、スウィンギー & ハートフルなゴキゲンな快演を披露。流麗なアンサンブルの中から飛び出す快活で力強い各々のソロ、曲によりウォームで懐深いブロウが際立つカルテット演奏、と全編において5人の絶妙な連携が光る好作品です。

                01- You ’N’ Me
                02- In The Still Of The Night
                03- Birth Of The Blues
                04- Day Dream
                05- Wes’ Tune
                06- One For Duke
                07- Blues Up And Down
                08- New Orleans
                09- Step Right Up
                10- I Don’t Stand A Ghost Of A Chance With You

                Harry Allen (Tenor Sax)
                Luigi Grasso (Alto Sax)
                Dave Blenkhorn (Guitar)
                Sebastien Girardot (Bass)
                Guillaume Nouaux (Drums)


                 

                • 0
                  • -
                  • -
                  • -

                  【待望のスタジオ録音】CD CD ONDREJ STVERACEK オンドレイ・ストヴェラチェク / PLAYS MOSTLY STANDARDS

                  • 2019.02.26 Tuesday
                  • 22:04

                  【待望のスタジオ録音】CD CD ONDREJ STVERACEK オンドレイ・ストヴェラチェク / PLAYS MOSTLY STANDARDS

                  待望のスタジオ新録!
                  【御予約承り中】
                  CD ONDREJ STVERACEK オンドレイ・ストヴェラチェク / PLAYS MOSTLY STANDARDS



                  チェコ-プラハのシーンで活躍し、Cube Metier、New Port Line、自主盤(Stvery Records)など次々とアルバムを発表していずれも高い評価を得てきた、コルトレーンに深く傾倒する近年人気急上昇中の熱血勇猛肌テナーサックスの類稀なる覇者:オンドレイ・ストヴェラチェク(1977年旧チェコスロヴァキアのMost生まれ)。昨年発表されたライブ作品も好評でしたが、今回は同じメンバーによるスタジオ録音盤。スタンダード曲に自作曲を織りまぜ、逞しく引き締まったトーンで壮快に聴かせてくれます。昨年発表されたライブの収録より5日後の2017年10月17日録音で、より密度を増したメンバーの一体感を映し出しています。

                  1. Summertime (G.Gershwin)
                  2. Djelem Djelem(Z. Jovanovic)
                  3. Great River (G. Jackson)
                  4. Naima (J. Coltrane)
                  5. Nature Boy (E. Ahbez)
                  6. Dear Old Stockholm(A. Fryxell)
                  7. It Is What It Is (O. Stveracek)
                  8. Dedicated (O. Stveracek)
                  9. Summertime (alt. take) (G. Gershwin)

                  Ondrej Stveraecek(ts/ss)
                  Klaudius Kovac(p)
                  Tomas Baros(b)
                  Gene Jackson(ds)

                  2017 年10 月17 日チェコにてスタジオ録音

                   

                  ▼こちらもご注文承ります▼

                  Ondrej Stveracek Quartet / Live In Prague

                  質実剛健にモーダル・アグレッシヴ&スピリチュアルな大立ち回り熱演を迷いなく貫く絶頂ライヴ!痛快!!!


                   

                   

                  • 0
                    • -
                    • -
                    • -

                    【LP,CD 両フォマットでリリース】★NORAH JONES ノラ・ジョーンズ / Begin Again ビギン・アゲイン

                    • 2019.02.26 Tuesday
                    • 21:17

                    【LP,CD 両フォマットでリリース】★NORAH JONES ノラ・ジョーンズ / Begin Again ビギン・アゲイン

                    ★シンガー・ソングライターとして更なる進化を遂げた、2年半ぶりの新作、緊急世界同時発売!
                    【御予約承り中】
                    (LP)
                    NORAH JONES ノラ・ジョーンズ / Begin Again ビギン・アゲイン
                    (CD)

                    国内SHM CD NORAH JONES ノラ・ジョーンズ / Begin Again ビギン・アゲイン
                    輸入CD NORAH JONES ノラ・ジョーンズ / Begin Again ビギン・アゲイン




                    ●2016年にアルバム『デイ・ブレイクス』のリリース後、長期に渡るプロモーション、そしてアルバムを引っさげてワールド・ツアーを行なったノラだったが、昨年、ひっそりとスタジオに入り、“songofthemoment”(ソング・オブ・ザ・モーメント) という、何の期待も境界線も持たずに、ただクリエイティヴな道に没頭して音楽を作れるという純粋な喜びを楽しみながら、友人達とほぼ全て即興というセッションを行ない、配信にて昨年夏から4曲をデジタル・オンリーでシングルを次々にリリース。それらは魅惑的なエレクトロニック・サウンド、厳格なアコースティック・フォーク・バラード、オルガンとホーン満載のソウル・ソングまで、様々なジャンルを網羅。

                    ●今作では更に3曲の新曲(M-2,M-5,M-7)を追加した内容で現在先行配信中の新曲「ジャスト・ア・リトル・ビット」は、ノラ自身のプロデュースで、彼女のヴォーカル、ピアノ、オルガンの他に、ブライアン・ブレイドのドラムス、クリストファー・トーマスのベース、デイヴ・ガイのトランペット、レオン・マイケルズのテナー・サックスが堪能できる。

                    ●ノラのクリエイティヴィティを色々な角度から撮影した7枚のスナップ写真のような作品。 (新譜案内より)

                     

                    (LPの収録予定曲)
                    SIDE A
                    1.My Heart Is Full,
                    2.Begin Again,
                    3.It Was You,
                    4.A Song With No Name

                    SIDE B
                    1.Uh Oh,
                    2.Wintertime,
                    3.Just A Little Bit

                    • 0
                      • -
                      • -
                      • -

                      【PNL RECORDS】★ポール・ニルセン・ラブの4作品 一挙に発売。

                      • 2019.02.26 Tuesday
                      • 21:10

                      ★ポール・ニルセン・ラブの4作品 一挙に発売。

                      CD ARASHI / JIKAN


                      坂田 明、Johan Berthling、Paal Nilssen-Loveの3人によるフリー・ジャズ・ユニット「ARASHI」。本作は2017年9月11日、ピット・インでのライブ録音。不屈の精神で繰り広げられる三者によるバトル。逞しく迷いない展開に、手に汗握るも、圧倒的存在感の音の塊に感動の"嵐"。

                      1. Saitaro-bushi Arashi
                      2. Jikan
                      3. Yamanoue-no-Okura
                      4. Tsuioku

                      Akira Sakata (as,Bb clarinet and vocals)
                      Johan Berthling (Double Bass)
                      Paal Nilssen-Love (ds & percussion)

                      Produced by Arashi

                      Recorded Live in Concert at Pit Inn,TOKYO,JAPAN,SEPTEMBER 11TH 2017
                      Recorded and Mixed Live by TAKAHIKO WATANABE
                      MASTERED BY LASSE MARHAUG

                      CD PAAL NILSSEN-LOVE , KEN VANDERMARK ポール・ニルセン・ラブ ケン・ヴァンダーマーク / SCREEN OFF


                      ポール・ニルセン・ラブとケン・ヴァンダーマークの共演は2018年で10年を迎えます。その10年間に10作品を発表してきました。10年という節目の時期に過去を振り返り、残されたライブ・アーカイブを検証。本作は、その録音群を今までにない形でアーティスティックにコラージュ → クリップするという手法での作品です。流れの中で音が止まったり、予想外の展開も制作意図によりますし、演奏順序も録音順ではなく、整合性のある演奏で前後させ編集を行っています。結果として、聴き手を端末画面の「Screen Off」の様な、現代アートとして昇華された音の世界へ誘うことに成功したと確信しています。(メーカーインフォを和訳)

                      1-21.Screen Off Parts 1 - 21 〔42:03〕

                      Ken Vandermark (reeds)
                      Paal Nilssen-Love (ds & per)

                      Live Recordings from Various Youtube clips 2008-2018.
                      Edited and Mastered by Lasse Marhaug

                      CD Paal Nilssen Love ポール・ニルセン・ラブ / New Japanese Noise


                      ポール・ニルセン・ラヴが 2018年にデンマークの Roskilde Festivalで演奏するために依頼された2つのプロジェクトのライヴ録音の「New Japanese Noise」編です。坂田明、Pain Jerk プロジェクトで知られる五味浩平、ソロ・プロジェクト、インキャパシタンツや非常階段で知られる美川俊治。日本人を中心としたプロジェクトにはフリー・ジャズとノイズの三人の巨人が結集。二つのプロジェクトの橋渡しのためにブラジルのギタリスト Kiko Dinucciを加えた演奏です。(新譜案内より)

                      1. Stiff Upper Lip Jeeves 10:25
                      2. Up the Line to Death 08:54
                      3. Eats, Shites and Leaves 13:28
                      4. The Bone People 10:17
                      5. Birdsong 03:16

                      Akira Sakata: alto saxophone, Bb clarinet, voice
                      Kiko Dinucci:electric guitar
                      Kohei Gomi: electronics
                      Paal Nilssen-Love: drums
                      Toshiji Mikawa: electronics

                      CD Paal Nilssen Love ポール・ニルセン・ラブ / NEW BRAZILIAN FUNK



                      ポール・ニルセン・ラヴが 2018年にデンマークの Roskilde Festivalで演奏するために依頼された2つのプロジェクトのライヴ録音の内、「New Brazilian Funk」編です。上記プロジェクトのもう一つはブラジル・ヴァージョン。長くブラジル音楽に影響を受けてきたニルセン・ラヴが、つながりを持つブラジル人ミュージシャン、そして長く演奏を続けるノルウェー人サックス奏者を加えた、新しい音楽を作るためのプロジェクト。このメンバーで新たなバンドとして始動。(新譜案内より)

                      1.Biggles and the Gun-Runners 08:17
                      2.Beating Back Pain 07:08
                      3.Rural Rides 05:56
                      4.Five Dollars and a Jug of Rum 05:14
                      5.Restless 03:39
                      6.Fruit of the Lemon 08:39
                      7.Pick a Time 09:29

                      Felipe Zenicola: electric bass
                      Frode Gjerstad: alto saxophone
                      Kiko Dinucci: electric guitar
                      Paal Nilssen-Love: drums & percussion
                      Paulinho Bicolor: cuica
                       

                      • 0
                        • -
                        • -
                        • -

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << May 2019 >>

                        CATFISH RECORDS TWITTER

                        ★THINK! 昭和JAZZシリーズ! 好評です!!

                        好評の THINK! 昭和JAZZシリーズ! RAREな昭和の和ジャズディスクを復刻! 初CD化も有ります。お見逃しなく!!

                        ★BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

                        ↓BLOGをプッシュ通知でご講読ご希望の方は、下記ボタンでお申し込みいただけます。

                         

                         

                        ★下記プラットフォームに対応しております。
                        Chrome Firefox Android iOS

                        ※iPhone,iPadでご利用ご希望の方は、こちらをインストールしてください。


                        selected entries

                        categories

                        archives

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM